遠藤さん 

今、若い人に「遠藤さんと言えば?」と問いかけるとどなたのことを思い浮かべるのだろう、と突然(笑)思いました。
試しに「遠藤」で検索をかけると「綾」「照明」「憲一」「要」「正明」「久美子」と出てきました。「照明」は灯り関係の企業名でしょうか?
あいにく、私は誰一人知りません。どういう方々でしょうか。
実はトップには「保仁」という名が出てきていました。この人は知っています。サッカー選手ですね。「やすひと」から

    「やっとさん」

と呼ばれている人。
やっと一人わかりました。
遠藤という名は藤原氏の流れを引くのでしょうね。藤原氏はあまりにも多くなりすぎて「加藤」「伊藤」「佐藤」などの姓を産み、上流層は「近衛」「九条」「二条」「一条」「鷹司」の

    五摂家

をはじめ、「冷泉」「京極」「三条西」などを名乗りました。近衛さんは秀麿などに繋がり、宇多野の陽明文庫はこの一族のお宝を集めた文字通りの宝庫です。冷泉さんは今も京都御所の北、同志社大学に包み込まれるようにお屋敷があります。九条さんは京都御苑の南端に今も九条邸跡の池が残っています。大正三美人とされる、歌人で京都女子大学を設立した九条武子(父は西本願寺法主大谷光尊)はこの家の分家九条良致の妻となったのでした。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

こんなことを思い出したのは、私にとっての「遠藤さん」はやはり「周作さん」だな、と思ったからです。
学生時代にまとめてこの人の作品(キリスト教関係を中心に)を読みました。
初期の『白い人』『黄色い人』をはじめ、

    『沈黙』

や『イエスの生涯』『死海のほとり』等々。
遠藤さんは肺結核を病まれ、晩年は「病気の合間に仕事をしていた」と奥様がおっしゃっていたように思います。
私の父親世代なのに、身長は私と全く同じだったそうで、とても背が高かったのですね。
カトリック夙川教会に通われたそうですし、私も行く可能性のあった慶應義塾大学の出身。
仕事はあちらが百万倍優れていて比較になりませんが、何となく親しみがわくのです。
最近私も病気の合間に仕事をしています。もうダメかな、と何度も挫けそうになっていますが、もう少し頑張りたいと思っています。
遠藤さんは

    73歳

まで生きられました。私もなんとかそのあたりまでは、と・・・。

スポンサーサイト

コメント

遠藤周作さんとは縁遠い

そう言えば、こちら筑紫の国に流された道真さんのご子孫もお屋敷があそこだから、と姓が付いたようです。その例、「西高辻」さんしか存じ上げませんが。

西高辻さん、で思い出しましたが、昔、ANAの福岡支店がこちらの天神、と言う場所に有った時、電子チケットを発給して貰ったのですが、対応下さった方の名札に「西高辻」と。かなりお綺麗の方でした。道真さんのご子孫ですか、と伺いたかったのですが、余りにも神々しくて。

藤十郎さん、ここで「エンド」とならず、末長く。

♪しろくまさん

駄洒落攻撃ですね(笑)。
私も名前くらいいくらか高貴な感じのものであればなあ、と思ったことがあります。
袋小路留吉とか。
武者小路さんのところは「公」か「実」を名に付けるとか。私は嵯峨源氏に倣って長男も一字名にしました。
高辻さん、西高辻さん、いいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2751-676d8b57