仕事は進んだ 

何もしない連休が続いています。
この連休中に『源氏物語』を「澪標(みをつくし)」まで読むつもりでした。ところが、することがないので(笑)、連休が始まる日に読み終えていました。
初めてこの膨大な作品を通読したのは大学生の時、二回目は大学院生の時、そのあとは通読という形では一回読んだだけかも知れません。あとは関心のあるところや仕事がらみのところを拾い読みすることばかりになりました。まともな研究者ではありません。
今回はその意味では久しぶりの

    通読パターン

です。
文学の論文というのはいわば作品への

    ツッコミ

のようなものですが、私はこの作品に真正面からつっこんだことがないのです。
読むと何でも言えそうな気になるのですが、たいてい誰かが先に言っていて研究史をあまり把握していないので怖くて書けません。
で、もっぱら愛読者になっています。
今は授業で取り上げていますので、予習のためにもよく読みます。
おもしろくて、止まりません。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

4月は体調不良であまり外に出られず、一人で長時間じっとしていましたので、実によくはかどりました。
ついでにこの先も読もうと思っています。
果たして通読することになるのか?
連休前半は何かとあって、第22帖「玉鬘(たまかづら)」まででした。

その他、連休中は仕事は進みます。
でも、たまには遊びにいきたいです。
先日はホームセンターめぐりのつもりで、西宮の広田神社(西宮市大社町)のほうまで行きました。
このあたりの名物のような山である甲山(小さな山ですが結構目立ちます)のふもと。
広田神社は由緒のある神社で、神功皇后までさかのぼりますが、私などの関心は平安時代末期の社頭歌合。

    藤原俊成

などのかかわる歌合でした。
この神社の摂社に南宮社がありますが、それがあるのはずっと海側。そこが西宮神社として今や「えべっさん」総本社として有名なところです。
広田さんと西宮さんは縁が深いのです。

もうちょっとどこかに行きたいような、混雑ばかりでつらいような。

やはり源氏物語に時間を費やすことにします。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2732-7b774c01