春の嵐 

最近、若者たちにヘルマン・ヘッセ(Hermann Hesse)は読まれているのでしょうか。
私が小学生の頃、「車輪の下」を読んだというとても優秀な同級の女の子がいて(彼女は中学も阪神間では名のある女子中に行きました)、驚いたことがありました。
なにしろ、中学生の時に読んでほとんど感想らしい感想をもてなかった私ですから。当時、外国文学は苦手でした。
そして私がヘッセをきちんと読んでみようと思ったのは、恥ずかしながら大学1年生の時でした。
発表された年代順に書きますと、

  郷愁 (ペーター・カーメンチント) Peter Camenzind
  車輪の下 Unterm Rad
  春の嵐 Gertrud
  クヌルプ Knulp
  青春は美わし Schön ist die Jugend
  デミアン Demian: Die Geschichte von Emil Sinclairs Jugend
  メルヒェン Märchen
  シッダールタ Siddhartha
  知と愛(ナルチスとゴルトムント) Narziss und Goldmund
  ガラス玉演戯 Das Glasperlenspiel

などはこの頃一気に読みました。
あの小学校の同級生にはとても恥ずかしくて言えません(笑)。
で、感想はどうだったかって?
ええっと・・・もう忘れました(笑)。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

何でそんなことを思い出したかと言いますと、この週末はまさに

    春の嵐

の天候だからです。低気圧がどんどん発達して、日本海から北海道へ。私は天気図を見るのが好きなのですが、その変貌ぶりには驚かされました。空は寒く、地面は暖かく、そのためについには台風並みの低気圧になったようです。
形の上では西高東低になって、やや気温も下がりました。とはいっても冬型というほどではありませんし、たいしたことはありませんが。
春になるとなんとなく浮き立つ心と落ち込む心が交錯するようです。
嵐はそういう交錯の中から生まれるように思うのですが、このところ私もいささかそんな状態です。

ヘルマン・ヘッセの訳者と言うと私が読んだ本はすべて

    高橋健二

さん。「ゲルトルート」という女性と彼女をめぐる人たちを描き、原題も“Gertrud”というこの作品に「春の嵐」という題をつけたのも高橋さんでしょうか。
主人公のクーンは事故で障害を持つ身になり、オペラ歌手の友人ムオトとクーンが愛しながらもムオトの妻となるゲルトルートが主要人物。
このクーンという人物がまた気になる昨今ではあります。

スポンサーサイト

コメント

懐かしい!

中学生のころ、お決まりのように『郷愁』『車輪の下』を読みました。でも、いま読んだら全く違う感想だろうと思います。あのころはむしろヘッセの詩が好きでした。
 「いく谷を過ぎて来にけり
  いず方につくとしもなく
  見下ろせば 目路もはるかに
  見ゆるイタリア 若き日の憧れの国

  されど北の方より われを見つめいる
  我が家を建てて住みにし 涼しき国
  
  今もなお 心いたみて顧みる
  若き日の故郷を 南方に
  帽子を振りて挨拶す 
  北方よ、 旅の憩いの和が宿よ

  心に熱き思いわく!
  ああ、ふるさとは、かしこにも、ここに  もあらじ、と」

 うろ覚えですが、最後の「故郷はかしこにもここにも」に、いまはまた異なる感慨を覚えます。

 今日、仁川のあたりも春の嵐が吹き荒れましたね。桜を散らす春の嵐の中、3歳牝馬の駿馬たちが、その命のかぎり競う姿は、また美しいSturm でした。

♪まゆみこさん

SturmといえばDrung。
嵐とともに「衝動」もこの季節にふさわしいかもしれません。
仁川って何のことだろうと思いましたが、ああ、そうですね、まゆみこさんといえば駒の町ですね。調べましたら桜花賞だったとか。優勝騎手はC・デムーロ。二位のM・デムーロはあの天皇賞の最敬礼騎手ですね。
そうそう、ヘッセ詩集も大学1年生の時に(笑)読みました。

仁川

茶々を入れるようですが、九州では「仁川」を「にがわ」と読まずに「インチョン」と読む人が多いでしょう。
そう、今も昔もソウルの表玄関であるインチョンを。ソウルに出かけたいです(笑)。

♪しろくまさん

やはり日本でも仁川=韓国という方が多いでしょうね。
宝塚の仁川は「にがわ」。簡単すぎてむしろ間違って読まれることもあるようです。「じんがわ」「にんがわ」など。
競馬場とピクニックセンターで私の周辺では知られているのですが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2703-a3318904