奈良新聞 

最近、私は社会の情報をほとんど新聞とネットから得ています。
ネットというのは、信頼できる方からツイッターやFacebookを通して頂戴する情報です。
新聞は全国紙しか読んでおらず、果たしてその情報にどれほど信憑性があるのか、最近かなり

    疑心暗鬼

になっています。
特に政治がからむと、どうも眉つばの記事が多いように感じます。
昔、佐藤栄作さんが総理大臣を辞する時、その記者会見で「テレビカメラはどこかね?」と言い出し、「偏向的な新聞は嫌いなんだ」といって、ついに新聞記者が退場しました。あの時私は「偏屈な人だな」と思っていたのですが、最近なんとなくわかるような気がします。文字になると記者の文章になりますから、「そんなこと言っていない」「そういうつもりで言ったんじゃない」ということがしばしばあります。私も何度か新聞記者さんに話をしましたが、記事になったのを見るとどうも違うのです。テレビでもそうです。やはりプロデューサーやディレクターの

    思いこみ

があって、編集で言いたいことがまるごとはずされて思いがけないことが流れることもあります。私も民放の番組でその体験があります。
そんなこんなで、最近はもう全国紙を読むのをやめようかという気にもなるのです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

関東の方にうかがうと、あちらの地方紙である

    東京新聞

の評判がよいのです。そういえば、東京新聞は古典芸能にも関心が深かった、と思い出します。
関西にももちろんたくさんの地方紙があります。神戸新聞、京都新聞、大阪新聞、奈良新聞・・・。
そうそう(とわざとらしく言う)、奈良新聞といえば12月1日にこんな記事がありましたよ。

幼稚園

見出しは「古典芸能 見て触れて」「奈良・富雄第三幼で文楽披露」「住民、保護者ら練習重ね」となっていて、その記事は

   子供が古典芸能に触れる機会にと、奈良市
  帝塚山2丁目の市立富雄第三幼稚園で30日、
  同園育友会が「文楽であ・そ・ぼ」を開いた。
  同催しは昨年に続いて2回目。地元のボラン
  ティアや保護者が(中略)練習を重ねてきた
  文楽を園児に披露、園児を喜ばせた。
   人形の説明やクイズ、小道具の紹介なども
  もあり、子どもたちは実際に文楽人形に触れ
  るなど、楽しいひとときを過ごした。
   北田園長は「地域の人々の協力を通して昔
  ながらの伝統芸能を園児に身近なものとして
  親しんでもらえれば」と話していた。

というものです。「文楽を披露」と言われるとちょっと違うと思うのですが、まずまずきちんと書いてくださいました。私が目指しているのは文楽人形の紹介で、催しは「文楽」ではなく「文楽人形劇」。人形劇なのです。
しかし、こういう地方紙ならではの紹介記事はやはり嬉しいです。
ちなみに、奈良新聞は約11万部。この日の一面トップは「奈良市会代表質問。一面その他は「上北山村の村長選挙」「天川村の村議会議員選挙」など。紙面は全部で12面でした。

スポンサーサイト

コメント

奈良新聞

 懐かしいですね。私はこの新聞の前名「大和タイムズ」の時代も知っています。地元密着の新聞で、友人が編集していたこともあります。
 いまでもJR奈良駅近くに本社があるのでしょうか?

♪まゆみこさん

「大和タイムズ」といっていたのですか!? さすがは元地元民ですね。
そういえば私が広島市西区の短大に勤めていたとき、「西広島タイムズ」という地域誌がありました。
本社は近鉄新大宮の北にあるようです。

東京新聞

関西に住んでいるわたしが、東京新聞を購読できないものかと本気で考えたことがあります。子供のころから読み続けているA新聞が、政府広報機関紙のようになってしまい、なかば読む気が失せています。

琉球新報、沖縄タイムスもいいですね。これぞジャーナリズムという気がします。

♪やたけたの熊さん

いろいろ目を通されるのですね。
私は新聞しか頼れず、にもかかわらず、最近は不信感が強まり、の状態です。
本当は生で話を聞きたいのですが。

ブロック紙、地方紙、

私の家では九州のブロック紙のN新聞、昔はフクニチ、と言う福岡の地方紙が有りましたが何時の間にか廃刊となり、事実上の福岡県の地方紙、です。

しかし、おべっか記事ばっかり、如何にも我々の意見は九州の意見だ、と言う思い上がりが激しくて、と感じるのでどうも私と反りが合居ません。
更に月末の夕刊に東京、関西、名古屋、の舞台情報を載せて居る割には勘三郎さんの追悼記事を共同通信の記者に任せるとはどういう事だい、と。

実はそのブロック紙よりも九州各県のそれぞれの地方紙が強いのでありまして。そう言う事を福岡人は知らないのです。

余談ですが、滋賀県は京都新聞と中日新聞両方ある、と言うのが驚きでした。

♪しろくまさん

地方紙で面白いのはやはり地元意識。
広島にいた時、「野球とは広島カープである」といわんばかりの新聞やテレビがおもしろかったです。サッカーはサンフレッチェ。
私の住むあたりは地方紙と言うと何になるのかな? 大阪新聞じゃないし、神戸もちょっと遠いし。阪神タイムズなんて創刊したらもうかるでしょうかね?

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2586-a15f12e9