fc2ブログ

がんばれ、大阪 

大阪府、大阪市の首長のW選挙が終わりました。
結果は

    大方の予想通り

ということでした。
あくまで地方選挙で、私には選挙権もありませんから傍観するばかりでした。府民、市民の方が選択された結果ですから、文句のつけようもありません。
それにしても、私の周辺の方々の意見と選挙の結果がここまで食い違うというのは、春の東京都知事選挙もそうでしたが、不思議でさえあります。
私の周辺の方々の共通点とはなんだろう、と考えてみると、やはり趣味人、教養人が多いということになりそうです。仕事柄教育者も多いのは当然です。となると、やはり「比較的」ということではありますが、倉田さん、平松さん支持層になるのでしょう。
雑誌

    「上方芸能」

では木津川計さんが橋下さんを猛烈に批判して、やはり平松さんを「消極的支持」していましたが、そういう方が多かったような気がします。
木津川さんがなにより許せないのは橋下さんの無教養ぶり、文化に対する無理解だったようです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

私は橋下さんがタレントであったことは知らなかったので、前回の府知事選挙の時、なぜこんな弁護士が圧倒的な人気を持っているのか、よくわかりませんでした。
名前もずっと「ハシシタさん」だと思い込んでいたほどです。
かろうじて、知事になってからの教育や文化に関する発言を拾ってきたのですが、たしかに理解のない人だとしばしば感ずることがありました。
文楽劇場の楽屋で姿を見た時の、一般人に対する横柄な態度と権威の前にはひれ伏す態度の二重人格的行動も目の当たりにしました。
文楽を観て

    日本を観た

とだけ感想を述べた時はほんとうに教養のない人だと思いました。
教育基本条例なんて大阪の教育者は完全に馬鹿にされたようなものです。なるほど教育者の中には、言葉は悪いですが

    ろくでなし教員

がいないわけではありません。でも、大半の教員は自分の能力の範囲で、精一杯尽しているのですけれどもね。新しい知事にはせいぜい現場に足を運んでその苦労を知っていただくことにしましょう。また、新しい知事が文化に対して無理解な人なのかどうか、私はまったく知りません。そうでない事を願います。
それにしても、市民には、そして府民には圧倒的に支持されているのも事実。
今回も磐石の態勢で終始優勢のまま投票日を迎えたのでした。
この多数の支持を裏切ることなく、よき政治家として奮闘していただくほかはありません。
私の周辺の「ガッカリ組」の皆さんもどうか今後の大阪が間違った方向に行かないようにしかと注視し続けていただきたく存じます。
さしあたり、新しい知事さんには初春に文楽劇場に行っていただき、大いに宣伝していただきましょう。

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

大阪知事選

選挙結果は、仕方が無いと諦めます。
無駄使いを全面にしてましたが、任期途中なので、来年また府知事選挙があるんです。
やはり、結果は、同じでしょうかね。

♪管理人のみ・・さん

コメントありがとうございました。思うところはいろいろですね。

♪花かばさん

知事選のほうが差が大きかったですね。
この結果でよかったという日が来てくれることを願うのですが・・・

冷静に見ることが必要と思います

一部の怠慢な仕事振りを取り上げて、あたかも全体かのように拡大して見せて叩く。
そして、このような仕事振りを許さないために改革しかありません!
という手法は、小泉さんでバレバレになったのかと思ってました。
結局のところ、小泉さんも、大阪府知事も、いったい何をしたの? 国民や府民のために何を残したの? という冷静な目が必要だと思うのです。

♪やたけたの熊さん

これは負け惜しみかもしれませんが、民意という言葉にもだまされてはいけません。民意だから職員は従えとのことですが、267万人の市民の総意が市長を後押ししているわけではなく、やはり共感しなかった4割の人たちの意見を無視するわけにはいかないでしょう。
「~して当然」という論法にも眉につばをつけておかねばなりません。
大阪市の皆さん、やはり大阪は京都、神戸と並んで関西の中核をなす町です。どうかしっかり新しい市政を見守ってくださいますように。

文化は守るもの

新市長がさっそく補助金削減に手をつけるとか。
文楽協会、大阪フィル・・・

文化を市場経済にゆだねると、衰退します。
文化が衰退すると、人が人らしく生きることに支障が出るので困ります。

♪やたけたの熊さん

新府知事も知性も教養もない人なんですかね。残念です。
もうこうなったら文楽本拠地引越し作戦。明日の記事にしますぞ(笑)。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2186-4b6cbcdf