エスカレーター 

私立の学校には行かせてもらえなかったので、私が体験した受験というのは事実上大学だけです。中学校は公立で無試験、高校は、当時

    兵庫方式

と言われたもので、内申書重視。思考力テストのようなものはありましたが、実際は願書を出すときにあらかた決まっていたようなものでした。私は西宮市の公立高校なら何とか通るだろうというので受けましたが、宝塚市(当時は公立高校はひとつ)と違って、大都会!の西宮市には四つあり、合格してもその四つのどこに回されるかわからないのです。四校の学力に差をつけないような意図があったようです(結果的には四校ともレベルダウンしたような気がします)。
たしか、成績上位一割の生徒は希望した学校に行けたのですが、私が一割に入るはずはありません。
ですから、合格発表の日は、合格するかどうかよりも、どこの高校に合格しているかが問題なのでした。
一方、中学で受験して私立に行った友人はエスカレーターでそのまま高等部へ、というのが大半でしたから、当時の兵庫県で「まともな高校受験」をするのは、公立中学校から私立高校を目指す人くらいだったかもしれません(言い過ぎ御免)。
大学受験は私立組も外に出る人は多いですが、エスカレーター組もけっこういました。
女子中~女子高~女子大の人はうらやましかったですね。妹はまさにそれで、私の家は「男の子は公立、女の子は私立」という差別(笑)があったのです。
塾にも行かせてもらえません。勉強は自分でしなさい、

  妹に教育費がかかる

から、という感じでした。でも妹は英語の塾にも行ってたなぁ。そして悠々と女子大に行って、車を買ってもらって遊んでいたし(書いているうちに腹が立ってきた…笑)。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

エスカレーターの話です。
子供のころ、エスカレーターは百貨店だけにあるもの、と思っていました。宝塚市の電車の駅は高架ではありませんでしたから、階段だけ。マーケットもいわゆる「市場」でしたから、平屋造り(二階は店の人の住まいだったりする)。
動く階段には憧れがあり、年に数回、大阪などに行くと阪急百貨店と阪神百貨店をハシゴして、エスカレーターに乗せてもらいました。とても

    豊かな気分

になりました。
エスカレーターを歩いて昇る、など考えられません。じっとしていても昇れるからこそエスカレーターなのですから。ところが、駅が高架になるにつれ、駅のエスカレーターが当たり前になりました。
朝夕は皆さん急ぎますからエスカレーターも

  「階段より早く昇れる階段」

という扱い。関西では左側をあけ、歩く人は左側を使います。
最近、エスカレーターで事故が増えているようです。駆け上がる人の鞄が当たった、駆け上がる人に突き飛ばされた、駆け降りていた人が転んでエスカレーターの下まで落ちてけがをした、などなど。
そこで、駅ではエスカレーターでの歩行をやめてもらおうという動きがあるようです。
確かに危険はあります。エスカレーターの機械も傷むのではないでしょうか。しかし、百貨店のそれと違って、「豊かな気分で悠々と」使うわけではありませんから、実際はなかなか難しいでしょうね。右側に立っている人を後ろの人が邪魔物扱いする(舌打ちするなど)光景も見ることがありますからね。
体調不良のときなど、エスカレーターは助かります。
歩くな、というのは無理かも知れませんが、階段の昇降が難しい人もいることを知っていただいて、歩く人こそが邪魔にならないように気をつけていただきたいと思うのです。
いや、けっしてエスカレーターで優雅に学生生活を楽しんでいた妹への恨みから言っているのではありません(笑)。

スポンサーサイト

コメント

動く歩道

大阪の阪急梅田駅の動く歩道、あれに立ち止まる人間は少数ですね。私は立ち止まりますが。

昔々、大学入りたての頃、学祭休みの時に伊丹から羽田までスカイメイトで上京しましたが、到着が福岡便と前後したらしく、それが対照的に、でした。
伊丹便の客は羽田空港の動く歩道を歩き、福岡便の客はそれに立ち止まり、必ず菓子折りをぶら下げている、と言う特徴がありました。

余談ですが、私の母校の高校は中学受験を突破すれば大学までほぼエスカレーターで行けましたが、中学は「出て行く」のが一流だったようです。
私は中学受験に失敗したのであれこれ言える立場では有りませんが。

♪しろくまさん

動く歩道! あれができたときは「そこまで急ぐのか!?」と思いました。
ビジネスマンのみなさんは急がれるのでしょうね。私はあまり使いません。
しろくまさんは私立高校ですか。お坊っちゃま? いや、私立=お坊っちゃまと早合点してしまう私が間違っていますね。

お坊ちゃま?

ただ単に公立高校に落っこちただけです。しかも我が校のはす向かいに有る、と言う・・・。しかも男子校でしたので(泣、あまつさえ、私らが卒業した次の年度に共学、更に泣、)。
実は公立高校のほうがエライんです、こちらは。

バブル真っ盛りでしたから勤め人のせがれも通えましたが、ちょっと残念な桁違いなお坊ちゃまの集団でしたね。
今年、高校の同窓会、と言うものに始めて出席しましたが、私語が多く、やはりちょっと残念なオヂサンの集まり、でした・・・。

♪しろくまさん

兵庫県、特に阪神間は私立がけっこう強いので、私立というとお坊っちゃまかインテリかと思ってしまいます。
共学化は進んでいますね。私は男子校というのがどうもイメージできず、高校は文系で男:女の比率は1:3、大学も文学部で1:2でした。

男女比

そうなんですね、近畿圏の「私立」と言うのは。そう言えば私目の大学のサークルには私立高校出身者が多く、しろくまさん、凄いね、と勘違いされて居ました。京都方面も例外、では無さそうで。
大方は大学の系列のR高校出身者が多かったような。本当のお嬢様の先輩は大阪女学院出身。実は文楽の「夫婦善哉」を観るまでそんなに凄い所とは思っても見なかったのです。
文雀さんも名うての私立のご出身ですね。

実は私の「男女比」と言うのは極端、なのです。男ばっかりの所帯、か女性の中に一人、とか。
余談ながら男子校では去勢された生活を送っていた為に、恋愛にはドン、で。
実は大学入りたての頃、語学クラスの同学の中国文学専攻の美人の女の子とは仲が良く、彼女と歩いている所を所属の専攻の連中に、美人と歩いて居たけど、と、変な噂が立って居ました。あまつさえ、彼女には携帯の番号まで教えて貰ったのに・・・、でした。

これまた余談、ですが、我が日本文学専攻より、中国文学専攻の方が美女率は高かったような、でした。

♪しろくまさん

男子校といえば、院生の時、半年だけ神戸の高校に非常勤で教えに行った経験があるだけです。あとは予備校の医学部コースでほぼ全員男子のクラスで教えたくらい。
予備校では私より年長の生徒がいて困りました(笑)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2840-13f66d63