伊賀越は険しい 

文楽錦秋公演が始まって1週間あまり。
8日(金)に行きたかったのですが、朝から不調。まず昼の部を諦め、時間を隔てず夜の部も断念しました。
なにしろ、電車の駅まで行くのが億劫。
乗り換えを想像するともうだめです。
文楽劇場、尼崎あたりに移して……。
果たしてこの公演には行けるのか? 毎回不安ですが、今回はさらにピンチ。
来週、

    仕事帰り

にそのまま車で行っちゃうかな、とも考えています。
誰か、運転してほしいなあ(笑)。
車で行くのはいいのですが、駐車場がないのが困ります。
大阪にも国立劇場を、しかも文楽を中心に上演できるように、ということで大阪府や大阪市、関西財界などが国に頼んで作ってもらったわけですが、その時、国があの場所に難色を示したのが周辺の環境。それに加えて駐車場のないことも問題にされたとか。
それでも大阪市は更地になっていた高津小学校跡地を国が劇場にしてくれたらこんなにありがたいことはないわけです。
必死に頼んであそこに劇場を建ててもらったのですが、今の私の個人的な事情だけからいうと

    困ったロケーション

にほかならないのです。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

周辺に駐車場はありますし、今は競争で多少値段も下がってきているかも知れません。でも、盗難の 被害も心配。
劇場の駐車場があれば、と思います。
もちろん、帰りに飲み会、なんていうときは電車。
あ、飲み会で思い出しました。こういう事情で、お酒どころのさわぎではなく、今回も

    だしまきの夕べ

は欠席のお許しをいただきたく存じます。
それにしても、伊賀越道中双六、いつ行けることやら。

    越すに越されぬ

伊賀の坂、という感じです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2929-8650f823