隣接市の図書館 

宝塚市は小さな田舎町です。人口20万あまりですが、近くには西宮市、尼崎市という大きな町があります。また、規模は小さいですが伊丹市、芦屋市は山陽道が通る町で歴史があります。
宝塚歌劇以外には何も面白いものもありません。
図書館は先日書きました

    聖光文庫

のような特色のあるものもありますが、それでもたいしたことはありません。
やはり大阪や神戸、京都の図書館とは比較にならないのです。
今はネットで蔵書検索もできれば必要な資料のコピーも依頼できます。しかしやはり現場に行って本を手に取らないとわからない事もあり、また、

    背表紙を眺める

ことで得るものもありますから、大きな街の図書館が羨ましいです。
最近は隣接市の図書館の相互利用ができるようになり、これは小さな街の者にとってはありがたいのです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

本を買うお金のない私にとって、図書館は命綱のようなところがあります。
市内の図書館にはしょっちゅう出かけていて、小説やエッセーの類はほとんどここで借りて読んでいます。しかし何か調べたいと思うととたんに役に立たないことに気づくことになります。
どうにもならなければ神戸市立、大阪市立、大阪府立へ出かけますが、やはり面倒です。
そこで、これまでは見るだけで借りたことのない隣接市の図書館のお世話になろうかと考え始めています。
一番手っ取り早いのは西宮市立図書館。
宝塚に比べるとやはり規模が大きいです。しかも西宮北口という、阪急電鉄の駅前に「北口館」があります。
伊丹市、尼崎市、芦屋市などとともに宝塚市民も利用できますので、早速

    借出券

を作ろうかと思っています。
阪神間7市1町(芦屋市・尼崎市・伊丹市・猪名川町・川西市・三田市・西宮市・宝塚市)はこういう連携があるのですね(ちなみに、宝塚市民は神戸市立図書館も使えます)。

北口館へ行くと、もうひとつ便利なのはすぐそばにジュンク堂があることです。
なかなか本は買えませんが、ここに行くのも楽しみになります。
西宮市民の皆さん、お邪魔します。

スポンサーサイト

コメント

いらっしゃい!

わたしは市立中央図書館に行くことが多いです。地下の書庫に、信じられないような古くて貴重な本があったりします。中央図書館は、文雀師匠宅のまん前にあります。

いまは花粉症の時期ですから、ほんのすこし拙宅から近い鳴尾図書館に行っています。ネット予約しておき入荷の連絡があれば、クルマで受け取りに行きます。5分も滞在しません。

図書館の司書のかたがたの多くはとても親切で、ありがたいです。

♪やたけたの熊さん

中央図書館は久しく行っていません。閑静なところですよね。
桜の季節には阪急夙川で降りて川沿いを歩くのもいいです。
市民以外に使わせるなら金を取れ、市民の税金で運営してるんだ、とおっしゃる市長ではなさそうで嬉しいです。
北口図書館も皆さん親切です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2686-623809c7