fc2ブログ

ちびっ子 

先日文楽劇場に用があって行った時、ちょうど時間帯が合ったので鑑賞教室の

      「野崎村」

を袖から見ていました。
おみつ、久作、久松の三人の芝居で動いている中盤から、段切になるとお勝、駕籠舁、船頭に加えて舞台転換をする人々、船を動かしたり船頭の棹のサポートをする介錯の人など、袖は若い人形遣いさんであふれます。
船頭役の紋臣さんは、主遣いなのに人形を自分で用意して一人でチェック。左を持ったのはベテランの方でした。

さて、袖から客席をのぞいてみると、なんだか様子が違うのです。
高校生の集団を予想したいたところ、なんと、

      小学生

だったのです。
さすがに、居眠りしている子供も少なくありません。
また、後ろを向いておしゃべりしている子もいます。
ところが中にはじっと舞台を見て目を離さない子供もいるのです。
ちょっとおませなのかもしれません。
それにしても、こういうちびっ子ファンがいるとちょっと嬉しくなってきます。
終演後、ロビーに出てみました。
すると、なんとも晴れ晴れとした小学生達の顔、顔。
「ああ~よく寝て気持ちよかった」
という子も多いのでしょう。でも、何かを感じ取って帰っていく顔もあったような気がして、少し嬉しい午後のひとときでした。

スポンサーサイト



コメント

何かを感じ取って帰っていく顔

それは良かった! v-238
私も東京の鑑賞教室で小学生集団(高学年)に出会った事があります。私の直ぐ後から数列が彼らの席。チト騒がしかった・・(><)というのは演目は「俊寛」! 学校側は「鑑賞教室」だから授業の一環として観劇させるのでしょうが、小学生に「俊寛」は不向きのように
思うのですよ。演目を選んで劇場に連れて来るべき・・かとその時感じました。

そうでないと、無理やり(?)見せられる小学生も
気の毒。トラウマになって、鑑賞教室はコリゴリ!なんていう大人を作らないかしら?といささか気になりました。杞憂に終わる事を願ってますが・・。

「野崎」だと段切の「つつ~み~は~へ~~だ~~た~れ~ど~~」からだけでも印象に残るんじゃないでしょうか?
 ○船頭が川にはまって、泳いで舟に戻った
 ○三味線が派手でパワフルになった
ということだけでも彼らの心にしっかり根付いてくれたらと思います。
今回は小助も出す形でしたが、わかりやすさはあるものの、その分少し長いかな・・。
映像を用いて「前説」をしておくのも手かなと思ったりします。
小学生の団体とわかっている場合は(わかってるはず)ちょっとおまけの演出をするとか・・。

バックステージツアー

藤十郎様、まいど!
「袖」から舞台観たいです…。憧れてますです。

吉田玉勢さんに聞いたところ「幼稚園の子ども達が観にきたことがありました。どうなることかと思ったんですが、静かにみてくれてました」
「それって、静かに”寝てくれました”の間違いでは?(ウソウソ)」と、ブログでちゃかしたりさせてもらったのですが(笑)

「バックステージツアー」したら、絶対に記憶に残ると思いませんか?大人でも、「ウワっウワっ」ですもん。物語が判るか判らないか。というより「現場」がどうなっているか。これを知ったら客席に座っても舞台に目が行くと思います。「さっきあそこに置いてあった○○や~」とか「さっき触ったあの人形や~」とか(それって私なんですけど。ハハハ)

私、幼稚園の解説と体験で、3歳のコドモたちありました。
イベントコーナーなんかで、親つきの3歳じゃなくて、
団体の3歳ははじめて。
どうなんだろと思っていたら、
解説と体験の途中まで30分くらいは大丈夫でしたね。
こわがってるコもいたけど、思ったより大丈夫やわと
思ったものでした。
4歳、5歳のクラスは最後まで大丈夫だったな~。

>かしまし娘さん

袖は絶対に邪魔にならないようにしていること、というのが条件ですね。
空気のように、いや黒衣のように、かな。
以前本公演を袖でそっと見てたら、目の前に紋臣さんがいて、やはり一生懸命勉強のために先輩の芸を見ていらしたんです。
で、私に気づいて「あ、どうぞ見てください」と場所を譲ろうとしてくれたことがあります。
やさしい人です。
もちろん遠慮しましたけど。
終わってからもいいですけど、始まる前のバックステージはたしかに「今見たところだ!」とか「太夫さんのぐるっと回ってくる向こう側に今さっきいたんだ!」とかおもしろいですよね。

>yayoiさん

3歳!!
これはオドロキ。yayoiさんの優しい口調と笑顔で子供たちを悩殺しちゃったんでしょうね。
でも、3歳で対応できるものなんですね。
ほんものの勘十郎さんがかつて幼稚園でなさったようですが、やっぱり能勢の勘十郎さんだけのことはあります。

羨ましい

文楽に全く縁がなかった私からみたら
子どもの頃から日本の伝統芸能に触れる機会があることは
すごく羨ましいですね~。
事前学習が充実してたら 尚いいでしょうね。

>おそらさん

私も大阪の人間ではありませんので、大阪の子供たちがうらやましいです。
その代わり私は小学生のとき学校からタカラヅカに行って涙を流して感激しましたが。

いいですね♪子供の時期から伝統文化に触れられるのは♪
何かのきっかけになってくれたら・・・そう思います。
ただ・・・わかったのでしょうか??それとも事前にちゃんと授業しているのかな・・・。みせるからにはそういったことも充実させてほしいですよね。

>さとうきびさん

鑑賞教室では無料でパンフがもらえます。
それには中西らつ子さんの漫画であらすじが書いてあります。
小学生は案外それを喜んで読むかもしれませんね。
でも、理解しろというのは無理かも。
やはり解説に工夫が必要かも。
また機会を見つけて提案してみます。
この場で皆さんがいろいろおっしゃってくださっていることにとても感謝しています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/114-a67317b1