3号神戸線 

ずいぶん昔、まだ車の免許も持たなかった頃、昼間、AMラジオを割合によく聴いていたのです。
すると、関西の道路情報が耳学問として詳しくなりました。
道路交通情報センターからのインフォメーションが、ニュース、天気予報とともに流れてきたからです。
阪神高速14号松原線、

    喜連瓜破 (きれうりわり)

の出入口なんて、これで覚えました。
しかし、実際に自分が走ったわけではないので外国のような感じでした。
ところが、大きくなって(笑)車に乗るようになると、かつて聴いた交差点や橋の名前が目の前に現れるのに驚き、「あのときラジオで言っていたのはここなのか、なるほど渋滞するね」なんて喜んだり(笑)もしました。
阪神高速の線の名前も、走ることでいくらか覚えました。とはいえ、私はめったに車で都会には行かないので、1号(環状線)3号(神戸線)5号(湾岸線)11号(池田線=一番よく使う)13号(東大阪線)14号(松原線)くらいかなあ。
先日、久しぶりに

    3号神戸線

を走りました。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

以下、極めてローカルな話題です。
昔の西国街道と並んだり交わったりする国道171号線で門戸厄神から札場筋(西宮市)。産所町にあるNTTの傀儡師の像、西宮神社を横目に阪神高速西宮入口から入って芦屋から神戸方面へ。この高速は阪神大震災で倒れたことでも知られています・・・。
私の住む田舎町よりはるかに歴史のある地域ですから、ついよそ見をしたくなりそうです。
高速から左には、

    酒蔵の街

があります。わが愛飲の白鷹もこの辺り。日本盛、白鹿、神戸市には桜正宗、白鶴、菊正宗、剣菱・・・。そんなことばかり考えていてはいけませんが。やはり左には高い位置に湾岸線。見下ろされる気分です。
山側は割合に都会的で落ち着きを、海側は生産的で活気を感じます。
芦屋市はあっという間。神戸市に入ると混んできました。摩耶、生田川、京橋、柳原、湊川などの出入口は神戸の中心地。それを越えると、離宮公園近くの月見山。ここからは第二神明道路。須磨寺などかこのあたり。
途中で降りたい!

    源氏物語

には須磨巻、明石巻がありますが、光源氏はこの辺りで二十代にして隠居暮らし。在原行平はここに流され、柿本人麿は「ほのぼのと明石の浦の朝霧に島隠れ行く舟をしぞ思ふ」と詠み、蕪村は「のたりのたりかな」と吟じました。
そして敦盛と熊谷の一騎討ち。
神戸はやはり好きな街です。
この日の目的地の明石で用を済ませて帰途は同じ道を西宮まで。そのあとは夙川から甲山を越えて宝塚まで戻りました。

で、なんで明石まで行ったのかについてはまた後日。

スポンサーサイト

コメント

百太夫祭

産所(散所)町は、わが町西宮のほぼ中心地です。

散所のいわれは・・・領主や神寺の隷属民が、税の免除を受ける代わりに一定の地域に差別的に住まわせたもの。西宮の散所町は、西宮神社(エビス神社)に隷属した傀儡子たちが住まいした地域です。

明日(1/5)は午前11時から、西宮神社の境内にある百太夫さんのお祭りがあります。行ってこようと思います。8年ほど前に見物したことがあります。文雀師匠がお酒をお供えされてました。

3号神戸線?

実は神戸なら2号、の間違いでは、と思いましたが、国道、で無く、阪神高速、ですね。

九州人にとっては門司~鹿児島の国道3号を思い出してしまいます。

♪やたけたの熊さん

都会暮らしの人はいいですね。私のところには何もありません。
百太夫は小さな祠ですが、私も西宮神社に行くと必ず参ります。次回はついでに熊邸にお神酒を持って詣でます。

♪しろくまさん

阪神高速の番号はなかなか覚えられません。神戸線も走ってみて、ああ3号か、と再認識しました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2607-e9a364f6