空っぽのプランター 

冬にコマツナを植えました。放っておいてもできるような簡単さで、ありがたくいただきました。
しかしそれ以後はプランターは空きっぱなし。春になったらもうひとつの小さなコンテナとともに何か植えようと思っています。
花もいいのですが、根が卑しいのでつい

    食べられるものを

と思ってしまいます(笑)。
果野菜ならキュウリ(ウリ科)かトマト(ナス科)かピーマン(ナス科)か。葉ものも葉ネギなら小さなコンテナに植えておけば夏の麺類にいいかなと思ったり。ネギたっぷりのざるそばなど大好きなのです。
連作障害のことを考えると、今年はこれ、来年はあれ、というのがいいのでしょうね。
2月に図書館へ行って

    プランター栽培

の野菜の本を借りてきました。
不思議なもので、あれを眺めていると何でも作れそうな気になります。
一緒に借りてきた専門書は後回しにして(笑)、ついこちらばかり勉強してしまいます。でもやはり実際に作ってみないとわからない事が多いですね。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

昔、私の家の前の川(川幅5mくらい)は両岸に

    土手

があって、真ん中を水が絶え間なく流れているというところで、その土手に下りて遊んだものでした。今は2メートルくらいに掘り下げられて、コンクリートで固めた、おもしろくもなんともない川です。確かに昔は台風が来ると水があふれそうになったりして、実際私も土嚢を積んだ経験があります。
安全を考えるとこうすべき、というお役所の方針なのでしょうが、寂しくはあります。
もしあの土手が今あったら、

    春野菜

ならあそこに植えられないかなと思ったりします。水は目の前、そもそも適度に湿地。台風までには収穫。
盗んでいく人もいないでしょうし。
家の前の道にプランターを置いたり、塀に引っ掛けたりしている方がよくありますが、うちはそれができないのです。道は中途半端に狭く、物を置くと迷惑。車につぶされる可能性も高いです。また塀というよりは石垣で、でこぼこなのでこれもダメ。
畑があったらいいだろうなと思います。畝作りも未体験です。変に「都会の子」なのです。

スポンサーサイト

コメント

皮算用

わがベランダ農場(プランター4個)に、キヌサヤが育っています。花を付けたかなぁと毎朝見てますが、気配がありません。

でもココロは、つぎに植える作物を思案しています。キュウリ、ミニトマト、ビーマン、オクラ、コマツナあたりが候補です。

さて、キヌサヤがぶじ実ってくれますか・・・

ツルなしのそら豆とか

空豆やキヌサヤの苗が出回りました。
バケツで自然薯もかんたんですよ。
豆は、根粒菌が窒素を作るので、リンとカリュウムだけにしないと実付きが悪くなりますよ。

♪やたけたの熊さん&花かばさん

師匠と兄弟子、それぞれにお考えがあり、いつも参考にさせていただいています。
兄弟子の「農場」は花が咲きませんか。寒さが関係あるのでしょうか。しかし、計画は次に向かっていますね。暖かくなるとホームセンターが賑わいます。
自然薯もできるんですね。まるで頭にありませんでした。早速本を見てみます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2664-4496b7de