初代吉田玉造のはなし(1) 

初代吉田玉助の父は初代吉田玉造でしたが、この人についての話を三宅周太郎『文楽の研究』茶谷半次郎『文楽聞書』から拾っておきます。
古い本ですから、その後、学者の方などが調べられたことで訂正されていることがあるかもしれませんが、とりあえずこの二書の記す所を素直に聞いておきます。
まずは『文楽の研究』による話です。
玉造は人形遣いの吉田徳蔵の子で本名吉倉亀吉。11歳の天保十年に子供の太夫による芝居があり、それに出してもらったのが初めてであったとされます。その時父親が「丸顔だから玉造にしておけ」と芸名をつけてくれたと言います。父が徳蔵なら「玉蔵」でもよさそうですが、字が重すぎたのでしょうかね。
その後四国で興行があった時に『先代萩』の鶴喜代君(『文楽の研究』では「鶴千代君」)を遣うことになったそうですが、千松を遣う人形遣いが、玉造のような新米が相手では気にくわないという態度だったそうで、玉造は昼ご飯をこの人形遣いに提供することでやっと遣わせてもらったそうです。そのため、あまりに空腹で、鶴喜代君以上に大変だったというなかなかよくできた話があるそうです。
玉造は歌舞伎の市川米十郎(のちの四代目小団次)と張り合ったことがあり、それは『傾城反魂香』の一場面で宙乗りを見せるところに関わることだったそうです。玉造が工夫していたことを座(竹田の芝居)から米十郎に「採用したらどうか」と言ったそうです。すると米十郎はそんな人形遣いの言うことは相手にしないと断ったそうです。それを聞いた玉造は、それならとばかりに自分も同じ役をさらに工夫して演じることにして結局評判は玉造に軍配が上がったそうです。
玉造はのちにも宙乗りや早替わりなどに様々な工夫を凝らした人です。
そして、もうひとつはあの有名な話です。
「志渡寺」の「南無金毘羅大権現」のところで長門太夫を弾く三味線の

    豊澤団平

が総稽古の時に気を抜いたそうです。それに怒った玉造が苦情を言ったそうです。
長門太夫のとりなしもあって一応収まったものの、次の公演で『義経千本桜』「すしや」が出たときのことです。
長門太夫・団平が「すしや」を演奏し、玉造は権太。稽古で、団平が「これ忘れてはとひっさげて」のところをどうしようかと玉造に問うと、玉造は「自由に弾いてくれれば自分が合わせる」と、そっけなく言ったそうです。まだ「志渡寺」のもやくやを引きずっていたのですね。団平はそういわれてぶちっと切れました。
さていよいよその場面になりました。団平はこれでもかとばかりに力いっぱい弾いたそうです。長門太夫も負けていられず目いっぱい語る。そのとき、玉造の

    腹帯

が切れた、というのです。

三宅周太郎はこの、欲得のない人形遣いを「天才肌の達人」と言っています。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

2018 春休みの宿題(4) 

あまりあれもこれもやろうとするとすべてが中途半端に終わりそうですが、もうひとつ、せめて骨組みだけでも作っておきたいものはやはり創作浄瑠璃です。これまで野澤松也さんに差し上げたものは6つあるのですが、実は最初の1つはあまり評判が芳しくなく、私自身も習作という感じがしています。
おそらくほとんど上演されないままに終わっている唯一の作品だと思います。
ある程度は納得できているのですが、話としてはあまりにも面白くなくて、

     書き換え

てもいいかなと思うのです。
そうすると、できたものは5つになり、あと2つ、なんとか書ければ本所七不思議を素材にしたものが完結するのです。
私はこの奇談、怪異譚を浄瑠璃にするにあたっては、人間の情愛がどのように怪異を生むのかという点に興味を持ち、結果として生まれる怪異よりもその情愛を描くことを主眼にしてきました。父と子、男と女、姉と妹などの情愛。
この線で7つを仕上げたら、一つ仕事を終えたという気持ちになれそうです。この春休みは完結まではいきそうにないのですが、

    置いてけぼり

をある程度の形にしたいと思っています。「置いてけぼり」は落語にもなった話ですね。
とりあえずこれだけを春休みの宿題として掲げておいて、さてどこまでできるかということになります。
この冬もインフルエンザにかからずにここまでやってきましたので、しっかり勉強しようと思います。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

春休みの補講 

おととい、学生さんが来ました。
1月の最初の授業のとき私がいつになくゆっくり家を出たらたまたま事故があったらしく、途中で大渋滞になりました。車の列はまるで動かず、脇道に逃げるのもたやすくなく、逃げるとまたそちらも渋滞しているというひどい目にあい、普段なら30分余りで行けるのに、この日は1時間余分にかかってしまいました。結局大幅に遅刻する羽目になったのです。
多くの学生さんは「そんなのいいですよ」「とよくあることです」「私たちも遅刻しますから」と言ってくれたのですが、後日

    「補講してください」

と言ってきた学生さんがいました。
よくぞ言ってくれました。病気で休んだというならならともかく、車が渋滞で遅刻という恥ずかしさですから、どちらかというと補講させてもらうほうが気が楽だったのです。
しかも彼女は「キリスト教の話をしてください」とリクエストしてきました。
もうこうなったら何でもやっちゃいますよ。
その後

    聖書

を読み直してまとめることをまとめ、プリントもしっかり作って準備しました。
彼女一人だけでしたが、とても気持ちよく話をさせてもらいました。もちろん手当は尽きません(笑)。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

2018 春休みの宿題(3) 

今年の春休み、まじめに取り組んでいるものがあります。それは紙芝居です。
まずは
 長野ヒデ子編 『演じてみよう つくってみよう 紙芝居』(石風社)
 子どもの文化研究所編 『紙芝居のコツと基礎理論のテキスト』(一声社)
 紙芝居文化の会 『紙芝居百科』
を読んで勉強しました。このうち最初の本は以前もざっと読んでいるのですが、もう一度やり直します。
しかし紙芝居は理論だけではどうしようもありません。大事なのはやはり

    実践

です。しっかり声を出しながら、どのように紙を抜いていくかなどを、きちんと研究しています。
そのために紙芝居を11セット手に入れました。もちろん自費で買ったのではありません(笑)。

『かさじぞう』
『人魚ひめ』
『雪の女王』
『ふるやのもり』
『なんにもせんにん』
『てぶくろをかいに』
『うりこひめとあまのじゃく』
『さるとかに』
『天人のよめさま』
『ニャーオン』
『ももたろう』

です。これまでに研究、実践したのは、この中では『かさじぞう』と『ニャーオン』のみです。
どちらも勉強のしがいのある名作でした。
普段はどうしても大きな声は出せませんので、

    休み中こそ

こういうことができるいい機会なのです。
1日1時間は、声を出したり紙の送り方の工夫を考えたりしています。
これも実は授業に関係するもので、幼稚園教諭や小学校教諭を目指す学生にn勉強してもらうために私がまず勉強するわけです。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

幸助から玉助へ(7) 


このたび、五代目玉助になられるからには、松王丸、毛谷村の六助、岡崎の政右衛門、御所桜の弁慶、引窓の長五郎など、大きな主役は自分のものだという自負とともに責任を感じていただいて遣っていただきたいものです。
歌舞伎で「加役」と言いますが、立役遣いの方がなさる女形には岩藤や八汐なども玉助さんでぜひ観たいです。検非違使首なら「河庄」の孫右衛門。やはり肚のある役柄が映るように思えます。
四月公演では口上とともに『本朝廿四孝』の

    山本勘助

を遣われます。これは三代目の襲名披露のときと同じ役です。
幸助さんから襲名の相談を受けられた簑助師匠も「この役で襲名したらどうか」とおっしゃったそうです。
口上はどなたが出られるのでしょうか。初春の織太夫さんの時は八代綱大夫師の五十回忌がありましたので、咲太夫師匠と織太夫さんだけで(写真で綱師も出ていらっしゃいましたが)、お話しになったのは咲太夫師匠だけでした。今回はご一門はじめ多くの方が舞台に上がられそうですね。
多くの人に祝福される五代目吉田玉助さんは

    幸せな門出

をなさると言えるでしょう。
どうかますます精進なさって、平成の次の元号を代表する人形遣いになっていただきたいと願っています。
このシリーズ記事の最後に幸助さんにお願いをしておきます。
幸助さんが玉助になられたら、次の玉助を育てる使命が生じたとも言えるでしょう。是非、

    お弟子さん

を育てていただきたい。
基礎をしっかり身につけていらっしゃる幸助さんですから、きちんと若手を育てられる、立派な師匠になられると思います。
そうすることで四代目玉助のご尊父への本当の意味での恩返しができます。これができなかったら玉助襲名の意味が小さくなると思います。
長々と書いてきましたが、実はこれが一番言いたかったことかも知れません。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう