2014年度の授業 

今年もわずかな収入を得るために授業をします。というか、させてもらいます。させないといわれたら一巻の終わりですから、まじめにしないとだめなのです。しかし、実際は全然まじめではありません。あくまでまじめを装っています(笑)。
どのように不真面目かというと、

    予習

をしていないのです。
この春、私にしてはそこそこ勉強をまじめにしました。蝋燭の最後の一閃などという評価には耳を傾けず(笑)、一日12時間以上勉強する日が続き、体調はあまりよくないながらも充実はしていました。
ずっと気になっている絵巻物を中心に、平安時代の歴史や文学。あくまで勉強はこの時代が中心です。
それ以外は、実は

    勉強というか趣味というか、

その境目が微妙なものばかりで、そういう場合は勉強に含める(笑)ことで自己満足することにしています。
例えば、このブログにも書きましたが、江戸時代の文化についてこの際もう少し知っておこうという気持ちになり、そこそこ調べたりしていました。
特に子供の遊びや庶民の日常、また、江戸の町についてもいろいろ調べていました。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

本所七不思議という伝承を調べつつ関連書籍を読むとか、北斎や広重の描いた絵を通して江戸の街を俯瞰するとか。
切絵図もずいぶん見ましたが、地下鉄で行き来することの多い上に、月も星も目立たない(だからその位置を意識しにくい)東京ですので、今自分がどちらを向いているのか、あまりわかっていなかったことに気づきました。やはり何年も住まないと街の形というのは分かりにくいですね。
他にも、これはもう9割以上趣味ですが、西洋美術、特にキリスト教の宗教画を勉強しました。ただ単に絵をながめるのではなく、むしろ専門書を読んだりするように心がけました。
今は夏に奈良市の幼稚園で実施する予定の

    文楽人形劇

の台本作りもしています。以前なら学生と話せましたからいろいろヒントが得られたのですが、今はそうはいかないので、意識的に話作りに集中する時間を設けています。その際は人形を持って、実際の動きができるかどうかを考えながら進めています。
とまあ、こういうことをしてきましたので、授業の予習をする時間がまるで無かったのです。いや、あったのでしょうが、その時間も趣味や勉強に回していたのです。
しかし時間は経ちます。実は

    昨日から

もう授業が始まっていたのです。たまたま午後だけでしたので、朝30分ほどの予習でごまかしておきました。
以前は大体4月10日頃から始まりましたので、3日ばかり早くなっている感じです。なにしろ月曜日は授業回数を確保するのが大変です。4月28日という連休の谷間にも授業はあり、7月の「海の日」はほとんど毎年授業。またぼやきますが、どう考えてもおかしいです。
さて、こんなことを書いている暇があったら、次週の予習でもしたほうがいいのでそろそろやめます。そうです、このブログにも時間をけっこう割いていたのでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3114-f42586a3