二刀流 

文楽の三味線弾きさんに、もとは故郷で人形を遣っていた方がいらっしゃいます(間違っていたらごめんなさい)。このかたは声もよく、私は蝠聚会で語られたのも拝聴しました。
何でもできる、文楽の申し子のようなかだだと思います。
もし人形の道に進んでいらしたら、太夫になっていらしたら、と想像してしまいます。いっそ、昼の部では鶴澤某、夜の部は桐竹なんとか、と名乗って

    二刀流

っていうのはどうでしょうか。
ダメですね、はい、すみません。(笑)
二兎追うものは一兎をも得ず。やはり専門はこれ、というほうがいいでしょうね。
私も、ものをいうのは平安文学だけにしたほうがいいだろうな、と考えています。
もっとも、平安文学でも

    超三流

と言われていますので刀を一本にしても錆びていては意味がありません。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

プロ野球の北海道日本ハムファイターズに大谷選手という野球の申し子が入団しました。
投げれば時速150kmは楽々。打てば三割でクリーンアップも打てる。けた外れの大物です。
彼はその才能ゆえにピッチャーとバッターの二刀流を続けています。そのため、どちらかに集中しろ、このまま続けろ、と

    外野席

はうるさいのです。
私もうるさい一人なのですが、彼にはいくら多才でもいずれは、しかもできるだけ早く、

    ピッチャー

に専念して欲しいのです。野球の花形はピッチャー。160kmのスピードボールを目指し、しかも変化球を磨くには二刀流ではとても無理。せっかくの才能がもったいないです。打撃も、というなら、指名打者を使わずに九番打者としてメンバーに入ればよいだけです。
むしろ彼には中6日ではなく、中4日か5日で投げてもらって年間20勝の常連になってほしい。
今のままであれば、規定打席にも達せず、ホームラン王も首位打者も取れないし、ピッチャーとしても10勝そこそこの、並みのエースで終わります。
今年はもうこのままかもしれませんが、オフにはすっぱりと打者を諦めてほしいのです。いずれはメジャーリーガーとして花を咲かせるためにも。

スポンサーサイト

コメント

ヒントください

えっ! 元人形遣いで、いま三味線弾き?
どなたでしょう?

ヒント教えてくださいな!

♪やたけたの熊さん

私の勘違いかもしれませんが、清治さんのところのやたら指の長い好青年(といってももうすぐ40歳でしょうか)なのです。
三味線がうまく、語りもうまいのは間違いありません。

はいはい!

指が長く、背の高い好青年。

一昨年でしたか、電車の網棚に荷物を置こうとして、なぜか左の指靭帯を断裂された人ですね!

♪やたけたの熊さん

人形芝居の盛んな町のご出身で、研修中も人形遣いをうまくこなしていらしたようにうかがいました。
音の微妙な狂いまで聞き分けるよい耳の持ち主という印象があります。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2800-3a8c2bbb