fc2ブログ

吹田市民大学 

「生涯学習吹田市民大学千里金蘭大学キャンパス講座(何度書いても長い・・・)の申し込みが始まっていることは先日書きました。ところが、肝心のどうやって申し込むのかについてメモするのを忘れていました。
昨日、同僚のブログにそれが載っていましたので、

    しまった!

と気づいたわけです。同僚は実にきちんと情報を載せる人で、私はそういうところが抜けています。
で、私も書こうと思うのですが、よく考えたら同じ情報ですから、ほとんどコピペ状態です(笑)。
まあ、単なるデータですからお許しいただくことにします(勝手に決めるな!)。

次のようなことのようです。

時: 平成22年11月16日(火)、30日(火)、12月7日(火)、14日(火)、21日(火) 
   いずれも午後1時から2時30分まで
会場:千里金蘭大学本館9階大会議室
テーマ:今見つめ直す文化の東西
申込受付期間:10月1日(金)~22日(金)
申込方法:往復葉書に、「講座名(千里金蘭大学キャンパス講座)」「郵便番号・ご住所」「お名前・電話番号」を記入して下記へ(1枚の往復はがきで、おひとりだけ申し込めます)
 〒565-0874 吹田市古江台3丁目8番1号 吹田市中央公民館
 Tel 06-6873-9802 Fax 06-6873-9803 mail chukomin@city.suita.osaka.jp
なお手話通訳が必要な方はその旨お書き下さいとのことです。

むりやり少しだけ書き加えました(笑)が、出典は
http://labo.teraguchi.net/2010/10/05/3612/
でした。お世話になりました。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

手話通訳に入っていただくためには

    専門用語

などをあらかじめ手話通訳者の方にお伝えしておかねばなりません。
私はすでにレジュメを作っていますので、それとともに概要を書き送れば良さそうです。
こういうところでも手話通訳の方が活躍してくださるのは嬉しいことです。90分間大変だと思いますがよろしくお願い致します。やはりいくらかしゃべりは遅くしたほうが良いのでしょうか? 普通でいいのかな?

    永六輔さん

が手話通訳の方と一緒にNHKの番組で早口でしゃべって通訳の方がそれを尽く訳していくという試みをしていらしたことがありますから、だいじょうぶなのかな?
ご存じのかたは教えてください。

私も他の担当者の講座を覗いてみたい(手話通訳を見学したい)のですが、あいにく火曜日の午後は他の用があって、自分の担当日以外はそうはいかないのです。

スポンサーサイト



コメント

永六輔さん

井上ひさしさん同様、わたしは永六輔さんからたくさんのことを教えていただきました。と言いましても本などを通じてですが。
永さんは若いころ1年間大阪で暮らしたことがあって、上方落語・文楽・松竹新喜劇など大阪の文化を深く勉強されたそうです。
15年ほど前でしたか、咲大夫さんとジョイントコンサートをちょくちょくされてましたね。

♪やたけたの熊さん

とにかく変なおっちゃんですね、あの方は。いろんな意味でここまで変なおっちゃんになれるのが不思議なくらいです。いや、どちらかというとおばちゃんかな?
咲大夫さんともずいぶん長いお付き合いですね。

こっそり

講座、おもしろそうですね。
こっそりまぎれこんだりしたら・・・問題かも。

何年か前に手話講座に通ったとき、入門編を終えて基礎編で挫折しました。あんなに覚えられない言語は初めて、というより音声・文字言語とは勝手が異なるということでしょうね。





♪野崎小町さん

大きな顔でおいでになってください。
というか、来年は野崎小町さんの出番じゃないでしょうか。
この講座が始まって4年。これまでは「オトコマエカルテット」を中心に進んできましたが、今後は野崎小町さんの学部の「べっぴんさんカルテット」で運営していただいてはいかがでしょうか?
よろしくお願いしますよ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/1753-d876c87b