fc2ブログ

あなたの席が 

文楽の錦秋公演が徐々に乗ってきた感じです。それでも相変わらずの客席にはさびしくなってきます。
新聞広告は出している、団体の勧誘はしている、ポスターもあちこちに出している。劇場もあれこれ努力なさっているのでしょうが、なかなか実を結びません。

    朝日座

の頃、文楽のお客さんの少なさは今と比べても目を覆うばかりでした。技芸員のほうがお客さんより数が多い、という日々。
それを思えばまだましではありますが、だからといって安穏ともしていられないでしょう。
やはり次に打つ手は企画そのものではないでしょうか?
何年もかけて新作を工夫するとか、稀曲に挑むとか、襲名を次々に打つとか、中堅を前面に出す公演を毎年必ず設けるとか。技芸員さんのやる気を誘い、お客さんに目新しい印象を与え、舞台と客席が一体となるような、たのえばあの

  三世桐竹勘十郎
   襲名披露公演


のときのような感銘をふたたび、と願います。 

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

さて、文楽を観たあと、おしゃべりをする

    だしまきの夕べ

が12日におこなわれます、と申し上げたところ、ご参加のお申し出がやたけたの熊実行委員長やくみツイッター部門担当部長(?)のおかげをもちまして、いくらか集まっていただけそうだということになりました。
今うかがっているところでは、7人程度のご参加がありそうです。いつもだいたい10人前後ですので、やや少なめ。
まだ

    あなたの席

が空いています。
今度の話題のひとつに「私はこんな企画を望む」というのがあってもいいかもしれません。
このブログは文楽劇場以上に(笑)宣伝下手ですので、なかなか参加のお声を集約する力がありません。
今回もくみお姉さんが積極的に働きかけてくださっているのです。
文楽劇場さん、お互い、広報活動の手法を工夫しましょう。

スポンサーサイト



コメント

時々読ませていただいています。関東在住の文楽ファンです。校倉会に入ってチケットを取っていますが、東京の国立劇場のチケットはなかなか取れません。油断すると、いい日がすぐ売り切れです。
先日所用で大阪に行ったので、文楽劇場に行きました。空席が目立ち、びっくりしました。もったいないなあ、近かったら毎日でも通うのに、と思いました。観客の方々は楽しんでいるようでいい雰囲気でした。東京はちょっと気取っているようで、「お勉強」という感じも少々して…。大阪のごくごく普通の感じがいいなあ、と思いました。

♪yukoさん

はじめまして、ありがとうございます。
大阪はキャパが大きく、公演日数も多いという事情もありますが、この11月は寂しいですね。
公演によっては補助席が出ることもありますが、3分の1くらいしか入らないこともあります。
大阪ではもっと地元の人が劇場に行ってほしいですね。最初は鑑賞教室や幕見でもかまわないので、足を踏み入れてもらうように誘いたいものです。しかし大阪はなんとなく文化も衰退気味で、今おこなわれている知事選挙や市長選挙でも文化の復権のようなことは誰も言わないでしょうし、言っても票は入らないのでしょう。
一度私が「文楽都市大阪」を掲げて立候補してやろうかと(笑)思うくらいです。
またいつでもコメントください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2166-686a8613