文屋康秀 

「六歌仙」をご存じでしょうか? 古今和歌集の序文に「近き世にその名聞こえたる人」(近い時代に名が知られている人)として挙げられている、在原業平や小野小町ら六人を総称してこのように呼ぶことがあります。
しかしこの六人のすべてが今もよく知られているかというと、そんなことはないのです。『古今和歌集』の序文でも彼らのことを絶賛しているかというとそうでもありません。序文の筆者である紀貫之は「この六人が知られてはいるが、いいところも悪いところもある」と言わんばかりに書いています。たとえば業平なら

     「心あまりて詞たらず」
        (思いがあふれて歌の詞が足りない)

という具合です。
業平と小野小町は美男美女ということで知られていますが、ほかにいくらか知られているのはせいぜい遍昭あたりまででしょうか。古典文学のお好きな方ならともかく、残る文屋康秀(ふんやのやすひで)、喜撰(きせん)法師、大友黒主(おおとものくろぬし)はいかがでしょうか。喜撰は『古今和歌集』に一首だけ採られている「世をうじ山と人はいふなり」の歌(『百人一首』にも入っています)で知られているかも知れませんが、この人はどういう経歴で、ほかにどんな歌を詠んだのかなど、よくわかりません。

    文屋康秀

は『古今和歌集』に五首入っていて、「吹くからに秋の草木のしをるれば」の歌は『百人一首』にも採られて有名です。しかしこの「吹くからに」の歌は彼の子の文屋朝康(ふんやのあさやす)の作だという伝えも多いのです。大友黒主は六歌仙で唯一『百人一首』にも採られない人で、知名度もさほどではないでしょう。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

続きを読む

スポンサーサイト

小野小町 

講座の準備を始めています。まずは小野小町から勉強し直して資料を集めています。「花の色はうつりにけりないたづらに我が身世にふるながめせしまに」という、『百人一首』にも採られた歌はよく知られていて、歌人として著名ではあります。しかし彼女の実像はよくわからず、歌もあまりたくさんは残っていません。『小町集』という個人の歌集(「私家集」といいます)があるのですが、これはのちの時代の人が編纂したもので、ほんとうに小町が作った歌かどうかわからないものも多く含んでいます。
そんなわけで、まずは彼女の歌と見てよいだろうと思われる

    『古今和歌集』

の歌を中心に据えます。そして、それ以外の歌も「小町らしいもの」として押さえておきます。
小町は零落したと言われます。だいたい美人は無残な晩年を送るという伝説が起こりやすいもので、小町はその典型だろうと思われます。東北地方に流浪してその地で亡くなったという伝説があり、青森、山形、秋田方面には彼女にまつわる伝承が残っています。
美女の代表が小野小町なら、美男は

    在原業平

ですが、この人が東に下った時に東北に行き、あるところで「しゃれこうべ」をみつけます。土地の人に聞くと、それはこの地で亡くなった小野小町の髑髏だというのです。ほかにも小町についての伝承はいろいろあります。それらを紹介しながら、美人とは、それゆえの伝承とはどういうことなのか、ということも併せて考えてみたいと思います。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

王朝の歌人たち 

新年度、一般の方にお話しする講座を二つ考えなければなりませんでした。ひとつは『源氏物語』で決まっていましたが、もうひとつ、以前このブログで「菅原道真」と取り上げるようなことを書いたのですが、いろいろ考えた結果、あまり興味を持っていただけないかもしれない(漢詩が多いことも理由のひとつです)と思うに至り、変更することにしました。
やや総花的になるのですが、小野小町も在原業平も紀貫之も和泉式部もとにかくさまざまな

    王朝の歌人たち

についてお話しして、平安時代の和歌史を展望してみようと決めました。これでやってみようという方がいらっしゃるかどうかわかりません。しかし、何もしないわけにも行かず、時期も迫っていますので、えいやっ! とばかりにシラバスを作って提出してしまいました。
和歌を読むのはもちろんなのですが、歌人たちがのちの時代にどのように受け止められていたかを探ることも考えており、具体的には本歌取りなどの形で影響を与えたことを考えてみたり、説話などを読んでいかに

    伝説化

されたかを考えたりしてみようと思っています。
たとえば、和泉式部は恋の歌を多く詠み、好色であったかのようにも伝えられています。その結果、どんな説話が生まれたかを調べてみたいのです。
まったく自信はありません。これから相当勉強しなければならないと思われ、いささか焦っています。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

六代 豊竹呂太夫 襲名を祝う会 

3月19日(土)、大阪のホテルニューオータニで、豊竹英太夫改め

     六代 豊竹呂太夫 襲名を祝う会

がありました。
桂南光さんが進行してくださって、とても和気藹々とした会だったそうです。
フェイスブックなどに出席された方々の写真がずいぶん上がっていましたので、私もその雰囲気だけは味わうことができました。
出席者は各界の著名人が多く、さすがに英太夫さんはお知り合いが多いのだな、と感心します。
私は体調不良で、たぶんホテルまでたどり着くことができなかった(笑)と思いますのであきらめたのですが、行かなかったのは正解だったように思うくらいの錚々たる出席者の集まった賑々しい会だったようです。もし行ってたら場違いだっただろうな(笑)、と思いました。
『文楽 六代豊竹呂太夫 五感のかなたへ』は

    114冊

売れたそうです。
お求めくださいましたみなさま、ありがとうございました。あと100回くらい別の方をお招きしてパーティをしてくださったらベストセラーになったかも(笑)。
本のことはともかく、この慶事を蔭ながらお慶び申し上げることに関しては人後に落ちることはないつもりでした。英太夫さんがますます大きな太夫になられますよう、期待しております。
このあと、東京でもおこなわれ、おそらく英さんの呂太夫としての精進の決意はさらに確固たるものになっただろうと思います。
ひとつ気になるのは襲名公演前の英太夫さんのご多忙のご様子なのです。
肝腎の公演は間もなく始まります。どうかお疲れが出ませんように。

こだわり、そしてお願い 

私はデザインとか色の取り合わせとか、そういうことはまるでわかりません。
そもそも、自分の書く文章についてはともかく、ものごと万端に対するこだわりもあまり強い方ではないと思います。「白鷹」でなければお酒を飲んだ気はしないとか、どこそこのブランドでなければ小物は持たないとか、そういうのは一切ないのです。普段飲むなら(あまり飲みませんが)1升入りの紙パックの800円くらいのお酒でも一向にかまいません。お酒の微妙な味わいなどあまりよくわかっていないのです。身につけるものも、便利でさえあれば、安物でもこだわりは持ちません。
そんな私から見ると、芸術家肌の

    デザイナーさん

というのはたいしたものだと思います。
『文楽 六代豊竹呂太夫 五感のかなたへ』のデザインについてもいろいろ工夫してくださっていています。カバーや表紙を見ただけでもさすがは老舗出版社の仕事だと思います。
カバー写真は最終的には呂太夫(英太夫)さんの襲名挨拶のものをお借りしていますが、これもずいぶんあれこれ考えた結果だったのです。金屏風を背にした写真ですが、本のカバーとしてはもっとシックにするアイデアもありました。
見本を見せていただいた時に気づかなかったことで、文字どおり

    きらりと光る

のは「Toyotake Rodayu」の金文字でした。背表紙の「文楽」「五感のかなたへ」も金文字です。実物を拝見して「おおお」と声を挙げたくなるくらいでした。見本はメールで送ってもらったものでしたから、金色がそこまできれいには出なかったのです。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

続きを読む