ひらめく 

電車散策お花摘み。
私がものを考えて何かがひらめくのはこういうときが多いような気がします。あとは寝る前かな。
ただし、ひらめいたことのうち90%は結局はたいしたことではなかったり間違っていたりで役には立たないのです。
それでも10%役に立つならたいしたものだと思います。
電車に乗っていると降りる駅さえ意識していればあとは

    ぼや~っと

ものを考えていても目的地に着きます。ですから、メモを持ちながら考え事をしていることが多いのです。本を読んでいることもありますが、考えていることのほう多いですね。最近は電車の中ですることといったらケイタイをさわることが当たり前になっていて、電車に乗ってあたりを見回すと8割がたケイタイ、スマホを操作しているように感じることもあります。
新聞を広げて読んでいた人たちはどこへいったのでしょうか。
私はその中でひとりぼんやりしているので、他人から見たらちょっとおかしいかもしれません(笑)。

歩くのもいいです。それも

    長距離

が望ましいですね。先日山本能楽堂に行ったときは実は地下鉄は使わずに歩きました。片道約40分、ぶらぶら歩くのです。東梅田から天神橋を目指して行きます。西天満とか菅原町などという地名は何だか嬉しくなります。
土曜でしたので人も車も少なく、これが大都会大阪なのかというくらい閑散としていました。車に気をつけさえすれば、この40分は大きいです。たいてい何か思いつきます。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

お花摘みは、まあ、なんというか、用足しの時間ですね。
この時間もアイデアがひらめくことが多いです。ただ、困るのはメモすることが難しいので、その場を出たら速やかに思いついたことを書かねば忘れてしまいます。
ベッドサイドに常にメモ用紙を置いておいて、

    夢の中で

でも思いついたことを目覚めると同時にさっとメモするというかたもあります。

車を運転していると、どうしてもそれに集中せざるを得ないので、あまりものを考えることはできません。時間は余分にかかっても、車より電車、徒歩がよいと思うゆえんです。
体調が悪くてつい車に頼ってしまうとこういうところでもマイナスがあります。
電車といえば、時々私はわざと遠回りの路線を使ったり、特急に乗れば早く着くところをあえて普通電車に乗ったりします。
あの電車揺れや停車してドアが開くのも刺激があってよいように思います。

    リニア新幹線

も実現は遠からぬところまで来ているようで、早く目的地に着くことがよいとされる時代です。しかし私はやはりゆっくりした電車がいいです。
北陸新幹線も北陸の発展のためにはいいのかもしれませんが、近松の里、鯖江などに行くときはゆっくり景色を見ながらのほうが楽しみは増すと思えてなりません。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3256-661902d2