fc2ブログ

名所江戸百景~江戸の東 

江戸の東、エデンの東じゃありませんよ。
広重は『江戸名所百景』といいながらずいぶん離れたところまで描いています。水戸街道の中川を越えるところ、第九十三景「にい宿の渡し」。

名所江戸百景093
↑にい宿の渡し

国道6号線は言問橋を向島側に渡って北東方向に進みます。水戸街道です。荒川の四ツ木橋を渡って亀有の環七通りを越えると中川大橋。この対岸が新宿(にいじゅく)になります。残念ながら私は行ったことがありません。この絵は亀有のほうから新宿を見たものと思われ、中川の渡し(新宿の渡し)が右手前です。対岸を東に行くと柴又帝釈天や江戸粟を越える矢切の渡し。映画でしか見覚えがありません。その江戸川を下ると真間という地名があります。第九十四景は「真間の紅葉手古那の社継はし」。

名所江戸百景094
↑真間の紅葉手古那の社継はし

万葉歌人の高橋虫麻呂が「葛飾の真間の井見れば立ちならし水汲ましけむ手古那し思ほゆ」と詠んだ真間の手古那(手児奈などの表記もある)の伝承のあるところです。あまりの美しさであまたの男に言い寄られ、苦しんだ手古那が自殺してしまった話です。美しすぎるのも困ったものです。市川市真間4丁目には「手児奈霊神堂」があります。その北にあるのが真間山弘法寺。境内の楓がここにいう「真間の紅葉」です。絵では目の前に描いています。見下ろす炉鳥居があり、ここが手古那の社。手古那が身を投じたという入江に架かる継橋が中央やや下にあります。継橋は万葉集にも「足の音せず行かむ駒もが葛飾の真間の継端やまず通はむ」と詠まれています。楓の葉の間に雁が飛んでいるのが見えます。

第九十五景「鴻の台とね川風景」。

名所江戸百景095
↑鴻の台とね川風景

利根川は東のほうへ流れて行き、江戸川はその分流になりますが、以前は江戸川まで利根川といわれたようで、この絵の「とね川」は江戸川のことです。ここに国府(下総国)があったので国府台。しかし江戸時代には「鴻の台」の字も用いられたようです。台地ですから高くて見晴らしがよいのです。帆掛け舟が何艘も下流に向かっています。高台にはそうに案内される二人の人物でしょうか。西に展望が開けていますので、丹沢山塊と富士山が描かれています。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

第七十一景は「利根川ばらばらまつ」。

名所江戸百景071
↑利根川ばらばらまつ

中川にも「ばらばら松」がありましたが、利根川(江戸川)にもあったようです。ただ、場所がよくわからず、江戸川の河口近くだろうといわれているようです。この絵はなんといっても右から飛び出している投網。ここだけを見ると漁師の動きを切り取った写真のようにさえ感じます。網目まで実に細かく描かれています。鷺が上空でやはり獲物を狙っていて、右から左へと網と鷺が漁をしている描き方です。ばらばら松は奥のほう。たしかにばらばら松ですね。

江戸川河口近くに猫実村、堀江村がありました。弟九十六景「堀江ねこさね」。

名所江戸百景096
↑堀江ねこざね

今の浦安市に境川をはさんで猫実、堀江の地名が残ります。猫実(ねこざね)は洪水を防ぐために堤防を築いて松の木を植えたところその松の根を水が越えることはなかったというので「根こさぬ」→「ねこざね」となったとも。この絵は西向きで、境川を隔てて二つの村が描かれています。はるかかなたには丹沢山塊と富士山。

江戸の東側の風景としては、このほかに第七十景「中川口」(中川と小名木川、新川が交差するところ。手前が東で小名木川を出入りする船が見える)、第六十七景「逆井のわたし」(中川を東から見たところ。鷺が舞い降りて、渡し舟が中景として描かれる)もあります。

名所江戸百景070
↑中川口

名所江戸百景067
↑逆井のわたし

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3105-2b03e3a9