fc2ブログ

今年の忘年会 

12月も5日になりました。
あっという間の一年でした。特に毎年感じるのは後半が短いのです。
皆様は年内の仕事の整理はつつがなくできそうでしょうか。
大学の授業は、年内の予習はほぼ終えました。あとは体調次第です。休むわけにはいかないのです。
私はこの一年、後半はほんとうに勉強できませんでした。書かなければならない原稿も最低限で終わってしまいました。

さて、皆様は

    忘年会

がおありでしょうね。
なつかしいです。私は、忘年会というものにはもう何年も参加していないのです。
以前は十二月の東京公演で必ず1回。関西(主に大阪)で数回ありましたが。

おそらく最後に出席したのは雑誌「上方芸能」の「望年会」(ここではこの字を書くのです)だと思います。
講談の師匠(先生、っていうのかな)、踊りの師匠、評論家、研究者、マスコミ関係者などがいらしていてなかなか楽しいものでした。

職場では現在の学部ができた平成16年から一度も参加していません。そもそも実施されているのかどうかもよく知らないのです。
私が参加しないことは親しい人は知ってくれていますので、誘わないようにしてくれているのかもしれません。
その心遣いは、残念な反面、実はとてもありがたいのです。
断るのはつらいですし、参加はできませんし。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

ところが今年はいつだったかある方から

    やりましょう

と声をかけていただきました。
その方は私が参加するのを逡巡する気持ちを誰よりも分かってくれる立場にある方なので、意地悪でも何でもなく(笑)、ほんとうにやりましょうと誘ってくれたわけです。
これはこれでたいへん嬉しかったのです。
まだ実現するかどうか分かりませんが、実現したら何年ぶりになることやら。

みなさんは今年は何回?
多くの方は義理の忘年会もあるでしょうね。
やはり文楽の話など、仕事以外の話が出来る人が一番いいのでしょうか?

飲みすぎにはなにとぞご注意下さい。

スポンサーサイト



コメント

忘年会

忘年会は苦手です。どうしても会社・仕事というのが付きまといますからね。「無礼講でいこう!」を信じて、どれだけしくじってきたことか(笑)。忘年会に限らず、お酒は話の通じる人と飲みたいもの、と近頃つくづく思うのです。「付き合いを狭めてるで!」と言う批判の声もあることは分かっていますが。

忘年会

私は普段から気の合う人としか飲みに行かないので、忘年会も会社のが一回だけです。
仕事の話を帰ってまたするのは面白く無いです。
上方芸能のは面白そうですね。
ちなみに私も「望年会」と書きます。
籐十郎さんが誘ってくれはったら断りません。

♪やたけたの熊さん

トどんなしくじりをされたのでしょうね?(笑)
会社勤めの方は大変だな、とこの時期になると思います。
「無礼講です」と言いながら「では最初に社長の挨拶です」なんていうことになったら意味不明ですね。

♪花かばさん

今年も上方芸能は「望年会」をされるのでしょうか? 私は知らないのです。
以前はビヤホールのようなところで座ってやっていましたが、最近は立食で立派な規模になっていましたが…。
いやぁ、お誘いしたいものです。早く東京勤務を終えて帰ってください。

明星

忘年会の話題と違いますが・・・
雨が上がって南の空に、金星と木星がキレイに見えます。その上方には月も出ています。

♪やたけたの熊さん

そうなんですよ、きれいですね。
左上に明るい金星、右下に木星。私は西に向かって帰りますので、目の前に見えます。
月はそろそろ半月ですね。どんなイルミネーションより好きなのが星の光です。

やたけたの熊様も・・・

ご覧になっておられたのですね。
ここ数日の楽しみが、月と木星・金星を宵に見ることでした。
毎日、月との位置関係が違うし、とてもきれいですね・・。
「望年会」って、いい言葉ですね。
お酒の席では、とても無理をして、はしゃいだ振りをしていたので、しんどい思い出が多いです。

露天風呂で・・・

藤十郎さん&りゅうみんさん

さっき露天風呂(天然温泉)から、夜空を見上げると、星がちらほら見えました。小さな幸せを感じました。
どこの温泉かって?阪神地区の下町にあります。380円。3800円ではありません、380円。銭湯ですけど天然温泉です。
いま、銭湯の休憩室にあるPCからコメントしてます。PCは無料です。
もっと人気が出てもいいと思うのですが、それほど混んでもいません。経営だいじょうぶかなあ。

♪りゅうみんさん&熊さん

星の好きな方がいらっしゃって嬉しいです。どこもかしこもライトアップのご時勢に、文字通りきらりと光るかそけき光ですね。
熊さんご愛用の露天風呂、いいですね。私の家のあたりでは銭湯などまったく見かけません。子どもの頃あった近くの銭湯の煙突が懐かしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/1040-3a0070ce