今年も文楽人形劇 

先日、見たこともないアドレスからメールが入りました。最近、わけのわからないのがありますから、さわらない方がいいかな、と思案しました。
しかも、アカウント名が女性名で、やたらかわいい(笑)。さらに、件名がなくてこれはますます危ないと思ったのですが、案外学生かも知れませんから、とりあえず開封しました。

なんと、奈良の幼稚園の

    園長先生

からでした。たしかに、園長先生のお名前はかわいく、しかもご丁寧にchan付け(○○ちゃん、の意味)されているので疑ってしまったわけです。園長先生、失礼致しました。
この方からメールがあるということは、いずれにせよ文楽人形劇がらみ。「新年度もやりましょう」か「新年度はできません」かのいずれかです。
おそるおそる拝見すると、

    やりましょう

でした。
今年は6月末か7月はじめに、と言われました。幼稚園の行事で言うと、七夕の少し前ですね。
また地元のボランティアの方に集まっていただいて稽古して、いくらか小道具も作っていただいて、本番に臨みたいと思っています。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

先日から江戸時代の風俗をこのブログに書いてきましたが、あの中からネタを拾って、江戸時代の子供と暮らしについて少し話してみようかな、と思っています。例えば、三味線を見せたり、都鳥などを作って見せたり、

    小判

一枚で今の生活用品なら何が買えるかなどのクイズをしたり。三味線は、調弦できたら弾くんだけどなぁ。
文楽人形劇とからめながらそんなことも取り入れたらどうだろうか、と考えています。
で、劇なのですが、未定です。使い回しなら(笑)一昨年上演した

  いけにもぐった
    ごんべえさん

が使えるのですが、新作も諦めていません。これまではごんべえさんの一人芝居でしたが、娘人形も使えないかな、と考えています。お父さんと娘の話なんてどうだろうか、と…。
決まりましたらまたここに書きます。
5月になったら稽古に入ると思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3086-dab1d509