fc2ブログ

だしまき新年会 '12 

昨日は1月7日、年に4~5回の

    だしまきの夕べ

でした。ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
文楽初春公演はまだ序盤ですが、そろそろ舞台も安定してきたでしょうか。
1公演に3回観に行くとした場合、私はだいたい4、5日目に行って、そのあと1週間おきくらいにいくのが普通だったと思います。
今年はペースを落として前後半各1回ずつ拝見するのがいいかな、と思っています。
だしまきの夕べに日程を合わせて1回、あと1回はひとりでこっそりと(笑)。
楽屋にお邪魔するのも極力ひかえて、客席からひとすじに拝見したいと思っています。それが

    本来の観客

の姿ですよね。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

さて、きのうの雰囲気はどんな感じだったのでしょうか。
実は、私はまた欠席してしまったのです。酸素がじゅうぶんに行き渡らない時に現れる症状が歩くことすら許してくれませんでした。
病院では医師が「よくないから来週も来るように」と言います。面倒ですがしかたがありません。
昨日は、

  初めてお目にかかれる

はずの方もあったのですが、ただただ残念です。
なんだかねぇ、あんたなんかもう文楽劇場に来なくていいよ、と言われているみたいです。
それはともかく、昨日はいかがでしたでしょうか?
きっと大いに盛り上がったでしょうね。また教えてください。
さて、私は今年まだ文楽を見ていません。多分

    水曜か木曜

になると思います。八重の見比べをしたいので、前半のうちに必ず1回は行きます。
それにしてもしんどい年明けです。

スポンサーサイト



コメント

噂によると

○きたるべき30周年が話題に。「何周年の記念がいつも義経千本桜である必要はない、忠臣蔵でも菅原でもええやないの」「菅原の大序が観たい」というところから、菅原通しの人形配役を勝手に相談。千本の人形配役も勝手に相談
○「30周年の2014年は冬合戦400周年でもあるんだから近江げ…」「ハイハイまた始まった」
○「5月の東京は薄雪だといいなあ」なんて話。
○玉三郎のインナーマッスルの話。
○歌舞伎の子役の年齢や体重の話。
○「鰻谷最後に出たのいつだっけ」「2006年だからまだ6年」「守宮酒前回いつだっけ」「2005年だからまだ7年」「それより飯原館……」
○「おさんって反射神経の女性だよね」「走りながら考える女性だよね」「でも商売人はあれくらいじゃないと商機を逃すから」「でも妻が優秀すぎると旦那はイヤだよね」
○「橋本のおてるだってなかなかすごいよね」

などという話があった模様です。ちなみに上の文の著作権はえるさんにあり。盗作で訴えられたら削除します。

追加

○「なんで又助住家の前に筑摩川つかないの?」
○5年後・10年後の千本桜の配役
○若手素浄瑠璃(親しむ会)の尼ヶ崎はなんで後半だけなん?
○呂大夫さんの私服

など(これもえるさん)

○男性が少ない(花かばさん。発言者は遠来の女性)

追加

○今年のキーワードは「一段通し」。
・寺子屋はひとり語り切って、息が上がりそうになりながらの「いろは送り」が具合がよい。
・目先のところだけ考えながら語っていたら味がでない。一段分考えながら語らないと。
・政治もおんなじ。目先だけで選んでたら失敗するよなあ。

○玉五郎さんは、目が見えていたとずっと思っていたわ。人形の角度が常に決まっていたし、まさか晩年盲目だったとは・・・

○1月22日14:00~ 西宮神社で淡路・徳島の人形浄瑠璃。会員のひとりがチラシを配る。
http://awajoruri.blogspot.com/2011/12/122_28.html
・でもこの日は行けないんやなあ。わたしは仕事
・わたしは法事
・わたしはラグビー観戦とどっちにするか迷っているねん・・・

○次回のだしまきは・・・4月21日予定

2014年は…

ご無沙汰しております。コメント失礼しておりましたがほぼかかさず拝読、ご健康案じておりました。
今年も藤十郎様はもちろん、ここに集う皆様のご意見、ご感想楽しみにしております。

30周年は初代竹本義太夫400年忌でもありますね。太夫三味線の方々中心に何かお考えになっているのかとも思います。人形浄瑠璃の長い歴史に寄与した人々は数あれど、義太夫その人なくして今日まで伝わる姿はなかったでしょう。観客としてもその年に向けて期待するところ大きいです。

すみません…

「400年」と書いてしまった気がしますが、300年(1714年没)ですよね。失礼しました。

♪やたけたの熊さん

追加メモをありがとうございます。
今年中に切語り4人中3人が80歳を超えるという空前の事態が訪れます。ますます一人で一段通すのは困難になりそうですね。
無茶かもしれませんが、この公演ならトップお二人は七福神(あるいは千本の道行)と切場(たとえば平太郎住家)を前後半交替にするくらいでもいいと思っています。
で切語りの次の人にもっと語ってもらう。
ご本人が納得されないでしょうかね・・・。

♪nanasinonaさん

今年もよろしくお願い申し上げます。

そうですね、30周年が義太夫300年、40周年が近松300年。劇場も必ず考えていらっしゃるでしょうね。
ついでにいうと住師匠90歳、100歳記念。
年間を通して盛り上げたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2230-477f7e53