fc2ブログ

後期授業は… 

大学はすでに後期の授業が始まっています。
長かった夏休みのあとということで、学生も不思議な感覚でスタートしていましたが、もうすっかりペースが確立されてきたようです。
私も休み明けは声が出にくく、舌も回らないので、朗読の授業に限らず「アメンボ赤いなアイウエオ」「拙者親方と申すは…」とやってから授業に行っています(笑)。

さて、私どもの学科の看板授業のひとつである

    伝統芸能演習

文楽人形の技法を体験的に学ぶというものです。
実はこの授業、

    9月27日が初日

のはずだったのです。



ところが、後期は専門外の学生ばかりが受講する方式になっていますので、今回は

    受講希望者がありません

でした(泣)。とても残念です。
2時間ぶっ通しの授業であり、しかも毎週の授業ではないとなると、どうしても時間割が組みにくくなるのです。実際、受けたいけど時間的に無理だ、という話を聞いたこともあります。

非常勤講師の吉田K弥先生にはまことに申し訳なく、予定を空けていただいたのにキャンセルになってしまいました。
ぜひとも十一月公演には学生と一緒に見学に行きたいと思っています。

ところが、ちょっとしたアクシデントが。
9月27日の本来なら授業があるはずだった時刻のことです。
K弥先生は当然おいでになりません。

      が、

「こんちは~」といって入ってこられたのはいつも手伝ってくれる「ヒロさん」こと吉田M次さん。

      え?

キョトンとする学生、職員。
事情をお話しすると「K弥さんから今日あるって聞いてたのにぃ」。
K弥さんに連絡をお願いしていたのですがお忘れになったらしいのです。
もっとも私も直接お断りのお手紙でも書くべきでしたし、東京でもM次さんには会っていたのでお話しすべきでした。
彼は引きつった笑顔を振りまいて帰り、そのあとK弥さんはひたすら謝ったのだそうです。
M次君、ごめんね。

スポンサーサイト



コメント

はい!(^o^)/

受講したいです!
いいなぁ~。
その授業を受けるために大阪に居を移したいです。
転勤したい。(できません)(T_T)

私も受講したいです!!
学校サボって大阪行こうかしら・・・・。

私も、

吉田K弥先生、吉田M次先生の授業、うけたいなあ。

>みなみなさま

一般の方が咲かしてくださると学生の緊張感もまた違ってきて効果的なのですよ。
でも、学生の体力にはなかなかついていけないかも(笑)。
本当に来てくださる方があれば、聴講生という方法は考慮できるのですが。

行きたい!

先生受講したいです!

卒業してから初めて「勿体無いことした…」って思う授業がどれだけ多いことか。
ああ、門前で演説をぶちたい!
「普通受けられないよ、こんな授業!」
って。

ビラも

藤十郎様、まいど!
mayaribeさんが、門前で「普通受けられないよ、こんな授業!」って演説をぶってる間に、ビラ配りします!!!


じゃあ

聴講生になります!
もう後期は伝統芸能演習やる予定はないのですか?
♪8時ちょうどの~♪夜行バスで上阪します!
詳細を 教えてくたされ、もし、先生さま~!

>みなみなさまagain

どうして外部のお姉さま方にこんなにウケるんでしょう?
学生は何も知らないですから、ちょっと可愛そうではあるのです。
文楽=たいくつという先入観もあるのかもしれませんしね。
外部の方々にはむしろ集中講義的なほうがおいでいただきやすいかも知れませんね。

あ、お園さん。後期はダメなんですよ。
公開講座という形も考えられるかなぁ……。

>どうして外部のお姉さま方にこんなにウケるんでしょう?

きっと、このブログを読んでいるからですよ(笑)

でもまじめな話、授業案内の冊子って結構無機質な内容が多かったり、そもそもあの中からおもしろそうな授業を探し出すのが難しいんですよね。
自分の必修がある日に、丁度よさそうで、かつおもしろそうな物を探すっていうのが、私の周りでは一般的。
なかなか難しいものです。

>さとうきびさん

学生さんの気持ち、よくわかります。
だいたい、授業案内冊子というのはちょっと生真面目に書かないと…というところがあって、ついついいいかっこうをしてしまいます。
さとうきびさんのご意見を参考に、来年度からは雰囲気を変えてみようかなと思案中。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/205-c1195343