fc2ブログ

二つの意見 

初春文楽公演で上演される

    染模様妹背門松

は「油店」「生玉」「質店」「蔵前」でひとまとまり。ですからこの公演でもてっきりそうだと思い込んでいました。しかも人形がお染が清十郎、久松が簑二郎と勘弥で楽しみだったのです。ところが実際は「油店」と「蔵前」の中抜き上演。いわば発端と結末ですね。

    ヘッ?

と思いました。
「油店」は山家屋へ嫁に行くはずのお染に言い寄る善六、お染の兄多三郎の放蕩なボンボンぶりが事件を面倒にします。多三郎の相手は女郎の糸、それにまた源右衛門なる男が割って入ろうとします。現行の「天の網島(=心中紙屋治兵衛版)・河庄」ばりに口三味線もあってドタバタします。

「生玉」で久松が善六を殺して自らも命を絶つという、お染久松の二人が同じ夢を見てしまう仕込みの場面や、「質店」ではるばる訪れてきた久松の父久作が革足袋で息子を打ちながらの強意見は今回はパス。玉男師匠の久作だと有無を言わせぬ年功と慈悲が感じられましたけどね。実はお染が身篭っていることが母に知られ、母のお勝が久作に意見を依頼したのでした。ここで二人はそれぞれが別の結婚をすることを約束します。夜が明けるまで久松は蔵の中に入ることも承知して、これでまるく収まれば芝居になる一歩手前。妥協を知る大人の分別、社会の常識。
さらに蔵前で言葉を交わすお染久松に聞こえるのが「白骨のおふみ」。お染の父、太郎兵衛の声です。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

朝に紅顔あって夕べには白骨となるのが人の身。されば

  生きている間が花

とお染を諭します。
ちょっとだるい場面ではありますが、やはりよく聞いてみたい話です。
こうして双方の親の厳しくも温かい教えがあってのお染と久松の心に芽生えたものは……やはり死でした。あの

    「生玉」の夢

は心にとどまり、現世では花を咲かせないと絶望したでしょうか。周りの人達を裏切ったのではなく、自らに正直であることを第一義とするのは、まだ幼い論理でしかたがないというべきでしょうが、そこに芝居がありました。
で、そんな芝居だけに、「油店」と「蔵前」で何を見せてくれるのか、不安を抱きながらの観劇になりそうです。

スポンサーサイト



コメント

ちょっと待って、これは

と言いたくなるような構成ですね。
 「染模様」はお染久松ものでも、「生玉」と「質店」が中心では?中抜きというより、なんですか、筋さえ通れば、ということでしょうか。東京の国立の「忠臣蔵」も、お軽勘平をばっさり切った上演をやっていたようですが、いったい何が狙いなのでしょうか?だんだんついていけなくなりそうです。

♪まゆみこさん

やはりそうお感じになりますか。なんだか「河庄」と「橋尽し」、「淡路町」と「相合籠」を直結させたみたいで、周囲の人々の思いはどこへ?という気がします。
これは「見取」というのとは意味が違うのではないか、とも。

いっそ「油店だけ」というのだったら、お染久松ものだと思わずに「善六対清兵衛」で独立した事件モノ、として見られるんじゃないかと思いました。

家の中だし役人は出てこないけど、阿古屋や血判取と同様の裁判劇の一種と思えば。私、法廷サスペンスとか好きなんで(笑)。そういうジャンルへの需要もあったからこそ、意見の段ばかりじゃなくこういう段もいろんな話に一段だけ入ってるのですよね、帯屋や油屋でもそうですけど。

ただ、解決を清兵衛一人のスーパーマンぶりに頼りすぎという意味で、構成が弱いとは思いますが。そして、口三味線がどうしてもダレちゃう……。

明治17年から18年に出版された、素人太夫さん向けの五行本のシリーズ(全150巻)が国会図書館のサイトに画像でおさまっているのですけど、業者としては売れそうな物しか発売しないでしょうし、リクエストだってあったでしょうから、何となく、当時の素人太夫さんの間での人気のバロメータになるのかなという気がします。

で、そのラインナップを見ますと、染模様は見事に質店しかないのです(ちなみに新版歌祭文も見事に野崎村しかない(笑))。

明治の素人さん、やはり、革足袋が語ってみたかったとみえますな。

♪えるさん

私も、いっそお染久松じゃなくて善六ワンマンショーでもいいかなと(半ばやけっぱちで)思いました。完全にやけっぱちになると、ごちゃごちゃしたところはカットして一幕ものの喜劇にして……こうなるとめちゃくちゃですけどね。
明治の頃は今よりはるかに素人が語るものだったのですね。私もいくらか床本を持っていますが、すべて明治に書かれた(あるいは刊行された)もので、表紙には素人さんの芸名らしきものが大書されています。

意外な難点

質店がないと、蔵前で善六が戻ってきたときに「久しぶり」感がないんですよ。なにしろ、駒下駄持って帰ってすぐに蔵の鍵持ってくるんですから。

「善六、戻って来すぎ」。

私は油店は裁判劇として好きなので、善六ワンマンショーというより清兵衛ワンマンショーと思って見ちゃいますけどね。

かっこいい役が清兵衛に集中しすぎるところが話の構図として単純すぎて物足りないんです(油屋と比較して)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/1839-78a7ca19