軽 

軽自動車税を上げようという動きがあるのだとか。
早速スズキやダイハツなどは反対の意見を表明しています。
狭い日本にぴったりの車種だと思うのですが、最近は

    ガラ軽

などと言われることもあるようです。若者はカッコ悪いと思うのでしょう。しかし、田舎の足であり、高齢者の足である軽自動車は燃費もよく大事にしたい文化でもあります。

桐竹紋寿さんの本で、紋十郎師匠が皇居に行かれた時、他の方々が高級車に乗って帰るなか、師匠は小さな車だったので恥ずかしがられた、という話を読みました。私もかつて、一流料亭に講演に呼んでもらったとき、酔った皆さんが次々に目を瞠るような高級車でお帰りになる(つまり運転手さんがいる)中で、お酒を我慢して

    5ナンバー

を自分で運転して帰ったことがありました(笑)。私は身分相応なのでかえって得意気に帰ったのですが、3ナンバー運転手付きのみなさんは私の様子をどうご覧になったことでしょうか。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

私の愛車がまもなく10年になります。
中はそこそこきれいにしているつもりですが、学生が紙コップのコーヒーをひっくり返したこともありますし、カーナビは完全に骨董品。しばしば「こんな道載ってないよ」という道(笑)を走ります。新しい橋などが海に架かると、なんと海上を突っ切る画面が出てきます。
エンジンその他も万全ではないでしょう。
走行距離は

    9万km

を超えたところ。これはまあ、普通ですかね。
私の場合は完全に近距離用の足がわりですので、燃費がよくて走ってくれさえすればOKなのです。昔と違ってエンジンの性能は格段によくなりましたしね。めったに高速を走ることなどありません。長距離にも使いません(せいぜい往復50kmくらい)。
田舎の高齢者には軽が一番、という話も聞きました。それなら私にはぴったりです。座席も、シートを一番後ろに下げたら大丈夫でしょう(きっと)。
もちろん一番大きな理由は

    低価格

ということです。
世間では燃費云々ならハイブリッドと言いますが、本体の値段が・・・。
で、税金が上がる問題ですが、実は私のような障害持ちは自動車税は要らないのです。今も払っていません。
ひょっとしたら数年後には小さな車でちょろちょろ走っている私の姿が街中にあるやも知れません。

スポンサーサイト

コメント

軽自動車

増税は庶民感覚の無い人達の政治だから仕方が無いのかもしれませんね。
夏に、従兄弟の法事の際、軽自動車に乗せてもらいましたが、室内の広さには驚きました。車種にもよりますが、藤十郎さんでも思い切り後ろにさがらなくても大丈夫ですよ。
私も遊びをしなければ欲しいです。

♪花かばさん

昔、少し年長の同僚がミラに乗っていたのですが、彼女はなぜか運転が嫌いなのです。
で、私の仕事が終わるのを待って「車で送って」と言ってキーを私に投げます。私も帰宅に便利だったので運転手になりました。ミラはやはり小さくて、シートはいっぱいに下げましたが、不自由はありませんでした。
今は広くなっているなら、問題ないですね。花かばさんのように土佐まで、ということはないので、いいかもしれません。
ふらつくとか、事故の時に怖いとか言われますが、万一を考えて保険代わりに普通車にするという考えもあるのですが、さてあと2年考えます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2968-b39f51a5