fc2ブログ

あっちこっち 

インターネットなんて20年ほど前は無縁なものでした。
当時、パソコンを使うのはもっぱらデータベースを作ること。私のような、平安時代の文学研究などというと

    索引作り

が欠かせない仕事なのです。
そのためにデータをバンバン入れていって、あっというまに並べてくれるパソコンは重宝しました。
20数年前に作っていた索引は、NEC5200というのを使って、データは5インチ(5.25インチ)のFDに入れて同業者とやりとりをしていました。
阪神大震災の頃、つまり17年前に作っていた索引はACCESSを使っていました。あのときのOSはウィンドウズNTだったと思います。この索引は私家版で公にして、多分国会図書館にも入っているはず(笑)。
文楽評の原稿を始めた頃は12年前でしたのでもうワードを使って書いていました。でも、まだ

    プリントアウト

して送っていたのではなかったかな? 
私はメールを使っていましたが、某雑誌の(笑)編集部がまだだったような気がするのです。
ほんとうにこの15年の間にパソコンとのつながりは深まってしまいました。まだスマホを使っていない私は、パソコン頼みの状態が続いています。
機械音痴なのに、ブログだのmixiだのツイッターだのFACEBOOKだの、いつの間にか泥沼にはまりつつあります。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

この泥沼から抜け出したいという気はあるのですが、現実がなかなかそれを許してくれません。
ある大先生からいただいた年賀状にも「FACEBOOKを始めた」と書かれていて、ついその大先生と「友達」になってしまったり(笑)。
ところが、あっちこっちに名前を出していると、こっちのページで書いたことをあっちのページで答えたり、ということが時々起こります。
つまり、あるSNSを本拠地にしている方が、私のブログをご覧になって、そちらで意見を書かれる、というような場合です。
最近も、ブログを読んでくれた旧友が、ツイッターで

    文楽評

について、ちょっとしたねぎらいの言葉をかけてくれました。
また、先日こちらでツイッターのみのお付き合いの方のことを書きましたら、そのかたが読んでくださったらしく、あちらで

  「まさか? まさか!?

のメッセージ」に驚いた、という意味のことを書いてくださいました。で、ツイッターで声をかけてくださったこのお二人には、やはりツイッターでお返事をした次第で、そのことをまた今日ブログに書いた、というややこしいお話です。

SNS、ブログ、ツイッターなど、すべての場でご一緒という方はいらっしゃいませんから、あちらで書いたことをこちらで話すときはおことわりもしなければなりません。
ややこしいといえばややこしい、でも、20年前にはできなかった交際ができている、ともいえるので放置もできませんね。

スポンサーサイト



コメント

時代に乗り遅れています

先日やっとiPhoneデビューしました。
友達がFacebookやTwitterへ誘ってくれるのですが、なかなか踏み出せませんσ(^_^;)
私はmixi好きなんですが、衰退していく予感がします。

藤十郎先生、全部制覇ですね?

♪ベー娘さん

制覇といっても形だけです。使いこなしていないので。事実上ブログとツイッターだけです。mixiはご無沙汰・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2232-70f08cdd