fc2ブログ

授業といえるのか・・・ 

今週の火曜日は13回目の

    日本の文化と歴史

の授業でした。毎回私は前回の授業に寄せられた質問に答えることから始めています。「文楽という人はどういう人ですか?」「鉄漿(おはぐろ)というのはどうやって染めるのですか?」などの質問がありました。文楽(軒)の人物像云々は人の名前だとは思わなかったという驚きからの質問、鉄漿は老女形の首の説明をするときに話したので興味を持ったようです。
そして、今回はまず

    伊達娘恋緋鹿子

のビデオを観てもらいました。
前回の「船弁慶」のビデオの時は「面白くない」という意見が多かったので、今回も無理かなと不安でした。ところが意外にも「見入ってしまった」という人が多くてびっくりでした。
お七の人形は簑助師匠ですが、出遣いではありません。そのため、まったく人間がそこにいることを感じなかったと言っている学生もいましたし、人形は動かないと不気味なのに、動くと魅力的になる、と感じた学生も。
そして、人形の遣い方を一通り説明して、黒衣、頭巾、舞台下駄を私が身につけて見せました。
舞台下駄は約18cmの高さのもの。それを履くと、私はちょうど2mくらいになります。教壇の上で履いて見せたので、学生は見上げて

  おおおおおおお!

という顔をしていました。頭巾も興味津々のようでした。「どうして学校に黒衣とか頭巾があるのですか?」という質問が山のように寄せられました。たしかに不思議でしょうね。
そしていよいよホンモノの人形を見せる時間になりました。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

手伝ってくれるのは4年生のほしださん(このブログにも何度かコメントをくれました)です、と紹介して、彼女に出てきてもらいました。
ほしださんはバレーボール経験者で、身長は175cmあるそうで、私と並んでもほとんどかわらないくらいです。簑一郎さんが主遣いで幸助さんが左に付くようなものですね。で、私は幸助さんの役割でした。
手紙を書いたり、キセルで煙草をすったり、縫い物をしたりする動きを見せましたが、ほしださんは勘弥師匠から直接教わった学生ですので、なかなかうまいのです(昨年の大学祭では「悪質商法撃退」のお芝居であやしげな訪問販売のおっちゃん役を担当してくれました)。
あとで受講者から

  「ほしだ先輩、すごいです!」

という感想がいくつも届きました。
「誰かやってみたい人はいる?」と尋ねたのですが、だいたい学生は恥ずかしがっていやがるのです。ところが今回は2人の学生が前に出てきてほしださんに教わって体験をしました。
そのあといくらかお話をしてこの日の授業は終わり。う~ん、これで

  授業といえるのか

どうかは疑問ですが。
ただ、学生の反応はなかなかよくて、「私も本当は前に出て人形を持ってみたかった」という声も多くありました。
授業が終わると、いつもなら三々五々帰っていくのですが、5人ばかりの学生が人形を取り巻いています。
さわりたいんだな、と思いましたので、多少遅くなりましたが彼女達にも体験させました。
舞台下駄を履いた小柄な学生は、大柄な学生に普段見下ろされている恨みを晴らしてキャーキャーと大騒ぎしていました。
そして人形を体験させるとこれまたうれしくてしかたがないという顔。
ついには携帯で写真を撮っていました。
普段は全然面白くない私の授業ですが、この日ばかりはけっこうウケがよかったようでした。

スポンサーサイト



コメント

こんばんは

だいぶ今更なんですが…
コメントさせていただきます。

久しぶりにお染ちゃん触ったので
ちょっと難しかったです(笑)
順番も忘れてしまってたりで、
あまりうまく見えてないだろうな…
って正直思っていたので
みんながそう言ってくれて嬉しかったです。
他にも触りたかった子いたんですね。
また、私もまた機会があればやりたいです!

♪ほしだちゃん

いやいや、みんな感心していましたよ。一気に尊敬の眼差しで見られるようになったのでは?
最終回に書いてもらった感想やレポートにもほしだちゃんの名前が続出していましたよ。
後期も同じようなことをするのですが、1月頃、もし時間の都合が合えば飛び入り参加してくれませんか?

こんばんは

時間の都合があえば
喜んでさせていただきます!

次はもうちょっと練習してからで…笑

♪ほしだちゃん

ありがとう! その時はよろしく。また新ネタも入れますかね(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2047-9214783e