悪事は今 

埼玉県などの教員が1月で多数退職するというニュースが話題になりました。
なんでも、2月から退職金を減額するので、3月で定年の方などが2、3月の給料がゼロになっても70万円くらい違ってくるとか。
いやな言い方ですが、2ヶ月働かないほうが働く人より収入が多い、というのは確かに理不尽です。
これは

    制度に無理がある

というべきでしょうね。
しかし、教員がやめたら迷惑をこうむるのは子供たち。制度のために子供が被害を受けるというのは最近どこかで聞いたような。オトナの理屈が子供に悪影響をもたらす。
公立の学校では赤字でも給料が出るのがあたりまえですから、先生たちにすれば裏切られたような気持ちになったのでしょうね。
退職金は額が大きいですから、退職時の給料で大変な差が出るようです。
学長になったら、任期切れと同時に辞めるのが普通。下手に教授に戻って定年まで数年働くよりずっと額が多い、という話を聞きます。
再就職の話があったら絶対に得ですね。ま、私には関係ありませんが(笑)。

ただ、小学校であれば2月、3月だけ担任が代わることになりそうで、子供にとっては意味がわかりませんね。「先生、お金と私達と、

    どちらが大事なの?」

と聞かれたらつらいところではあります。
中高も担任が代わったり、最後の授業が別の先生になると影響はあります。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

昔は、一日校長というのもありました。名目だけで、校長の退職金をもらったわけです。
今の教員はバッシングもきついですし、退職金も減額され、私立では赤字ならポイ捨て(-.-)ノ⌒-~ もされます。
残業手当なし、グラブ顧問も手当なし、真面目な人ほどしんどい構図。
将来教師になろうという人が意欲を失わないように、と願います。
教員だけでなく、警察も続々と駆け込み退職があるようです。
落語に

    死ぬなら今

という不思議なネタがあります。
4月に新しい警官が入ってくるまで警察はいささか人手不足。このままでは、

    悪事は今

になりませんかね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2630-433bfc5e