七世住大夫の引退(その3) 

それにしても、脳梗塞になられたことだけは痛恨の出来事でした。
私はあまり感情的に「何が何でも大阪市長が悪い」とは言いたくないのですが、あれはどう考えてもあの市長の一連の発言の影響があったと思います。
引退会見で住師は「大阪府も大阪市ももっと文化を理解してくれたら」とおっしゃったようにうかがいました。
文楽を守ることには大阪市も大阪府も責任があるのです。単に

    劇団の一つ

というわけではないのです。大阪の文化行政にとって不可欠なものなのに、それを間違った考えを持つ人が市長になり、その言いなりの人が府知事になり。
補助金うんぬんより、文楽が大阪府市にとっていかに大事なものかをきちんと言わなかったことがいけない。むしろ市民、府民にこれは大阪の大事な文化だから、一つの劇団としてではなく補助してきたのだということをきちんというべきなのに、それとまったく逆のことを言って市民、府民に

    誤情報

を、もっとはっきり言うとウソを垂れ流してきました。しかもメディアも市長の発言をとりあげるばかり。そういうことをされたのでは文楽のいわば最高責任者的な立場にある住師にとってはこの状況が大きな苦悩の原因になったと考えざるを得ません。
引退会見の中で「大阪府市の無理解」は大きなポイントだったと思うのですが、実はどの記事を見てもあるいはのテレビのニュースなどを見てもこの発言はカットしたようです。民法某局のテレビで流れたのだとうかがったのですが、それ以外ではなぜカットされてしまったのでしょうか。大阪市の市長について聞かれた住師が「財政難ならしゃあない」とおっしゃった部分は報道されていたのに。「しゃあない」ではなく「理解して欲しかった」のほうがカットされたのはなぜ?

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

「あたりさわりのない」ところだけを流した、ということでしょうか。
でも「しゃあない」と「理解が欲しかった」とではかなり違うと思うのですが。

住師くらいのかたになると、

    引退披露口上

があってもよいところです。少なくとも山城少掾、相生大夫、越路大夫の引退の時はありました。玉男師匠も出演は無理としても口上だけでも、という話はあったようにうかがっています。
しかし、急なことでもあり、ニュースによるとご本人が固辞されたとのことで今回はないそうですね。やはり寂しいです。ひどいことを言いますが、「車曳」をカットしても口上は入れていただきたかったです。というのはひとつはもちろん住師の花道を飾りたいという思い、もうひとつは今後の方に影響がある可能性があるということです。給だったので例外的な扱い、ということになるのでしょうか。
なくてもよいというご意見もあるようですが、私の考えはそうではありません。
4月の公演ではまた

    ロビーに出て

こられるのでしょうか。あまり無理をなさいませんように。特に千秋楽に出てこられたら大変なことになりそうです。その意味でも口上でお別れをするのがいいのではないかなと。
最後になりましたが、住大夫師匠にはお礼を申し上げます。私の文楽体験のすべての時間を住大夫師匠にご一緒していただいた、という思いがするからです。そしてもう一度、おめでとうございます。

スポンサーサイト

コメント

マスコミ! しっかり! 

A新聞で、住師匠が「財政難ならしゃあない」と言われたと書かれていたので、とても違和感をもちました。

「理解して欲しかった」とも話されたのですか。それなら納得できます。それをマスコミがカットされたのですか。ひどいですね。

マスコミは「社会の木鐸」「権力の監視役」だと聞いて育ちましたが、文楽補助金騒動にかぎらず、このところのマスコミ報道には「あなた方の存在価値はなあに?」と思わず問いたくなるような内容のものが多すぎます。

「言論の自由」世界ランキングで、日本はとうとう59位にまで下がったと聞きました。ちなみに60位はアフリカのモーリタニアとか。

マスコミは、抑圧されるもの、弱いものの味方であってほしいと心から願います。

♪やたけたの熊さん

Twitterで、あるかたが「住大夫師匠が『大阪府市にはもっと理解してほしかった』とおっしゃった」と発言していらしたのです。私も確認したかったのですが、そのすべもなく。
また「しゃあない」と「やむをえまへん」は違うとも思います。「しゃあない」にはやはり「ほんとうはそれでは困るのだけれど」「わからない人に言っても無意味だ」というニュアンスが感じ取られます。
一体事実はどうなのか、知りたいです。
マスコミは急いで報道しなければならないという面があるのでしょうが、それ以上に「ポイントは何か、何が問題なのか」を伝えてほしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3065-b66fd185