13日、てんやわんや 

・・・というタイトルをつけましたが、別に昨日昔の漫才を見に行ったという話ではありません

台風の当たり年のようです。
先週の月曜日、私の住まいの当たりは朝起きたら警報が出ていました。
仕事はないのかなと思いながら出勤したらいつの間にか解除されて、午後は授業あります、とのこと。
私もがっかりですが、学生はもっとがっかりだったでしょう。
専門の授業ならまだしも私の授業なんて

    単位が必要だから

来ているだけなんだ、という学生も多いでしょうから。
特に午後最初の時間は欠席も多いのではないかと思ったのですが、いまどきの学生さんはまじめです。2、3人いませんでしたが、あとはきちんと来ていました。
4時間目にいたっては欠席はわずか一人。
気の毒でしたが、きっちり授業させてもらいました。
仮に休講になってもどうせ補講というのがあるのです。まあ、補講になるとたいしたことはできません。どうしても学生は予定外の時間に授業(補講)が入ると出席できないと言うものが多く、特に私の場合は土曜日にするほかはないので学生にとっては

    迷惑極まりない

のです。一度学生に聞いてみたことがあるのです。「土曜日に補講せざるを得ないのですが、来ますか?」と。すると無理です、という答えがたくさん出てきました。やっぱりね。専門の授業ならしぶしぶ出てくるかもしれませんが、バイトもあるでしょうし・・・。
文部科学省が余計なことを決めるからほんとうに面倒です。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

そして今回は台風19号。この秋最大の台風ということで、接近に伴って各地で警報が出ていました。
昨日(13日)は朝起きるとまず警報の有無を確かめました(本来昨日は体育の日だったのですが、これも文部科学省のお達しがあるため授業せざるを得ないのです)。
私の住まいのある兵庫県南東部は暴風警報が出ていました。お! これなら18km離れただけの仕事場も警報だな、と思って調べたら

    強風注意報

でした。
外に出てみると風は少々、雨もほんの小雨。とにかく行こうというわけで出勤しました。やはりまだ降っていません。
私は午後の授業なので、しばらく様子を見ようと思っていたら、午前9時過ぎ、

    本日午後は休講

という連絡がありました。
どうしろっていうの? 図書館も午後は休館だそうで踏んだり蹴ったり。泣き面に蜂。
しかし、のんきなことを言っている場合ではありません。
今これを書いているのはまさに13日の午前9時過ぎなのです。今から台風が来るので要注意。しかたがないのでしばらく部屋で雑用をこなしてあまり遅くならないうちに帰ることにしたのであります。

皆さんのお住まいのほうはいかがでしょうか。お見舞い申し上げます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3297-028df7bb