fc2ブログ

大つごもりに 

まったく個人的な感懐です。
今日は皆様にお読みいただくというよりは自分自身の覚書です(大体いつもそうなのですが・・・)。
最近、大つごもりはカウントダウンなどもあってお祭り騒ぎをするのが普通ですが、私は十代の頃からひそやかにこの日を送ることにしています。

    歌合戦

などというのも中学生時代までしか知りません。それも親が見ていたというだけの理由で、私自身はあまり関心はなかったのです。
とにかく自然の光のままのところで煩悩をかみしめていたいのです。
陰気と言われようが何と言われようが、それはまったく気にしません。

この一年何をしてきたのだろう、などと改めて思うと、やはりダメな人間でした。
持病を克服できず、衰え行く感覚が強まりました。誰しも老いていきますのでそれはかまいませんが、数字としての年齢ではなく、気概が足りない、それを補う力がない、という感じです。

私の主な仕事と自己採点を書きます。学生につける成績のように「優・良・可・不可」にしますと

  大学の正規の授業(可)
  大学の公開講座(良)
  大学の雑務(不可)
  学生指導(不可)
  学外での講演活動(良)
  学外での学生活動補助(可)
  平安時代文学研究(不可)
  文楽評(可)
  家庭人(不可)

というのが謙遜も遠慮もない実感です。合格点を5つも付けたのは甘いかもしれませんが、そのうち2つ(学外での学生活動補助と文楽評)は学生と槌谷礁さんという相棒に支えられたものです。
「良」も聴いてくださる方々の熱心さゆえですから、どうも冴えないわけです。誰も聞いてくれない講演を始めて、途中から聴衆を釘付けにする、という体験が一度でもできればちょっとした喜びでしょうが。

こんな成績だと就職できないよ、と学生なら言われるのかもしれません。
なんとか正規の授業は「良」に、学生指導を「可」に、平安文学研究を「良」にもっていきたいと思っています。しかし、来年は

    自然体

で、まずはできることをしよう、無理はするまい、という程度のことを今は頭に入れて、聞こえない除夜の鐘を空想しています。

今日は「応援よろしく!」のバナーも付けずに終わります。
みなさま、よき新年を。

スポンサーサイト



コメント

今年もありがとうございました

何かといつもご多忙でいらっしゃいますから、来年は無理をなさらずお身体を労ってくださいね。

私は仕事も新生活もバタバタしっぱなしで「がんばりましょう」だらけだったですが、来年はもうちょっと落ち着いて、社会人らしくなりたいです。あと、何事も根性で頑張ります☆
(あ、個人的な決意表明になってしまいました)

♪Beethoven娘さん

そうか、昨今の小学校の通知表は「よくできる」「できる」「がんばろう」なんて書かれるんですよね。
ベー娘さんは「なにごとにもがんばりました」ではなかったのでしょうか?
来年も同じ職場で働かれるのでしょうか? 今年の担任の子供たちが卒業するまではいてあげてほしいですね。
また来年も勇気付けてください。お願いします。

成績

文楽8回、落語8回、映画13回、読書78冊・・・。このような成績ならコメントできるんですが。仕事の振り返りはつらいです(笑)。来年のことは来年にと思って、今後の計画書を作る仕事を、ちょこっと持ち帰っています。連休最終日に数時間、連休リハビリがてらしようと思っています。

何やら先生らしい大つごもりですね!!

自己採点,なかなか辛口の評価ですね。
合格点が5つあったということでパチパチ☆

私自身も撃沈になってしまうような…。

先生はお正月はワンちゃんとお過ごしになるのですね。
外は寒いので体調には気を付けてくださいね。

良いお年を…。

♪やたけたの熊さん

なんとも文化的な生活をしていらっしゃいますね。私が勝てるのは文楽の回数くらいでしょうか。
大阪府知事から表彰されてもおかしくないですね。
正月休みもお仕事ご苦労様です。

♪Mンさん

Mンさんは私を助けてくれた学生さんの一人です。
わかってくれますか、私らしい大つごもり。ずっとこんな感じなんですよ。どうもあのカウントダウンというのはなじめないのです。
Mンさんもこれからが大変ですので健康に注意してしっかり勉強に実習に励んでください。

年々厳しくなってきてますね

>藤十郎センセ
ゆとり教育も終わるみたいですね。格差社会、下流社会と言われ久しいですが、ようなる兆しはありません。
かの、サド侯爵は、18年の牢獄生活のなかで著作活動をなさいました。
牢獄とか無人島で最後まで正気をつないでくれるのはペン1本のようです。
くーと自分に向き合うのも良いように思います。

♪おとみさん

大学こそゆとりがほしいのですが、窮屈になっています。インフルエンザでも流行ったら大学の授業は回数不足で成立しないような気がします。私は文部科学省のお役人はバカばっかりだとは思いませんが、想像力には欠けるような気がします。
いかにも仰せのとおりで、来年はしっかりと自分と向き合う時間を確保しようと思います。
まあ私も無人島にほっぽり出されているようなものですから(笑)、ペンは頼りにしています。

1年の速さが

身に沁みます。さっきやっとおせちをお重に詰め終わってほっと一息。
 この1年、昨年の余韻で生きていたような気がします。なにかあたふたとしているうちに終わってしまいました。課題だけは山積み、仕事は・・・です。
 1年の採点すると・・・うーん、62点くらいでしょうか。研究の方は厳しいです。家庭ではなんとか弁当は作り続けましたが、家族ほったらかしで文楽劇場に通ってましたから・・・(笑)
 来年はもう一つ、自分の目でしっかり見ること、一つ一つの仕事を忠実に行うこと、周囲をよく見ることを目標にしたいと思います。
 藤十郎さま、1年間お疲れ様でした。どうぞよいお年を!そして来年もどうぞよろしくお願い致します。

♪まゆみこさん

この時間(今、9時28分です)、ホッと一息、という方が多いでしょうね。
まゆみこさんが62点なら私はもっと厳しくしなければなりませんね。まゆみこさんは立派なお仕事を果たされたようにも承っておりますから。
おっしゃること、まったく私にも(私にこそ?)あてはまりますので、よきご忠告としてありがたく拝読致しました。
同業のよしみで、来年もよろしくご教示のほどをお願い申しあげます。
平安な新年をお迎え下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/1070-1c3c126d