2014年11月公演千秋楽 

文楽十一月公演が本日千秋楽を迎えます。
みなさん、お疲れ様でした。
これで今年も大阪での本公演は最後。私はもう新年まで文楽とは縁がないのかもしれません。寂しくなります。
次は12月東京公演。この公演では「大文字屋」が出るのですね。
鑑賞教室は「尼崎」。
そして博多座などがあって新年ということになります。清治さん以下の三味線で勘十郎さんと玉女さんの三番叟があるようで、案外これが一番見もの、聴きものだったりして。あとは「合那」と「千本桜の三段目」。

そして新年ですが、演目は
第1部が「花競四季寿」と、「彦山権現誓助剣」から「杉坂墓所」と「毛谷村」、そして「道行初音旅」。
第2部は「日吉丸稚桜」から「駒木山城中」と、「冥途の飛脚」から「淡路町」「封印切」「道行相合かご」。

新年は未年。また大阪でお会いしましょう。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3302-df1710bf