独占状態 

大学に行くと、誰もいません。と言うのは少々おおげさで、事務職員さんはちょこちょこ見かけますし、教員もまれに出会うことがあります。しかし私のいるフロアはほとんど誰もいませんので、とても楽です。何が楽と言って、コピーやプリントはいくらでもできます。
シュレッダーもいつも空いています。
誰もいないから気晴らしに廊下をうろついても怪しまれません(笑)。
ほとんど

    独占状態

です。エアコンはつけっぱなしで快適。家ではこうはいかないのです。
図書館も誰もいませんからこれまた快適です。
私はこのところ図書館でかなり妖しげなことをしています(笑)。
普通は本を見てメモを取ったりするのですが、メモではなく、絵を描いたりしています。それも子どもが描くような稚拙な絵をささっと描いているわけです。じっくり描く暇はありませんし、そんな必要もありません。わかればいいのですから。字もそれでなくてもひどいのに、もうぐちゃぐちゃ。
ちょっとご披露してみます(笑)。

落書きのようなメモ
↑ほとんど落書きのようなメモ

こういうことをしているときはやはり周りに人がいないほうが気が楽です(笑)。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

それではさぞかし勉強ははかどるだろうな、といわれると、それはもうほとんどいやみにしか聞こえません。
なかなか進まないのはやはりもともと頭が悪いのですかね。
物事を整理するのが下手なので、頭の中で考えがなかなかまとまりません。

このところ、絵画資料による

    平安時代の人々の生活

の様子をうかがうなどが面白くてしかたがありません。なにしろわからないことだらけですから、「これは何だろう?」の繰り返しです。貴族もなのですが、一般庶民がどんな姿でどんなことをして生きていたかがこういう資料にははっきり見えますので面白いのです。
幸い先人に立派な研究を残してくださる方がいらっしゃいますので助かります。
先ほどの絵は『絵巻物による 日本常民生活絵引』という本の一部を描き写したものなのです。
この夏休み、ずいぶん絵を観ました。
これを何とかまとめて、しかも

    秋以降の勉強

につなげていかねばなりません。残された時間は、そうは長くありません。
夏はもうすぐ終わり、誰もいないところでもうしばらくがんばります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3242-0ac3968b