fc2ブログ

昨日の文楽劇場 

昨日も文楽劇場に行きました。
青春の日々を長らく神戸で暮らした私には、大阪の蒸し暑さが堪えます。
神戸と大阪ってすぐ近くなのに、そんなに違うの?
と、思われるでしょう。
違うんですよ。

  大阪は神戸より2度気温が高い

と思っておけば間違いないと思います。
少なくとも経験的にそう感じています。

そんな蒸し暑い午後、今日も文楽劇場へ参りました。
実は昨日から体調不振で、こういうときは点滴頼み。
今朝病院へ行くと、三日間は続けたほうがいいと言われ、明日も明後日も行ってきます。
でも、午後は逆に時間が空き、なんとか劇場にたどり着きました。

実は今日は4人の方々とdressing room & back stage を訪ねるお約束をしていたのです。
え?日本語で書け?って。行ったら英語で書いてあったんで、つい。
要するに楽屋と舞台裏見学ですね。

今度の「文楽評」が書けそうなら必ず書こうと思うことに出くわしました。
実は袖から「五條橋」を見ていたのですが、そこで弁慶を使ったのが吉田幸助さん。
ご存知、立ち役期待の星ですね。彼の演技する姿があまりにも美しいのにうっとりしてしまったのです。
腰と足の使い方が、うまいとかなんとかじゃなくて美しいのです。
袖から見ると下半身が見えますよね。それでしみじみ感じたのです。
ただ、袖から見たことを書くのはちょっと…という思いもあり、なんとか工夫して書こうと思っています。
お読みになりたい方は「上方芸能」の秋号をどうぞ(って、今頃から宣伝するか!)。
「野崎」はおみつがけなげです。こちらは逆に人形遣いさん(今日は吉田勘弥さん)の姿が消えて、彼女の心がふんわりと浮き上がってきました。
途中、1時間ほど図書の閲覧室へ。
いつも親切にしてくださる係の方が「テレビ見ました」。
へぇ~っ、と思いました。ありがとうございます。

一緒に行った方は文楽初体験。でもとても感激したとおっしゃっていました。
メデタシ、メデタシ。

スポンサーサイト



コメント

ありがとうございました

こんにちは。
一緒に行った方のひとりです。(笑)
お世話になりありがとうございました。
一緒に行った友人達も大変喜んでいました。

思い返すと、人形を操っている人形遣いさんの姿は消え、人形のみが生き生きと浮かび上がる感じです。
それだけ人形の心になりきっておられるということなのでしょうか。
記事にしましたが、長くなりそうで2回に分けてしまいました。

…というわけで

ご一緒だったのは、おそらさんご一行でした。
それにしても、初めてご覧になったのに

>人形を操っている人形遣いさんの姿は消え、人形のみが生き生きと浮かび上がる感じです。

などという感想をおっしゃってくださるなんて。もうびっくりです。すばらしい鑑賞眼!

舞台裏・・・うらやましいです♪
のぞいてみたい世界です(笑)

大阪・・・異様に熱いですよね・・・。でもまだ京都よりマシかな・・・と個人的には感じます。
なぜ知っているかといいますと祖母がいるんです。大阪に。
一度夏に行ったのですが・・・びっくりしました。
あはははは

京都も

>さとうきびさん

大阪も京都も暑いです。
神戸はいいです。
ちょっと六甲山に登ると極楽です。
六甲山って、ご存知ですか?
さとうきびさんのおすまいのあたり、ぜんぜん土地勘がないのですがやはり暑いのでしょうか? 上州なら暑そうですけど。ちょっと違う風土なのでしょうね。
おそらさんご一行、舞台裏をご覧になってすぐに客席に回られました。どんな印象だったでしょうね。

大阪って

 大阪・・・なんであんなに暑いのでしょう。神戸生まれの大阪在住、京都勤務で三都物語状態のおかしやです。
 「うまい」じゃなくて「美しい」なんて、最高の評価ですよね!
 改めてきちんと生で文楽を見てみたいなと思いました。

ぜひどうぞ

おかしやさん、ありがとうございます。
そうですか、神戸生まれですか!
なつかしや、おかしやさん。
関西は大阪、神戸、京都がそれぞれ特徴を持って個性を主張しているので「三都」などといわれるようですね。

どうぞお友達とご一緒に文楽劇場の夏の公演にいらしてください。
第一部はやや子供向けっぽいですが、今年は古典も上演されます。第二部は名作「夏祭浪花鑑」。第三部は新作「夫婦善哉」。
どこから見ても面白いですよ。舞台裏の見学も行きましょう。

そうですね。田舎なので、独特の熱気はありませんがやっぱり暑いですね・・。
でも大阪よりはマシです!!
神戸はいいところですよね。何度か行ったことがあるのですが・・震災のイメージが個人的には強いです。
丁度震災の1年後に神戸に行って、震災の爪あとを目の当たりにしたショックは・・今でも忘れられませんね・・。

神戸にも、また

私は神戸で学生時代をすごしたので本当に思い入れが強いのです。
震災の日は宝塚でしたが、数日後神戸に行って、もう、あまりのひどさに涙も出ませんでした。
もちろん、神戸だけではありませんでしたが。
でも今はきれいになりました。さとうきびさん、またお越しください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/116-595703ad

文楽鑑賞教室

大阪の「国立文楽劇場」 に行ってきました。そうなんです。生まれて初めて文楽を見に行ったのです!文楽を一度見てみたいと以前から思ってはいましたが、なかなか機会もなく知識もなくて、この歳になるまで 

  • [2006/06/22 18:22]
  • URL |
  • 感じるブログ |
  • TOP ▲