第21回だしまきの夕べ 

文楽ファンの集い、「だしまきの夕べ」が昨夜行われたようです。
数えて21回目になります。
よく続いていて、今は知る人ぞ知る会になりました。まったくおいでになったことのないかたからも「『だしまき』って、

    知ってますよ」

と言われることがたまにあります。
ただ、私はお酒が飲めないばかりか、お話もできず、そもそも会場に行くことすらつらい、というありさまで、結局今年は正月のみの参加でした。
寂しく、残念ですが、他の皆様が盛り上がってくださるのをこのブログで知ることができますととても幸せな気分になります。
今回は参加者が

    少なかった

とうかがいました。それはそれで、全員がひとつの話題に入っていけるということでもあり、楽しいかも知れません。
よろしかったら、またどんな様子だったか、お知らせいただきたく、お願いいたします。
初春には行きたいなぁ……

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

レポート

参加者は10名でした。くみさん、まゆみこさん、花かばさん、お富さん、おわぞんさん、はるみさん、ハヌルさん、あずまさん、やたけたの熊。そしてゲストとして吉田玉誉さんに参加いただきました。

・まゆみこ副会長のご発声で乾杯!

・長い長い伊賀越え通し、お疲れさまでした。

・会場で、伊賀市長の姿を見かけましたね。岡本という民放の元アナウンサー。

・文楽劇場開場30周年は、なにを出そう。

・千本の通しか、菅原の通しでしょう! やっぱ菅原か!

・仮名手本忠臣蔵やってほしい。

・ええっ!また忠臣蔵?

・でも仮名手本はよく出来てるよねぇ。やっぱりおもしろい!

・各段それぞれに主人公がちがって、それぞれ物語がある名作と、文雀師匠も言っておられました。

・内子座からの帰りの飛行機で、お隣の席が玉誉さんでした。お声などかけられず、横目でチラ見してました。人形遣いさんは、腕も、太腿も、がっしりしておられるなぁと思いました。飛行機から降りるとき、荷物をとってくださって、ありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。

・幕開三番叟は、4日交代で担当します。

・幕開三番叟のお人形は、左遣いいないのに、袖をくるっと巻きますよね?

・このコップが胴串とすると、このお箸が左。親指あたりで長い竿のような左を支えて、エイッと袖を巻きます。失敗することもありますよ。

・昔より足遣いの期間が長くなりました。10年どころか20年の人もいます。玉男師匠に言わせると「寿命が延びたからや」。

・名言ですね(笑)

・黒衣は、自分で作るのですか?

・いいえ。わたしは尼崎のおばあさんに頼んで作ってもらっています。和装の裁縫が達者な方ならできます。

・黒衣は、洗うのですか?

・わたしは毎日洗います。汗で塩を吹きますから。でも洗いすぎると、こんどは黒衣がだんだん白っぽくなってきます。

・黒衣は、劇場から支給されないんですか?

・黒衣も、パッチも自前です。なぜか足袋だけは支給されます。

・足拍子が、上手な人と、そうでない人いますよね。リズム感の問題ですね。

・わたしはクラッシック音楽をしてたので、床でいきすぎた不協和音は耐えられないことがあります。

・でも邦楽では、わざとある程度の不協和音を出すことがありますよね。

・玉男師匠の最後のお役は、桂川の長右衛門でした。玉男師匠の足を持たせていただいたの、このときが最初で最後でした。「足をもっと出せ!」と大声で叱られたので「師匠、まだまだ大丈夫」と思いましたけど、最後のお役になりました。

・今回は、お谷で和生さんの左も遣っています。

・和生さんって、怒らないでしょう?

・そんなことないです。怒られます。

・怒ると言ったら、作十郎さんを思い出しますね。舞台で怒っている声が、客席まで届きました(笑)

・呂勢さんの文楽コレクションは、半端ではないです。見台、床本。相当な量をもっておられて収納に困り、いまは蔵付の家を借りておられます。

・呂勢さん。もしかして独身? Yes!

・劇場の食堂は、おいしいですか?

・ノーコメントとしておきましょう(笑) 定食は560円。今日のメニューは「ご飯+焼きそば」でした。つまり、焼きそばをおかずにご飯を食べるという。

・大阪ならではのメニューですね。お好み焼きをおかずに、ご飯を食べるというのもありますね(笑)

・通しのときは人形遣いさん、まともに食事をとる時間もないくらい忙しいから、差し入れが喜ばれるのでは? お菓子よりも食事になるような。

・グラタンコロッケバーガーがいいんじゃない?

・太夫さんの語りは、日によって変化することがあります。きょうは岡崎で千歳さんが少し変えましたが、勘十郎さんは瞬時に対応されました。

・1月公演は阿古屋。阿古屋のポスターほしいなぁ。カメラマンは青木さん。青木さんの写真、大好き!

・気になる次回の「だしまき」ですが、日程調整委員長のくみさんから発表がありました。1月11日(土)です!

吉例・大阪締めでお開きとなりました。

♪やたけたの熊さん

ありがとうございます。
いつもながらていねいに。
玉誉さん、いらしてくださってよかったです。しかも、あれこれよく話してくださって。白鷹のおかげですね。長右衛門の足を持たれたのですか。それは忘れられませんね。食堂の定食、高いですね(笑)。
人数も二桁ならまずまず。
次は初春。ぜひまたゲストを。

ずっと、どうなっているか気になっていた幕開三番叟のお人形。
「あれって、右手はどうなってるんですか?」
って聞いたら、いきなり、コップ(しかも、半分ビールの入った!)と割りばしでのプチ実演(?)をやってくれました。
得した気分でした。

だしまきが終わる頃には、玉誉さんの女子ファンが確実に7人は増えましたね。

ちなみに、今回のメニューは
つきだしに
茄子の煮たの。
だしまき玉子
ほうば焼き
生姜の天ぷら
スルメの天ぷら
焼きうどん
そして、そして、
カキフライ!
でした。

♪くみさん

玉誉さん、人柄がいいですよね。
花かば注文部長が茄子を注文? と思ったら、つきだしでしたか。
ああ、あれも食べたい、これも食べたい。
今回はカキフライが季節特別メニューですね。

感謝

はっきり申し上げて除名された、と思い込んで居ましたが、、、

出席出来ませんでしたが、皆様にお詫びとご挨拶出来て良かったな、と思います。本当は乾杯までは出来たのでは、と上本町で思っていました。

口性無い性根ですが、これからも宜しくお願い申し上げます。

玉誉さんにいろいろとお話を聞けて楽しかったです。玉誉さんは話されているときは物腰柔らかでほんわかな感じがしたんですが、学生時代はずっとバスケットボールをされていた体育会系だったそうで、その経験が今、役に立っていると話されていました 精神的体力的にも強くないと大変な世界なのだろうなぁと改めて思いました。
最後に握手して貰った手がフカフカで優しかったです(笑)

初春では藤十郎さまにお会いできますように

♪しろくまさん

無事、皆さんと会われて、名古屋(でしたっけ)に向かわれたのですね。よく遊び、よく働き、まことにけっこうなことです。
どうしても遠来のかたは日程を合わせるのが大変。また機会がありますように。

ハルミさん

今や「だしまきの看板娘」(勝手に決めていますが)のハルミさん、今回もご参加ありがとうございました。
すぢかり玉誉さんファンになられたようでよかったです。
初春は何とかお目にかかりたく存じております。またゲストにもおいでいただきたいですね。

名古屋の呪い

はい、名古屋です。近鉄特急では喫煙席でゲホゲホでした。京阪神、旅先としてはルーチンになって居たので来て良かったと。明日、大阪に帰りますが禁煙席が取れました。

あ、名古屋の呪い、の本題を忘れて居ました。私が名古屋に行くと必ず何かトラブります。今回も、でした。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

私も当日は劇場にいたのですが、終演後に移動しないといけなくて「だしまき」に参加できず残念でした。すみませんでした。
でも、劇場で皆様とお話できてとても嬉しかったです。

新春公演では、藤十郎様にもお会いできますように。

♪あやりんさん

今回は残念でした。
今回、あやりんさんはどうなんだろう、と皆さんけっこう気にしていらっしゃいますよ。
次回は十日戎の残り福の夜。にぎわいそうですね。あやりんさんもぜひその日は。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

補遺

・研修生は、舞踊などのほか三業とも一通り学びます。一定期間をすぎると適正をみながら太夫、三味線、人形のどれに進むか決まります。

・わたし(玉誉さん)は、さいしょから人形志望でした。同期の清志郎君は人形志望だったのが三味線になりました。

・野球で、野手になるかピッチャーになるか迷うみたいですね。

・一部を見てないのです。二部で十兵衛が突然飛び込んできたので、少し混乱しました。

・わたしは地元なので、鍵屋の辻は中学生の時分通学路でした。

・犬3頭、お腹を空かせて待ってます。帰ってあげないと。

・子供のころ、親戚の不幸で一家あげて五日間家を留守にしたことがありました。えさ遣りを隣人に頼みましたが、家人以外からは食べてくれなかったので、がりがりにやせ細ってました。

・この話で「忠犬ハチ公みたい・・・」数人が涙ぐみました。

だし巻き

だし巻きもメンバーが少しかわったりしながらもよく続きます。最近は、8人だと少ないなどと思ってしまいます。
私は相変わらず始め端っこでしたが、バックステージに行って無い方がおられ、玉誉さんにお願いしましょかとの話しもありました。
私が飼ってた犬の話はどういう経過で出たのか思いだしません。
やはり酔っ払いでした。

訂正がありました

熊さんから最初の「レポート」について訂正が入りました。訂正後のものを以下に再掲いたします。


参加者は10名でした。くみさん、まゆみこさん、花かばさん、お富さん、おわぞんさん、はるみさん、ハヌルさん、あずまさん、やたけたの熊。そしてゲストとして吉田玉誉さんに参加いただきました。

・まゆみこ副会長のご発声で乾杯!

・長い長い伊賀越え通し、お疲れさまでした。

・会場で、伊賀市長の姿を見かけましたね。岡本という民放の元アナウンサー。

・文楽劇場開場30周年は、なにを出そう。

 ・千本の通しか、菅原の通しでしょう! やっぱ菅原か!

・仮名手本忠臣蔵やってほしい。

・ええっ!また忠臣蔵?

・でも仮名手本はよく出来てるよねぇ。やっぱりおもしろい!

・各段それぞれに主人公がちがって、それぞれ物語がある名作と、文雀師匠も言っておられました。

・内子座からの帰りの飛行機で、お隣の席が玉誉さんでした。お声などかけられず、横目でチラ見してました。人形遣いさんは、腕も、太腿も、がっしりしておられるなぁと思いました。飛行機から降りるとき、荷物をとってくださって、ありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。

・幕開三番叟は、4日交代で担当します。

・幕開三番叟のお人形は、左遣いいないのに、右腕を伸ばして、袖をくるっと巻きますよね?

・このコップが胴串とすると、このお箸が右腕。親指あたりで長い竿のような右腕を支えて、エイッと袖を巻きます。失敗することもありますよ。
         ↓
   このお箸が右腕。親指あたりで長い竿のような右腕を支えて

・昔より足遣いの期間が長くなりました。10年どころか20年の人もいます。玉男師匠に言わせると「寿命が延びたからや」。

・名言ですね(笑)

・黒衣は、自分で作るのですか?

・いいえ。わたしは尼崎のおばあさんに頼んで作ってもらっています。和装の裁縫が達者な方ならできます。

・黒衣は、洗うのですか?

・わたしは毎日洗います。汗で塩を吹きますから。でも洗いすぎると、こんどは黒衣がだんだん白っぽくなってきます。

・黒衣は、劇場から支給されないんですか?

・黒衣も、パッチも自前です。なぜか足袋だけは支給されます。

・足拍子が、上手な人と、そうでない人いますよね。リズム感の問題ですね。

・わたしはクラッシック音楽をしてたので、床でいきすぎた不協和音は耐えられないことがあります。

・でも邦楽では、わざとある程度の不協和音を出すことがありますよね。

・玉男師匠の最後のお役は、桂川の長右衛門でした。玉男師匠の足を持たせていただいたの、このときが最初で最後でした。「足をもっと出せ!」と大声で叱られたので「師匠、まだまだ大丈夫」と思いましたけど、最後のお役になりました。

・今回は、お谷で和生さんの左も遣っています。

・和生さんって、怒らないでしょう?

・そんなことないです。怒られます。

・怒ると言ったら、作十郎さんを思い出しますね。舞台で怒っている声が、客席まで届きました(笑)

・呂勢さんの文楽コレクションは、半端ではないです。見台、床本。相当な量をもっておられて収納に困り、いまは蔵付の家を借りておられます。

・呂勢さん。もしかして独身? Yes!

・劇場の食堂は、おいしいですか?

・ノーコメントとしておきましょう(笑) 定食は560円。今日のメニューは「ご飯+焼きそば」でした。つまり、焼きそばをおかずにご飯を食べるという。

・大阪ならではのメニューですね。お好み焼きをおかずに、ご飯を食べるというのもありますね(笑)

・通しのときは人形遣いさん、まともに食事をとる時間もないくらい忙しいから、差し入れが喜ばれるのでは? お菓子よりも食事になるような。

・グラタンコロッケバーガーがいいんじゃない?

・太夫さんの語りは、日によって変化することがあります。きょうは岡崎で千歳さんが少し変えましたが、勘十郎さんは瞬時に対応されました。

・1月公演は阿古屋。阿古屋のポスターほしいなぁ。カメラマンは青木さん。青木さんの写真、大好き!

・気になる次回の「だしまき」ですが、日程調整委員長のくみさんから発表がありました。1月11日(土)です!

吉例・大阪締めでお開きとなりました。

  • [2013/11/18 17:37]
  • URL |
  • やたけたの熊さんより
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

♪やたけたの熊さん

しかし、すばらしい記憶力ですね。補遺までありがとうございました。
犬の話、どなたなんだろうと思っていたのですが・・・。

♪花かばさん

本当によく続きますね。花かば注文部長のお裁きがお見事なのだろうと思います。
また玉誉さんにはいつでもお越しいただきたいですね。
犬の話、私も犬が好きですのでかわいそうになりました。

だしまきに限り♪

わたし記憶力悪いんです。ほんとうに。
仕事のことなど、メモをとっておかないとスーッと忘れてしまいます。
「だしまき」限定の記憶力でして・・・(笑)

本当に失礼しました。すみませんでした。
はい、1月はぜひよろしくお願いします。

犬の話は

後日談がありまして、家族からしか食事をとらない犬でしたのですが、広島に単身赴任で転勤になりひと月しない内に心労で亡くなりました。

♪やたけたの熊さん

不思議ですね(笑)。
今後ともそのお力を発揮してください。

♪あやりんさん

ご心配なく。「失礼の親玉」はここに降りますので

♪花かばさん

ますます哀しい物語ですね。花かばさんが大好きだったのでしょうね。

あやりんさん

飴、有難うございます。またお会い出来れば、とおもいます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2937-03815bbc