掃除もした 

研究室というのは、普段掃除をしていません。以前は

    お掃除おばさん

がいらっしゃって、週に1回くらい掃除機をかけてくださいました。
今は人件費削減でそんな人はいません。かろうじて館内のごみ捨て場から外に運んでくださる方はいらっしゃいますが。ですから、あまり清潔とはいいがたいのです。
マメな先生は日々きれいにされているでしょうが、私には無理。
それで、あれよあれよというまに紙がたまってしまいます。
私がまた倹約家ですから、裏の白い紙はなかなか捨てられず、山のようになっています。しかも裾野が広がっていますので(笑)富士山さながら。

    世界遺産級

の研究室です。
特に体調が悪いとどうしようもなく、この半年ほどはごみのたまるのに任せていました。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

しかし年末になるとさすがにそうも言っていられず、数日をかけて大掃除を断行しました!
まずはなんとなく放置していたペットボトルや空き瓶の処分。ごみ捨て。
最近は

    エイヤッ!

と捨てられるように、プリント類は原則として表裏印刷にしています。それらをまずシュレッダーにかけて大量処分。シュレッダーのごみも何度も掃除しました。
そして掃き掃除。掃除機などという文明の利器はありませんので、自在ほうき、または床ブラシで四角い部屋を丸く掃除。しかしそれだけではこびりついた汚れは落ちません。しかたなくモップかけ。ゴシゴシこすると、さすがに汚れは落ちてくれて、これはこれで

    小さな幸せ

ではあります。二つのデスクや大きめの机も雑巾がけ。水拭きでじゅうぶんです。
大物は窓ガラスですが、さすがにそこまで体力は持たずに断念。雨が当たらない窓なのでさほどひどく汚れてはいませんが、磨けば変わるだろうな、とは思います。
あとは書籍類ですね。もう読まないことは確実な本がたくさんあるのですが、放置しています。ここを辞めるときまで置いておくことになるかな。
蛍光灯や書棚の上の拭き掃除もしたいですが、無理は禁物なのでやめました。
というわけで、大掃除と銘打ちながら、断念、あきらめ、中途半端を旗印にしたいいかげんな「小掃除」は終了したのでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/2975-d0249e9b