若き日の父(1) 

思いがけないものが出てきました。仏壇の奥にあったらしいのですが、ハガキの束なのです。
それもかなり古いもので、今から70年以上前のものです。どうやら私の祖母にあたる人が保管していたものが、そのまま残っていたようです。
私の父は「阿部」という家に生まれたのですが、三男であったために親戚筋から養子に乞われ、本人が何も知らないうちに、つまり

     赤ん坊の時に

養子に来て、そこが今私の住んでいる家なのです。
何も知らされずに育ったらしいのですが、母親(養母)とは40年ほどの年齢差があったので、おそらく不思議な気持ちは持っていたようです。養父とはさらに年齢差がありましたので、同級生のご両親と比べると自分の親だけが飛び抜けて高齢だったのではないでしょうか。『源氏物語』の薫の君のように(そんないいものではありませんが)自分の出生に

    何らかの疑問

を持ちつつ成長したようなことを生前話していました。
やがてそれを知らされた時はどんな気持ちだったのか、それは聞くことができないままでした。
戦争末期には召集があって、命に関わる経験もしたようです。詳しくはわからないのですが、大学は休学したのか、あるいは大学に行く前に応召したのか、とにかく大学を出たのは戦後で、少し年齢を重ねた時点で卒業したはずです。養父母にしてみれば、子供ができずに、つまり後継ぎがいない状態でやっと手に入れた息子だったのです。それを戦争にとられるのはどんな思いだったのでしょうか。
何度かに分けて、そのハガキを記録しておきます。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

スポンサーサイト

ネギの花 

ネギというと葉ネギが基本の関西です。今は大好きですが、子どもの頃、長ネギ(ねぶかネギ、白ネギ)はあまり好きではありませんでした。
最近、スーパーに行くと透明のプラスチック容器に入った「きざみネギ」を売っています。きれいにきざまれたネギで、うどんや蕎麦に載せても鮮やかで、100%使える便利なものです。しかし私はこれを買ったことがありません。買わない一番大きな理由は「値段が高いから」ということなのですが、もうひとつは、きざんでいるときに包丁から立ちこめるあの香りがたまらなく好きだからでもあります。
そしてもうひとつ、私が買うのは

    根っこの付いた

もの、というと理由はおわかりいただけると思うのです。
使ったあとは根を捨てることなく、必ずプランターに植えておきます。限度はあるものの何度も葉が生えてきますから繰り返し使えます。日曜日など、蕎麦をゆがいてプランターのネギを穫ってきていい香りのするものをいただくのが大好きなのです。
そして、葉が伸びなくなってきたらまた新しい根付きのネギを買ってくる、ということをしています。
この時期、ネギはしばらく放っておくと

    ネギ坊主

を付けます。古風な橋についている擬宝珠(ぎぼし、ぎぼうし)は文字どおり宝珠を模して作られたものですが、それとそっくりなのが可愛いです。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

続きを読む

あさがおのかんさつ(2) 

小学校時代にしそびれた朝顔の観察記録を、遅ればせながら書き留めておこうと思っています。
とにかくお金を使いません。ビニールポットはこれまでに野菜の苗などを買った時についていたものを保管していましたのでそれを使っています。部屋の窓際に置いているものに水やりをするのにふさわしい小さな

    ジョロ

など持っていません。そういうものもホームセンターに行けば売っているでしょうけれど、もったいないので費用ゼロのものを使っています。底が天神様のように梅鉢型になった(五か所がとがっている)形のペットボトルがありましたので、そのとがった部分に錐で穴を開けると立派なジョロとして働いてくれるのです。ジョロ(ジョウロ)は漢字で「如露」とか「如雨露」と書きますが、誰がこんな字を当てたのでしょうか。この簡易ジョロは、土を入れれば種まきポットとしても使えます。水は

    米のとぎ汁

などをペットボトルに入れてあります。
支柱も窓際の鉄柵と物干し竿を利用して麻ひもを取り付けるだけですので必要ありません。行燈仕立てなどという立派なことはしないのです。
準備は整いました。いよいよ種まきです。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

続きを読む

あさがおのかんさつ(1) 

小学校の時に朝顔の観察日記を書くというのが夏休みの自由研究の定番のように言われますが、私はそういうことをした記憶がありません。そもそも理科が苦手でしたので、花の観察にもほとんど興味がなく、仮に宿題が出ていたとしても、面倒で

    サボった

のかも知れませんが(笑)。
「朝顔」は、古くは今の桔梗のことを言ったという説もあるようです。その後、ムクゲが渡来して桔梗より人気があったので「朝顔」という名前を奪ってしまい、さらに平安時代になると今の朝顔が渡来してこれまたムクゲより美しいというので「朝顔」といえばこちらを指すようになった、とも。このあたりのことはまた後日書きます。
今年、その朝顔の種を蒔いてみました。10粒ほどありましたので、7つくらい発芽してくれればいいなと思って、小さなポットに蒔きました。少し時期をずらして半分ずつにしようと思ったものですから、最初に蒔いたのは5月初め。ちょっと早かったかなと思ったのですが、4〜5日で発芽して、まずは順調でした。
横長のプランターがひとつありますので、これに3〜4株、鉢が3つくらいありますので、これにひとつずつ、と思っています。鉢植えのひとつは私の部屋の窓辺に置いて、

    緑のカーテン

とまではいかなくても、いくらかでも日ざしをやわらげてはくれないものか、と期待し、何よりも毎朝、花を観る楽しみも味わえたら、と思っています。
このあと、小学校の宿題を今果たす気持ちで「あさがおのかんさつ」を折々書こうと思います。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

宝塚の春 

すみれの花咲くころが、私の住む宝塚の季節といえるかもしれません。
何もない街ですが、宝塚歌劇が唯一全国に知られる名物になっています。「大阪の宝塚」と思っている人も少なくないそうですが、兵庫県です。甲子園球場も兵庫県です。お間違えのないようにお願いします。
面積が大きくて、それだけにあまり特徴を感じないのがこの県で、世界遺産の

    姫路城

は兵庫県だといわれても、私の住む町から見るとはるか西のほうにあるのであまり親近感がないとも言えます。
なにしろ京都に行くほうが近いのですから。
宝塚というのは芦屋、西宮、尼崎、伊丹などとともに

    阪神間

と総称されることがあります。神戸の東側(御影や岡本)も含めて、大阪ではなく神戸の三宮以西とも違う独特の雰囲気があると思います。
花の季節は夙川公園(西宮市)とか宝塚花の道などがにぎわうのですが、私はここ数年花の道ばかりに行っています。といっても、家から歩いていける距離なのですが。

にほんブログ村 演劇へ
↑応援よろしく!

KatayamaGoをフォローしましょう

続きを読む