FC2ブログ

くしゃみ 

この10日ばかり、咳ばかりしています。体調はいくらか戻りましたが、咳はなかなかおさまらず、今なおしゃべると咳き込むことが少なくありません。
鼻も詰まり、くしゃみもしばしば。もう、やかましいの何の(笑)。
くしゃみが出ると、昔の人は魂が抜け出ると考えたらしく、そうならないように、まじないの言葉を言いました。

    休息万命 急急如律令

と言ったそうです。読み方は「くそくまんみょう きゅうきゅうにょりつりょう」で、この「休息万命」が、『徒然草』にも見える「くさめ」というまじないにつながったとも言われます。
もちろん、さらにそこから「くしゃみ」という言葉ができたのです。
英語では、くしゃみをした人に対して

    Bless you!

などと言います(神のご加護がありますように、の意)が、日本では自分でまじないを言うのですね。
清少納言は『枕草子』の「にくきもの」の段で「鼻ひて、ずもんする」をにくらしい、と言っています。「鼻ひる」はくしゃみのことで、「ずもん(誦文)」はまじないの言葉の意味です。
くしゃみは不吉なものとされたのです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

紅葉もライトアップ 

紅葉の季節。
私個人に関しては、今年はそれどころではありませんが、世間では賑わっているようです。
近ごろは紅葉もあたりまえのように

    ライトアップ

されるようです。
それはきれいなものでしょう。プロが考えて、立派な機材で照らすのですから。
しかし、樹木にとっては

    迷惑

なのではないか、といつも思ってしまいます。
大阪の御堂筋ではイチョウが電線を巻き付けられ、各地でライトアップはエスカレートするばかり。
あまのじゃくな私はまるで関心がありません。
ハロウィンがあり、クリスマスがあり、年中ピカピカしていないと気が済まないのが、性に合いません。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

声が出ない 

月曜日(26日)に仕事に復帰しました。
午前中はその準備で大わらわ。何しろ、1週間何もしていませんでしたから。
ひと息つく暇もなく、授業の時間になりました。
恐る恐る声を出しましたが、うまく出ません。声よりも大きな音を立てるのは

    

で、しゃべりながらかなり咳き込みました。声は、学生に言わせると鼻声だったようで、しかも迫力がありませんでした。
180分しゃべるのですが、途中で何度も

    息切れ

して、しばらく黙ってしまうこともありました。
月曜日はまだ時間的に楽なのですが、火曜日は300分しゃべらねばなりません。
さて、今日はうまくいきますかどうか。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

急病(7) 

24日。やっと平熱になりました。
ひとまず、この1週間のすったもんだは一段落。
あとは食欲が出て、体力が回復すれば、というところです。
しかし、当分は17日の土曜日に半日居続けたフロアには行きたくありません。
それにしても、学校の対応のひどさはイヤになります。何しろ

    事務的

に過ぎます。反省するということも知らない。恥ずかしいくらいです。
間違いは誰にでもありますが、それを反省するかどうかが大事なことです。哀しい、わびしい、そんな気持ちがしています。
さて、まだ残る症状には

    

があります。
何しろしゃべる仕事ですから、来週からの授業がはなはだ心配です。


にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

急病(6) 

22日にふたたび病院に行きましたが、やはり医者も空気が原因で悪くなったのだろう、と言っていました。
血液検査ではCRP(炎症反応を示す)が10.42で、正常値(0.4以下)をはるかに上回っていました。
2日前に病院に行ったときに比べると、いくらか話はできましたし、院内を歩くことも何とかできました。しかし、まだまだダメな状態ですから、もうしばらく

    抗生物質

の厄介になることにしました。
23日は勤労感謝の日で、いつもなら源氏物語の講座がある曜日なのですが、たまたまお休みの日で助かりました。
何か食べなければなりませんし、この日は誰もいませんでしたので、思いきって

    スーパー

まで買い物に行き、食べられそうなものをみつくろってきました。
そんなことができただけ回復した、ということです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう