fc2ブログ

来年度の講座 

一昨日、平成23年度の正規の授業が終わりました。
「正規の」と付け加えたのは、まだ補講があるからです。
それにしても、とりあえず今年度もなんとかここまでたどり着いたという感じです。

    あっぷあっぷ

しながらではありましたが、ほっとひと息です。
週に6コマの授業と1コマの公開講座。高校教諭並みの時間がかかる授業を3日でこなすので、かなりくたびれました。
来年度はコマ数を減らされますので、公開講座を1コマ増やしてみようかと思うのですが、テーマを思いつきません。
以前、「御堂関白記(藤原道長の日記)を読む」「文楽人形を遣いましょう」という2講座の開講をアナウンスしたのですが、受講申込者が少なくて

    断念

したことがあります。
「御堂」はリタイアされた男性を、「文楽人形」は40代くらいの主婦層をターゲットにしたのですが、皆目ダメでした。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

講師がお粗末な上に、吹田市の北の果てというロケーションもよくないのかも知れません。宣伝も下手なのだと思います。
「文楽人形」なんて、劇場にチラシを置いてもらえたらそれなりに集まっていただけるかも知れませんが、難しいでしょうね。
今は

  伊勢物語と紫式部日記

を読んでいるのですが、伊勢物語は来年度前期で読み終わります。
そのあとをどうするかも問題です。「源氏物語」は他の先生が担当していて、重複を避けようということになっています。

    大和物語

はどうかな、と思うのですが伊勢物語に比べるとネームバリューがありません。
ただ、仕事場の図書館に大和物語の板本がありますので、あれを使うのも悪くはないと思っています。
土日に開講することも考えてもらったらまた異なった受講者層を発掘できるのですが、これもダメだろうな?
意外に制約の多いものです。
もうあまりあれこれ仕事をすることもできませんので、せめてお一人でも多くの方に古典文学の楽しみをお伝えしていくだけでも続けたいと思っています。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2239-03b2cba7