fc2ブログ

ブンカジンの唄 

文楽を観る人は文化人だとかインテリだとか思われているとしたら、はっきりいって勘違いでしょうね。
私の周辺にはなるほど語学の達人とか香具師評論家とか園芸のベテランとか鉄の精錬方法を教えていらっしゃるらしい(?)博士の先生とか、いろいろいらっしゃるわけです。
しかし、基本的には文楽好きの

    ミーハー

だらけ。
とりまきが多いなんていわれたら、タカラヅカなんてどうなるのでしょうか?
ご存じのように、宝塚歌劇場の前ではファンの方が入り待ち出待ちをするのは当たり前。そのスペースまであるくらい。
文楽も出待ちする人はありますが、まあ少ないですね。
文化人というのはテレビ用語のようなもので、ああいう言葉を使ってからかうのはやはりテレビ出身者だなと思います。
それにしても市民の多くは文化人ではないと言っているようで、それはそれで失礼な話じゃないかとも思います。
しかしまあ、あんまり真正面から文句を言ってもぬかに釘でしょうから、関西人としてはおちょくりたくなってしまうのです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

昨日(8月5日)はかんかん照りではなかったので、必要があってまた道修町を歩きました。
なまじ日が照っていなかったので調子に乗って歩いたら、やはりからだはカッカと燃えるようでした。水分は持って歩き、歩いては飲み、歩いては飲みしましたが、暑かったです。
で、頭も破壊されたので(笑)、帰りの電車で

    「ブンカジンの唄」

でもつくろうかなと思って、梅田から宝塚までの間に替え歌を作っていました(へんなヤツでした)。
ではまず「はちが飛ぶ」の替え歌。

  ぶん、ぶん、ぶん、ブンカジン
  自分でいう人いるわけないのよ
  ぶん、ぶん、ぶん、ブンカジン

  ぶん、ぶん、ぶん、ブンカジン
  おしばいきらいな人らが言うのよ
  ぶん、ぶん、ぶん、ブンカジン

二曲目は「おさるのかごや」。こちらは昨日ツイッターで書いたらイマイチわかりにくいようでした。

  エーッセ、エーッセ、エセ、エセ、インテリ
  お猿のまねしたわけじゃなし
  人形浄瑠璃見ただけで
  おべっか、提灯持つだけと
  ソレ弁護士センセにいたぶられ
  ホーイホイホイ、似非インテリ

オソマツでした。

スポンサーサイト



コメント

口ずさみました

藤十郎様
ナイスです!!おもわず口ずさみました!!
流行歌じゃなくてよかった。最近の知りませんから。

ああ言えばこう言うですね。あの方は。
もういっさいマスコミも無視してしまえばいいんじゃないでしょうか。
スポットを浴びたいんだろうから、凹むこと間違いなしです。

伝統芸能だから「文化人」と言われるんでしょうね。
「歌舞伎ファン」と公言したら賛辞の声を浴びれますが、
「ヅカファン」と言ったら、絶対に引かれます。何故?(笑)
文楽はそこまでメジャーじゃないのか、まず「それ何?」と聞かれますが…。

今回の攻撃をヅカに向けたら、ただじゃすまないですよ。
引き釣り下ろされてボコボコにされると思います…。
チケットも買い占めるでしょうね。連日完売にします!!
情熱とお金の掛け方が半端ないですからね。
だからと言って文楽でそんなことをしたら、
「1部の人だけリピートしてる」とあの方から言われてお終いですけど。

ミーハーですか…。それにしてはやはり大人しいと思います(笑)

♪かしまし娘さん

ご心配なく! 流行歌など、私の方がはるかに無知ですから。
文楽ファンもミーハーさん、多いですよ。というか、文化人までミーハー化させる文楽、という感じです。
彼は無視されないように必死にネタを振り撒いているので、マスコミも強制的に追わされているのでしょうね。
新聞もスキャンダル追っかけ週刊誌に近づいているようです。

ぶんぶんぶんの方が

のどかな感じがして好きです。

あの人に対抗するには、ゆったり、まったりの上品さが必要でございます。

わたくしなどは、
お人形がきれいだから好き
なぜか泣けるから好き
すごく素晴らしいと感動しているのに、疲れているときに行くと、なぜか寝てしまう住大夫師匠の声の不思議が好き
・・というような好きで、何のツッパリにもならないので、シュンとしてます。

♪りゅうみんさん

劇場からの帰りの電車で思いついただけのもので、オソマツ極まりなく、お恥ずかしい次第です。
住師匠で寝るという人をけっこう知っています(笑)。でもこれほどの贅沢はありませんよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2464-058edc7f