ダンベル 

今、私は182cmくらいで65kgほど。およそ肥満とは縁のない体重です。BMIは20に満たないのです。
しかし、最近私は肥満気味ではないかと自覚しています。
というのは体重の割には

    筋肉がない

からです。
身体を触ってみると、なんだかぷよぷよ(笑)としていて、かつてのような細いけれど筋肉はそれなりにある、という状態ではなくなりました。腕を曲げてポパイのように筋肉のこぶを作ろうとしても固さがなく、女性っぽい身体になっているかも。同じ体重でも体脂肪が増えているような気がしています。体脂肪計がありませんのではっきりしたことはわかりませんが、以前よりは相当脂肪ばかりが増えているように思います。
なにしろ、歩くのが億劫という状態が続いていますので、テニスをするとか山登りをするとか、そんなのは夢のまた夢。
足はかなり細く、多分うちでは一番細いと思います。末娘はいつも

    取り替えてほしい

と言っています(笑)。私としてはまったく不名誉な話なのですが。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

自覚したらやはり何とかしようと思わないではいられません。
まずはポヨンとした腕を引き締めるべく、最近は

    ダンベル

を近くに置いています。これなら多少しんどくても無理なく腕に負荷をかけることもできます。
私の通う、耳鼻科のある病院では、以前入院患者のために毎日ナースステーションの前でダンベル体操のビデオを流していました。そしてダンベル、といっても1.5kgほどのものもあれば、雑誌をぐるっと巻いただけの数百グラム程度のものもありました。私は手術で入院していたとき、

    ペットボトル

に水を入れて500gのダンベルとして寝っころがって本を読みながら片手でずっと使っていたこともありました。あれ、持ちやすくてなかなかいいのです。1リットルのペットがあればもっと良かったかもしれません。
今は市販の1.5kgのダンベルが家にありますのでもっぱらそれです。もう少し重くてもいいのですが、むしろこれくらいを軽々と繰り返し使うほうが長続きするかもしれません。
足はもう少し細いままでしょうが、秋になったらカチッと隆々たる二の腕をお見せすることができるでしょう(ほんまかいな)。

スポンサーサイト

コメント

筋トレ。

長身痩躯といえば少し聞こえがよろしいのですが、早い話わたし痩せております。筋肉が付きにくい体質のようで、4年前ひょんなことから小型レンタルヨットに乗り出してから筋力がないことを痛感しています。

われらヨット部・副部長(総勢2名です)が、フィットネスインストラクター。筋トレのメニューをいろいろ教えてくれます。

でも筋トレは、しんどいんですよね(笑) メニューの1/3もできません。とりあえず夜、腕立て伏せ30回することを心がけいますが、「よし! きょうは止そう」という日が多くて・・・

♪やたけたの熊さん

副部長は写真のみでしか存じませんが、まさに「鍛えた身体」でいらっしゃいますね。うらやましいです。
この間、元ロッテオリオンズの村田兆治さんが63歳にして135km/hの始球式をされたとニュースで見ました。めちゃくちゃ速い! 現役選手並ですよ。その後新聞で村田さんが今もどれほど熱心にトレーニングされているかを読みました。世の中には上には上がありますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2855-f5ccee14