fc2ブログ

東京は千秋楽 

今日、東京公演は

    千秋楽

を迎えます。
短い期間ではありましたが、みなさまご苦労様でした。
各ブログでご感想も書かれていますし、個人的にいろいろお教えくださったかたもあり、行けなかった私はかろうじて雰囲気だけを味わわせていただきました。
まだまだご感想はお待ちしていますので、何かありましたらよろしくお願い致します。

そうそう、ある方から

    字幕が変わった

というお知らせをいただきました。
もちろん、いい意味で変わった、ということです。
国立小劇場は文楽には適当な大きさの劇場ですが、どうしてもその分大阪よりも窮屈です。もともと字幕など考慮して設計されているわけではありませんから、見にくかったのは事実です。しかし今回字の太さがよくなっていたと教えていただきました。
国立劇場のみなさんの少しでもよくしようというお考えが実を結んでいるわけです。今後もさらに改良を重ねてくださいますように。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

これをもって、平成20年の主な公演は終了。
次の本公演は大阪の初春となります。
すでに前売りは始まっており、初日やその直後の第一部は順調に売れているようです。

毎年のことながら、

    正月は文楽から

という向きにはたまらない3週間です。初日の鏡割りに始まってなにかとお楽しみの多い公演です。
床には鏡餅、ロビーや劇場内部にはにらみ鯛、飾りつけも華やいで平成は丸20年になります。

そうそう、文楽友の会のスタンプラリーはこの公演で終了。めでたく「勘十郎風呂敷」を獲得される方はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?
この企画は友の会のヒットだったでしょうね。

スポンサーサイト



コメント

字幕賛成派

字幕はじゃま、とおっしゃる人もおられますが、私は字幕賛成派です。
ちょっこと分からないコトバが出るたびに床本をめくるのは手間ですし、なかにはずっと床本を読みっぱなしの人もいます。やっぱり舞台を観ていただきたいです。
私は東京の字幕は存じませんが、大阪の字幕もじゃまにならない光度で、配慮されていると感心しています。

♪やたけたの熊さん

邪魔だと思われる方が見なくて済むように、見たい方は気持ちよく見られるように、というのが理想ですが、まずまずそんな感じになっているのではないでしょうか。
東京はちょっと窮屈で、しかも秋の公演まではとても見にくいフォントだったのです。それがどうやら改善されたようです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

♪管理人のみ……さん

お知らせいただき、ありがとうございました。
またよろしくお願い申しあげます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

♪管理人のみ…さん

重ね重ねお知らせいただき、ありがとうございました。

字幕大賛成

東京の方は知りませんが、文楽劇場は字幕ができてから、一斉にページをめくる音がしなくなりましたね。でも願わくは上ではなく横につけられないかなぁと思います。前の方の席だと舞台と字幕に距離があって、上を見上げたり舞台を見たりと首が痛くなります。
京劇の場合は日本でも中国でもほとんど両横です。新しく建てられた劇場では最初から字幕の画面が劇場に設置されています。湖広会館のような昔の形を残しているような劇場では上に英語の電光字幕がついています。

♪紅娘さん

私の同僚がはじめて文楽を見に行ったとき、前のほうの席だったので字幕の存在に気づかなかったそうです。かなり高い位置にありますね。以前後ろの機械室(?)に入れてもらって一芝居のぞいたことがあるのですが、あそこからは実によく見えてわかりやすかったです。
映画の字幕、以前は右横・縦書きが普通でしたが、今は下・横書きがスタンダードですよね。文楽劇場の場合、構造的に横(特に右横=太夫側)は難しそうに思うのですが、工夫できますかね?(国立小劇場も両横といってもかなり高い位置にあります)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/1060-ceb5b902