家路 

小学生のころ、私は「音楽が好き」で通っていて、卒業するときに同級生から「立派な音楽家になれよ」と言われたことを覚えています。そこまで熱心だったわけではないのですが、ほかに取り柄がないと思われていたのでしょう。
ピアノなんて習わせてもらえる家庭ではありませんでしたから、楽器といえば学校で使うリコーダーかハーモニカくらいのものでした。しかも、リコーダーは兄のお古の少し傷のついたものでした(笑)。
でもリコーダー(当時は単にたて笛と言っていましたが)は本当に好きで、学校の運動会などでは行進には参加せず、ブンチャカブンチャカ演奏する側にいました。クラブ活動は5、6年生だけでしたが、私は4年生のときに助っ人で器楽部に行っていました。5、6年生の時は器楽部で男子は私一人、あまり希望していなかった太鼓もたたかされました。
オーケストラには憧れがあり、当時、

    小澤征爾さん

がブザンソンで優勝した直後だったかなにかで脚光を浴びていて、指揮者にも憧れました。
しかし、田舎の少年にできるのはせいぜいお古のリコーダー。それだけに、オーケストラではクラリネット、オーボエ、フルートなどに関心があったのは自然でした。
音楽の時間に

    「家路」

という曲を習いました。A.ドボルジャーク作曲。これは家路という単独の曲だと思い込みました。気だるいメロディーが、とても好きで、こんな曲を作ってみたいと思ったものでした。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

それがドボルジャークの九つ目の交響曲の第二楽章の旋律であることは多分レコードで聴いて知ったはずです。オケの名前などは記憶にありません。そんなことよりも、懐かしさでいっぱいになった感動ばかりを覚えています。
そして、

  イングリッシュホルン
    (コール アングレ)

という楽器との出合い。オーボエのようなのに低くて深くて。しびれました。小学生だったか、もう中学生だったのか。
後に、例えばNHK交響楽団の小島葉子さんなどで何度聴いたか分かりません。もちろん、海外のオケでも。
日が落ちて、いくらかの疲れを背負って帰る家。
ドボルジャークの第九(新世界から)というと交響曲の入門の曲のようにプログラムに載りますが、誰にでも親しめる不滅の曲なのでしょうね。私はその後、第八交響曲に出合ってこれまたしびれてしまったのですが、「新世界から」も忘れることはありませんでした。
アメリカという新世界から故郷ボヘミアを想うドボルジャーク。安っぽい言い方かもしれませんが、その望郷の想いのつまった旋律。
「懐かしい」というのは

    「なつく」

からきた形容詞です。今では「人によくなついた犬」などといいます。なついていたい、と、親しいきもちを抱くことが「懐かしい」ですね。

私もしばらく田舎にいたのですが、また懐かしい町に帰ってきました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2851-e5d217bc