夏越 

六月三十日。一年の半分が過ぎました。
古い時代のことを勉強してきたものとしてはやはり

    大祓

の日というのが頭に浮かびます。六月と十二月のつごもり。
六月はいわゆる「なごし(夏越、名越)の祓え」ですね。
昔は六月三十日は夏の終わりでしたから今とは季節感が違いますが、一年の半分という感覚は変わらないでしょうね。
この半年の無事を感謝してこの後の半年も健やかでありますようにと願い、また半年の穢れを祓う意味で夏越の祓えは今も各地で行われているようです。
私の地元でも人形(ひとかた)にふっと息をかけて(身体をなでるところも)神社に納めます。・・といいつつ、最近やってないから調子が悪いのかな?

    茅の輪くぐり

もあるはずですが、あまり行っていません。信心が足りない?

  水無月の夏越の祓をする人は
   千歳の命延ぶといふなり

何でもやっておかないとダメですね。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

昔は夏といえば疫病も恐ろしいですから、この時期を越えると本当にありがたいという気持ちになるでしょうね。もちろん気温のピークが過ぎてホッとするということもあるでしょう。
今以上に夏を越えたありがたさは大きなものだったわけです。

和菓子はあまり食べませんが、夏越といえば

    水無月

が有名です。
これもまず食べません。要するに私は何もしていないわけです。
水無月は外郎生地に小豆を載せた三角のお菓子ですが、小豆は魔よけになるのだそうで、また三角形なのは氷を意味しているのだそうです。

昔なら七月に入ると秋。七夕も近く、風もいくらか涼しくなってくるのです。しかし今はこれからが暑さの本番。
病気や疲れもこれからですよね。
やっぱり茅の輪をくぐってこようかな・・・

スポンサーサイト

コメント

水無月

水無月は素朴なほっこりした味わいが好きでだいたい年に一度食べます。今年はまだ。

先日、お染・久松の野崎村の段をEテレ(変な言い方!)で解説しているのを見ました。
大東市の水路と野崎詣でがローカルでした。

♪野崎小町さん

大東市といえば野崎観音か野崎小町さん。
年に一度くらい野崎あたりを通るのですが、観音さんにはご無沙汰しています。
野崎小町さんにもご無沙汰しています(笑)。

茅の輪くぐり

東京に転勤するまで知りませんでした。
浜松町駅近くの、め組の喧嘩の神社で茅の輪をみて、くぐるルールがあるのも知りましたが頭に入りませんでした。

♪花かばさん

め組の喧嘩といえば芝大神宮。妹はあそこで結婚式を挙げました(笑)。両親の東京の住まいが浜松町(芝公園)でしたので。
茅の輪のくぐりかたはたいてい説明が書いてありますよね。私もそれを見ながらなので、皆目覚えられません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2789-fd0a9fe5