fc2ブログ

紅葉舞う道を 

十二月も一週間が経ち、木々は葉を落すのに忙しくなっています。

DSC01737.jpg
私の研究室から見た箕面の山


誰も彼もが

    忙しい

と口にする昨今で、自分だけが大変なのではない、と思いながら皆さん年末の仕上げに頑張っていらっしゃるようです。そのあわただしさを助長するように落ち葉が街に積もっているわけです。

東京の国立劇場周辺は紅葉はいかがなのでしょう?ありましたっけ?皇居のほうに出ないとなかったのかな?
13日間という短い公演期間で、これまたなんだかあわただしく感じられなくもないのです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

私の大学の周辺は紅葉の季節が最高に美しいのです。
背の高い木々が真っ赤や黄色やそのほか微妙な色合いにに染まっているのを見上げると、

    迫ってくるような感覚

に襲われるくらいです。
やらなきゃ時代遅れ、都会の仲間に入れてもらえないとでも言うようにあの自治体もこの町も(私の住む町でも・・)イルミネーションをチカチカさせている時代ですが、この圧倒的な葉の輝きの前には何ワットの電光もかなわないと思えます。

先日、そんな道を帰宅の途についていると、若い女性に声をかけられました。初めはわからなかったのですが、フェードインするように紅葉に照らされて現われたたのは満面の笑顔のかつて同僚だったSさんでした。
彼女は今、すぐ近くのO大学に勤務しているのですが、いくら近くてもそうそう会えるものではありません。それだけに、嬉しいというよりもびっくりしてしまいました。
つい先日○○歳のお誕生日を迎えたSさんは今の職場が大変充実していると嬉しそうにおっしゃっていました。語学が堪能で数ヶ国語が出来るはずですが、今はもっぱら英語を使う仕事をなさっているとのこと。たいしたものです。いい仕事を元気にこなしているキャリアウーマンです。
たそかれの夕闇の中で彼女が輝いていたのは紅葉だけのしわざではなかったわけです。

実はSさんは文楽もお好きで、劇場でばったり出会ったりすることもあるのです。
またどこかで会いましょうね、Sさん。

う~ん、ラブレターみたいな記事になってしまった(笑)。

スポンサーサイト



コメント

年末忙しいですね。
掃除したくても後回しになってしまいます。大晦日にはゆっくりできるようにやるべきことをおわらせて新年をゆっくりと迎えたいですね。

大学の近くはとても紅葉がきれいです。このあいだは友達と歩いていて紅葉につられて、公園のようなところに引き込まれていきました。そしたら出口がなくて道に迷ってしまいました笑

♪もいかさん

大掃除は当分夢物語です。研究室の蛍光灯は切れるし……。
紅葉は人を誘う魅惑を持っていますね。文楽にも「紅葉狩」という演目があり、そこには鬼女が出てきます。そういう神秘性が紅葉にはありそうです。

韓国・紅葉

いま韓国・ブンダン市のホテルに投宿したばかりです。ここにコメントしようと、空港バスを降りてからホテルまでの道を、紅葉に注意して歩いてましたが、紅葉らしきものは見えません。あかしゃんの手のひらのような「もみじ」もありましたが、そのまま茶色に枯れてしまったような感じで、赤や黄など色鮮やかな葉っぱは見当たりませんでした。
明日から某工場で一週間、作業の日々です。製品に問題を起こしましたので交換作業です。日本人は私だけ。言葉はどうするの、ですか?大阪弁とあやしい標準語をあやつる私は、身振り・手振り、あとはニコニコとして気持ちを伝えます。これが結構伝わるのです。それでは今から地元の安食堂に、夕食をとりにいきます。メニューの写真を指差して注文します。

♪やたけたの熊さん

最近は日韓の夢の懸け橋となっていらっしゃるようです。
アンニョンハセヨとクマ・ラゴハムニダとカムサハムニダでOKですね。
韓国は寒さはいかがでしょうか。私も仕事で(自費ではなく)行きたいです。ついでに観光もしたいです。

クマ・ラゴハムニダ???

クマ・ラゴハムニダ???って存じません。やたらカムサハムニダを連発してます(笑)。
いまホテルのならびにある大衆食堂で、参鶏湯(サムゲタン)を、JINRO焼酎(小瓶)をお供にして食してきました。参鶏湯は朝鮮人参など入ってない”まがい物”ですから9000ウォン(いまのレートなら600円くらい)、焼酎は3000ウォン(200円くらい)でした。
その後、SUMSUNG・PLAZAというデバートの地下へ。いわゆるデパチカですね。惣菜売り場は夜7時を過ぎていたためか、20%引きのシールが貼られてました。いまデパチカで求めた惣菜で焼酎をやりながら、このコメントをしています。ふだんとちっとも変わりません(笑)。

釜山と大阪

ここ福岡では釜山は目と鼻の先ですが、時間と料金を考えれば大阪と同じぐらいです。
ゆえに旅行は大阪行き、に決まっているのです。(笑)
今は円高で何処の国の通貨が暴落してショッピングはお得ですが石油高のせいでおいそれと出掛ける事もなりません。

私は大学で朝鮮語を取っていましたが、かろうじてハングルの看板が読めるだけです。

しろくま先生

ハングル教えてください!と言っても、覚えないと思いますが。手振り、身振りで通じてしまうことが、かえって災いしているのかも知れません。でも、これで生涯を貫きそうです。そんなかっこいい話ではないですが(笑)。

♪国際人熊さん

いやもう、韓国はわが町という感じですね。デパ地下もおなじみ、ですか?
私、学生の頃ハングルを独学したのですが、もうさっぱり忘れました。でも、学びたい外国語No.1ではあります。

♪しろくまさん

福岡からだとほんとにすぐですね。私も広島にいた時でさえすぐ近くに思えました。
いろいろな歴史がありますが、近所だからこその喧嘩もあったわけです。仲良くしようと思えばこれまた簡単なはずです。
看板が読めたら立派ですよ。

♪韓流熊さん

ぜひしろくま先生を頼ってください。私はダメです。
ナ・ヌン・クマ・ラゴ・ハムニダ(私は熊と申します)じゃなかったかなぁ……。いい加減です。
花かばさんのブログでおっしゃっていた「オソオセヨ」は「いらっしゃい」ではないかと…。
パソコン不調で花かばさんのほうにコメントできないので、こちらに書きました。

ちなみに、上の記事に書いたSさんは韓国語はぺらぺらです。

学生の方々へ

記憶力が悪いオジサンは、言葉はいらないなどと強がり言ってますが、ほんとうは言葉は大切です。英語はもっとも身近な外国語ですが、英語以外にもいろいろな言語を学んでください。
と言いながら、同時にまったく正反対のことを言います。外国の人と接するとき、その国の言葉が話せるから交流できるかと言うと、そうではありません。人間同士、言葉以外にも分かり合えることが必要になります。と言いますか普段から「誰に対しても同じように接しられる」能力も大事だと思うのです。簡単ですけど、普段からできていることが大事だと思うのです。

♪酔いどれ熊さん

酔うとほんとうにいいことをおっしゃいます。
ただ、明日になったら「そんなこと書いたかなぁ」とおっしゃるかも知れませんが…(笑)。
学生のみなさん、ぜひ謹聴してください。

わ、私が先生・・・(笑)

大学時代、教職取っていましたが、体調不良でドロップアウトしてしまいました。
ですから、一生「先生」なんて呼ばれない、と思っていたのです。

約十年前には植民地時代に日本語の教育を受けた方が結構居られましたので命拾いした事がありました。
そうでなくとも日本語を話す人が多かった、と思います。
熊さん、身振り手振りでいいと思います。

私も後悔していますが、外国語は先ずは単語から、と思います。文法間違っても後から修正が効きます。
学生の皆さん、地道に覚えておけば将来がきっと開けると思います。

♪しろくまさん

台湾にも日本語のみごとな方が多いですね。
私も外国語が苦手なのですが、最近勉強したいと思うことが多いのです。
ヨーロッパ言語はあまり興味がなくて、アジアの言葉がおもしろそうだな、と。

にぎわってますね。

日本語以外の言葉を話す人、羨ましいです。
東京の方に居ながら、伊賀弁とあやしい大阪弁をしゃべり、標準語も出来ません。

仕事で1日大阪を案内した韓国の方とは言葉は通じませんでしたが、思いは通じました。

♪花かばさん

伊賀弁がしゃべれる日本人は貴重です。
どういうものか知りたいです。
わたしもかつて韓国の日本語をまるで知らない人と大阪を一日歩いたことがあります。片言の英語と身振り手振りでしたが大丈夫でしたね。

コミュニケーション

工場の社員食堂で、片言の英語を話す現地の人が、「ホテルでなにしてんのん?」と言うので(と思ったので)、片言の”片”くらいしかできない私は「友人のブログにコメントするやろ。女性やないでオッサンばかりやで。あとは日本とアメリカのミステリィ持ってきたから、それ読むねん」と言った(つもり)。「ああ、そうか」と分かってくれました(と思います)。

♪英語OK熊さん

韓国の人は英語はよくできますね。英語での会話、しゃれてますね。
ところで、「コメントするやろ」の「やろ」は英語ではなんというのですか?

伊賀弁

藤十郎さん
私、mixiで、「伊賀弁でしゃべろまいか」のコミュの管理人してますので、機会があれば来てだーこ。

♪花かばさん

来てだーこ??
いきなり知らない言葉でした。
近くても意外に知らない言葉ってありますね。和歌山の言葉とか、姫路のほうとか、丹波とか。
アジアより伊賀が先かな?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/1053-2377bda4