fc2ブログ

心配しないでね(笑) 

ちょっと今日はきちんとした記事が書けそうにありません。
実はこの3日間喘息発作で点滴に通い、ゼイゼイ、ヒューヒュー。
授業はかろうじてこなしているのですが、それ以外の仕事はサボリ気味(まあ、いつもと変わりませんが)。
点滴のおかげで、なんとか歩けるようにはなってきました。
心配しないでくださいね(え? してない? してくださいよ!)。

さらに今日は耳の病院も行かねばならず、午後は会議、会議。
会議には間に合わない可能性も大。
参ったなぁ、まずいなぁ、怒られるなぁ。

寝ている間はやはり本を読むのが一番。
歌舞伎ファンの方々にはおなじみの

      松井今朝子さん

の本(小説)を4冊ばかり読みました。この機会にまだあと2~3冊読むつもりですが。

松井さんは本当にいろいろよく調べられて、面白い小説をお書きになります。ただ、もうひとつ人物が浮かび上がってこないのはなぜなのでしょう? とてもいい作品なのですが、ほんの少し消化不良なのです。
つまるところは私の文学的センスのお粗末さのせいだと思いますが。

    仲蔵狂乱
    東洲しゃらくさし
    幕末あどれさん
    奴の小万と呼ばれた女
    一の富
    非道、行ずべからず
    似せ者
    二枚目
    銀座開化事件帖
    辰巳屋疑獄
    家、家にあらず


何かお読みになりましたか?

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑たまにはクリックよろしく(笑)

スポンサーサイト



コメント

全部拝読しています。

>藤十郎さま
読書もイッキ読みしないと…。
さすが深読みなさっておられます。
お若い頃から全作品拝読している作家さんは塩野七生さんだけですが,松井さんの上記作品はなぜか全部拝読しています。皆川博子さんも一時,花闇など歌舞伎の世界が多かったですね。
文楽は一の糸以外勉強不足で存じ上げません。また,ご教授くださいませ。

>おとみさん

松井さんは知識も豊富ですし、調べることが大好きでいらっしゃるように思われます。
それはとても素晴らしいと思うのですが、たとえば「銀座開化事件帖」では綾という女性のイメージなど、どうもすっきりしないのです。
でも、とても楽しく一気に4冊読んでしまいました。
おとみさんはブログで「仲蔵狂乱」を紹介していらっしゃいましたよね。お芝居をあれだけたくさんご覧になった上、ずいぶん読書家ですよね。見習います。
文楽の本、またそのうちに記事にしなきゃいけませんね。

大丈夫ですか?

あまり御無理をなさらないように。。
すっすみません。
私、司書なのに・・
ひとつも読んでいません。
結構ベストセラーでよく予約が入るものですからついつい読まずにきてしまいましたー。
予約、入れます。
←買えって?(笑)

>るるるさん

司書なんですか! 学生があこがれる仕事です。
ちなみに私もすべて図書館でお借りしています(笑)。
図書館サマはほんとうにありがたいです。

知らない世界

喘息、辛いですね。
皆さんと同じく、とっても心配です。(笑)
と冗談抜きで、早くよくなってくださいね。

その本、自慢ではないですが私の知らない世界・・・
図書館にあるんでしょうね。
今度読んでみよう。

>おそらさん

松井さんという人はもともと歌舞伎の制作などをしていた人なのです。
さすがにその道のことには詳しいですから、面白さは格別です。
「一の富」「二枚目」など、短編連作で気軽に読めるかもしれません。
また面白そうな本がありましたら、おそらさんも紹介してください。

お大事に

藤十郎さん
喘息は苦しいですよね。本当にお大事になさって下さいね。

松井さんのご本、何冊が読んでいます。おっしゃるように松井さんは○竹で歌舞伎のお仕事をなさっていたので、その方面は非常にお詳しいですよね。演芸場(国立)で何度かお姿を拝見した事があります。

お大事に

藤十郎さま
いつもブログ、愉しく、またなるほどと思いながら読ませていただいています。
喘息とのこと、こういう時期はお辛いと思いますが、養生してくださいね~。ミ(`w´彡)

>戸浪さん

松井さんに限らず、早稲田大学の演劇学部はいろんな人材を輩出していますね。
私ももう少し文楽に目覚めるのが早ければ目指していたかもしれませんが、まあ、あそこまで立派な人たちがいらっしゃると気圧されてかえって何もできなかったかもしれませんが。
演芸場で会われるんですか! 松井さんも戸浪さんも熱心ですよね。

>さとうきびさん

今は台風は来てないですよね?
このところはやはり特に原因の無いストレスみたいです。
これから2月までかなり忙しくなり、また寒くなるのがつらいですね。毎年のことながら要注意の時期です。
さとうきびさんはお元気そうですが、ご油断召さるな(!)

うっかりさとうきびさんのコメントを消してしまいました!
ごめんなさい!!!

台風が近づくと喘息にはよくないと思うので気をつけてください、という内容の温かいお見舞いを頂いたのです。ほんとうにごめんなさい。

>rudolf2006さん

けっこういいかげんに書いていますので、間違いも多々あると思います。どうぞよろしくご叱正ください。
rudolfさんのHNはゼルキンとは関係ないんですか?

心配です

昨夜遅くにコメント書いていたのですが、PCの調子がわるくてやっぱり送信できていませんでした。
私は小児喘息やってましたので、お察しいたします。季節柄ということも、ありますよね。
お大事になさってくださいませ。
松井さんはお名前はお聞きしたことがあるように思いますが、読んでおりません。この機会にぜひ!
私も、予約するひとです…。
私が住んでいる区は最近はPCから予約できて便利です。

>mainaさん

昨夜どうもブログ自体の状態がよくなかったような気がします。他のかたのところはうまくは入れたのですが。
呪われてるのかなぁ…。
このごろは何でもPCで済みますね。私のところも去年カードを更新に行ったら予約できるから登録してくださいと言われました。
こんな田舎町の図書館なのに!と思いました(笑)。
松井さんの本がこの記事をきっかけに読まれるようなら嬉しいです。思いがけないことでした。

rudolfですが

藤十郎さま
お返事ありがとうございます。

私のHNですが、尊敬して已まない、ルドルフ・ゼルキン師のRudolfを拝借しております。鴈治郎をもじって、雁次郎(初代の旧名だと)にしようかと思ったんですが、畏れ多いかと~。それで、rudolf2006を名乗っております。m(_ _)m

>rudolf2006 さん

「ゼルキン師」というのがいいですねぇ。
私もゼルキン、好きでした。なんだか桁違いのピアニストという印象を持っています。

季節の変わり目は体調を崩しやすいですから、ご無理なさらないでくださいね。
松井さんの本は私も一冊も読んだことがありません。今度読んでみようと思います。

>おかしやさん

ありがとうございます。
おかしやさんは江戸の専門家ですから読み方が違うかもしれませんね。それにしても、松井さんから感謝状でももらわなくちゃ・・。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/247-bef83fae