なぜ幼稚園? 

今年も幼稚園に行ってきましたが、

  そんなことをして何になるのか?
  子供だまし
  自己満足

という言葉が頭の中にないわけではないのです。
研究業績になるわけでもないし、大学の仕事でもありません。
ただ、私はなんといわれようと幼稚園児に文楽人形を見せるという、ただそれだけのために時間を費やしているのです。他に目的などありません。
「文楽の振興に役に立つ」「明日の文楽ファンを育てる」そんな意識はかけらもありません。結果的にそういうことになれば嬉しい、という程度のことです。

    自己満足

といわれたらそれもよしです。ただし、子どもを騙しているつもりはありません(笑)。
私の働いている大学には児童学科があるのです。本当はここの学生にこういう催しをして欲しいのですが、私は外部の人間なので働きかけることもできず傍観しています。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

実は、事情には夜のですが、来年もまた来てくれないかとかの幼稚園から言われています。まだ先のこととて何ともいえませんが、望まれるのであればぜひ、という気持ちはあります。学生の手助けがないのは変わりませんが。
去年と今年では中味を替えました。それは、去年年少であった子どもがまだ年長で在籍しているので同じものを見せるわけにはいかなかったからです(この幼稚園は二年保育)。
もし来年も実施するなら、昨年のものを見せれば子どもには

    新しいもの

になります。しかし、どうせなら第三作を作りたいという気持ちもあります。仕事にあふれていますので、暇はあるはずです(笑)。
ごんべえさんは山に登り、池に来ました。今度はどこに行ってもらいましょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2579-c324ed8f