fc2ブログ

だしまき熱 

豊竹嶋大夫師匠が今日から4日間、舞台に復帰されるとか。
歯を悪くされたとうかがっておりましたので、重病というよりは

    厄介な症状

というところだったのでしょうか。10月22日の東京国立劇場での素浄瑠璃はお菊さんに祟られたわけでもなかったでしょうに、かなりおつらいようだったと承りました。
それにしても、

    復帰

とは、ファンにとっては嬉しいでしょうね。
残る4日間、つつがなく。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

じつは私も今日は第一部に行く予定をたてていました。せめて師匠の

    お元気なお顔

を拝せるはずでした。
ところが、先週の

    だしまきの夕べ

のあと、どうもからだがだるく、火曜日の夜に爆発してしまいました。
39度ほどの熱があり、翌日は休講。
ということはまた「補講しろ」です。
勘弁してほしいです。どなたか文部科学大臣のお知り合いはいらっしゃいませんか。なぜ大学の教員は休んではいけないのでしょうか? そのかわり夏休みがあるじゃないか、って? その間も休んではいないのですが。
こうなったら新聞にでも投稿しようかと、本気で思います。

スポンサーサイト



コメント

休講

大学の先生がお休みしても、代講はありませんよね。中学・高校の先生むと変わりにその科の先生が代講しますよね。それが理由では?今の文科省は講義の回数を異常に気にしていますよね。なぜなのか・・・?
お体にお気をつけ下さい。何よりも御自分の健康が第一です。

♪yukoさん

そうなんです、「1回代わって!」「OK」「今度また代わるから」・・・というわけにはいかないのです。
でも、祝日に授業させる文部科学省なんてバカバカしいかぎりです。
どうでもいいですが(笑)、欠勤すると「有給休暇」が減ります。でも休日に授業しても、土曜に補講しても手当は当たり前のように出ません。頭もフトコロも貧困化するわけです(笑)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2178-1f2f2385