fc2ブログ

ぼやく左利き 

時々大声でぼやきたくなります。

  「左利きで悪かったな」

と(笑)。
なにしろ、不便なことが多すぎるのです。
電車に乗る場合のきっぷを売る機械(「券売機」だと、どうも券が機械を売っているように見えてしまうので私はこの言葉は使わないのです)のコイン投入口その他。児童改札機の切符投入口、銀行に入ったらATMの機械操作キーの位置、手で触れて開ける自動ドアの「触れてください」の位置等々、家にいたら家にいたでパソコンのキーボードもrangeのガスコックも水道の蛇口もハサミも、その他あれこれ。
私は右手で字を書き、右手で箸を使いますので、あまり目立たないかもしれませんが筋金入りの左利きです。要するに箸とペン以外は左なのです。
箸は右でもスプーンは左。ナイフも左で使いますから、逆にフォークは右。
指揮者が指揮棒を左手で振るとやはり楽員さんたちは面食らうでしょうか。

左利きの

    メリット

はいろいろあるのです。野球でピッチャーをする場合、左利きは役に立ちます。特に相手打者が左利きだとかなり嫌がられるのです。一塁手も左のほうが守りやすい。打者になると、バッターボックスが一歩右打者より一塁に近いので、セーフかアウトかぎりぎりの場合、セーフになりやすいし、相手野手にプレッシャーも与えられます。
その他、他人の意表を付く、という場面では野球に限らず案外有益です。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

この間、家に黒衣を持って帰ってアイロンをかけました。
近く幼稚園でおこなう文楽人形劇の準備です。
黒衣は、ご承知の通り

    ワンピース

です。ですから、上半身と下半身の部分をばらばらにアイロンがけするわけにはいかないのです。かさばってしかたがありません。また、うちのアイロンはコードつきのものなのです。このコードが手に引っかかってさらに面倒です。
どうしてこんなに引っかかるのだろう、私はやはり不器用なのだな、と諦めながら

    悪戦苦闘

していました。そのときふと気づいたのです。アイロンに付いているコードが微妙に傾いているのを。もしこの傾きが逆だったら使いやすいのにな。
そして、「あ、そうか。ほとんどの人はこの方が使いやすいのだ」とすぐに連想が働きました。
右利き用に作ってあるからですね。

アイロンよ、お前もか。

スポンサーサイト



コメント

右利き

の私が言うのもナンですが。
器具を含む世間一般が「右利き仕様」というのは左利きの方はさぞご不便かと推察します。
全くの私感ですが右利き仕様は着物の影響もあるのでは?と最近思います。

ご存じの通り着物の打ち合わせで「左前」は亡くなった方の経帷子のみ。「左前」という語句は「会社が左前」等現代でも使いますが(中高年以上しか使わない?)マイナスイメージを伴う言葉ですよね。

着付の先生が着物初心者に(着物の打ち合わせに迷ったら)右手が懐に入る方を上(つまり自分の右側が下、左側が上)になる様着なさい・・とはしばしば注意する事柄です。
昔は懐に貴重品を入れていたりしたので、自在に右手が使えないと困る⇒右手が利き腕となったのかも(?)ですねぇ。

♪戸浪さん

発想がいかにも戸浪さんらしいな、と思いました。
逆に、反対側から来るスリは手を入れにくそうですね。
車の運転席(右ハンドルの場合)にいると、左にあるカーナビの操作はしやすいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2532-6ce4c31e