奈良の幼稚園へ 

一昨日(5日)、奈良市にある幼稚園に行ってきました。
4回目となる文楽人形劇の上演に向けて稽古を始めることになったからです。
昨日は顔あわせ、本読み、小道具制作の依頼、そしていくらかの稽古と続きました。
顔合わせといいましても、人形を遣ってくださる方はもう毎年同じ顔ぶれ(ちょっと新顔の人が加わる)ですので、「やぁ、ご無沙汰しています」という感じです。
むしろ変わるのはお母さんたち。二年保育の幼稚園ですので、前年中心になってくださった方(たいていは年長組の子供の母親)は今年はいらっしゃらない、という感じになります。

    本読み

というのは、とにかく一度ぶっ通しで台本全体を読んでしまうことです。これで話の流れをつかんでもらいます。もちろんあらかじめ台本はお送りしてありますので、各自で読んでください、でもいいのですが、内容を誤解したまま稽古に入るということもありえますので、退屈なのですがお付き合いいただいています。すぐに稽古に入りますから、ただ読むだけでなく、ここはこういうイメージです、ということもついでにお話ししています。

    小道具制作

は得意な方がいらっしゃいますので、こんな感じのものを作ってください、とお願いすれば、ものの見事に期待に応えてくださるのです。今年もできばえを楽しみにしています。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

稽古はもう皆さんある程度要領がわかっていますので、演技も各自で工夫してくださいます。私は気になるところを言うだけで気楽なものです。
昨年は体調が最悪で、ほとんど動けない状態でしたので失礼ばかりしたのですが、今年は昨年に比べればましですので、多少は動いてお話もさせていただきました。
足を吊ってみたのですが、問題が二つ。

    重いこと

と動かし方がわからないこと。足は意外に難しいのです。
娘人形のほうはまた

    「縫い物をする」

動作をお願いしようと思います。
最初は何がなんだかわからない状態ですが、慣れれば何とかうまくいくものです。この動きは、案外見に来てくださるお母さんたちのほうが喜んでくださいます。
そのほか、司会の方、音響の方、パソコン操作の方、後見のかたなど役割を分担してお願いします。
私は本当に役に立ちません(笑)。
また、追々、経過報告いたします。

小道具 月
↑小道具の月(制作中。雲もかかっています)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3163-e4566907