fc2ブログ

詐欺とは言いませんが 

先日、奈良と大阪を結ぶ道で目の前の車が(おそらく)スピード違反で覆面パトカーに摘発されているのに出くわしたことを書きました。翌週、同じ道で今度は白バイがスピード違反の取り締まりで軽自動車をつかまえていました。
たしかにスピードの出しすぎは危ないですし、

    無謀な運転

をする人は迷惑でもありますので取り締まってほしいと思うことはあります。
でも、この道を一度走ってみてください。制限速度は50km/hです(場所によっては40km/h)が、70km/hくらい出してくださいといわんばかりの広々とした道なのです(場所によってはカーブがあり、一概には言えませんが)。そして昼間は交通量は少なく(他の時間帯は知りません)、なんら危険を感じません。
むしろきっちり制限速度を守っていたらびゅんびゅん追い抜かれそうでかえって怖そうな道です。
もちろん警察も60km/hや70km/hでは取り締まっていないかもしれません。ただ、長い下り坂があり、ここはどアクセルを離してブレーキに足をかけている状態でも自然に80km/hくらい出る瞬間もありますので、そんなときに

    違反です

と言われたら、「悪いことをした」というよりは「ついてなかった」としか思わないのではないか、と感じてしまいます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

警察を詐欺だとは言いませんが、こんな道を作っておいて、早く走るなと言うほうが無理でしょ、という気持ちになってしまうのです。
うちの近所にも

    右折禁止

の場所があって、そこを右折した車を時々捕まえているのを見ます。しかし、ここはペイントでは右折禁止の指示はなく、標識のみなのです。その標識と言うのがまたひどくて、立ち木の枝に隠れるようになっているため、うっかりすると見落とすのです。それでも容赦なく罰金を取って減点もしています。
私の知っている人がそれにひっかかったのだそうで、ずいぶん不満を言っていました。ここは右折すると細い道から出てくる車とぶつかりそうになる可能性があるので、地元の人間にとっては危ないことはわかるのですが、はじめて来た人にとっては「なぜ右折がダメなの?」といいたくなるだろうと思います。
法律嫌いの私が言っても

    説得力はない

でしょうが、法律をたてにとってお金(罰金)稼ぎしてるみたいです。
最近、ブームなのか、弁護士さんがずいぶんもてはやされているようで、さらには弁護士から政治家になる人もずいぶん多いように見受けられます。もちろんそういう人がいてもいいのですが、法律しか知らない政治家というのもまた困りものです。
法律は万能ではありませんし、解釈しだいでへんなこじつけも可能になってくることがあります。
権力を縛るためにある憲法を権力側が勝手に解釈変更しようとか、何だか奇妙なことも起こっている世の中です。
もっとも私のような法律知らずが政治家になるよりはそういうかたのほうがまだましなのでしょうけれども。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3189-920d7b5f