粉もん 

最初「コナモン」という言葉を聞いた時は「ポケモン」とどう違うのかわかりませんでした。
・・というのはちょっとしたクスグリですが、大阪では「粉物」を「こなもん」といいます。といいながら、私は関西にいてもこういう言葉はまず使わず、初めてこの言葉を聞いた時はさほど昔のことではないのです。神戸の人もいうのかな?
お好み焼きやたこ焼きは粉で作るから「粉もん」。なるほど、と感心しました。
この言葉は聞いたことはなくても、子どもの頃からお好み焼きもたこ焼きも大好きでした。
一人暮らしをしているとき、

    キャベツ

が余ったらお好み焼きでした。一人前を作るのも簡単ですし、キャベツの他にちょっとした蛋白類、エビとかイカとかブタとか卵とかを入れるとなかなか栄養のバランスも良さそうです。マヨネーズなどかけませんからカロリーもそこそこで、ビールにも合うというわけで、一人でよく作って食べたものです。
たこ焼きは一人だと難しいです。そもそも私はたこ焼きの鉄板を持っていませんでしたからあの頃はたこ焼きに飢えていました。
広島にいたときはお好み焼きはいくらでも店があるのですが、たこ焼きは少なめです。ひょっとしたら広島時代はたこ焼きを一度も食べなかったかも。やはり飢えていたのです。関西に戻ってすぐに買ったのが、たこ焼きの鉄板、いや、あれは

    「たこ焼き器」

と言うのですね。
今でももちろん大好物。年に5回くらいでしょうけれどもたこ焼きは夕飯として食べています。

にほんブログ村 演劇ブログへ
 ↑応援よろしく!

kgaeonrjuiをフォローしましょう

とんと飛行機に乗っていません。
私は兄が飛行機乗りでしたので、以前は半額券などをもらったこともあり、ちょくちょく乗っていましたが、旅行そのものに縁が無い生活ですので今は空を見上げるばかりです。
最近は

    格安航空会社(LCC)

というのがあって、窮屈でも安い方がいい人にはうってつけなのだとか。私は窮屈なのはちょっと困るのですが、格安はいいですね。
先日の新聞に、ピーチ・アビエーションが機内食に「こなもん」を取り入れているという記事がありました。たこ焼き、お好み焼き、そして明石焼(たまご焼き)まで。
まさか機内でCAさんがたこ焼き器で作るわけにはいかないでしょうし、だしやソースがこぼれないか、匂いがこもらないかと思うのですが、そのへんは研究を重ねて克服したそうです。匂いについては適度に他のお客さんの

    食欲をそそる

のだとか。
最初はお好み焼き、その評判が良かったのでたこ焼き、さらにこの3月からは明石焼が加わったそうです。
明石焼5個700円、たこ焼き7個700円、黒豚モダン焼き800円。ま、ちょっと高いですけど。
「ポケモン」という言葉は世界の子どもたちに知られているようですが、「名探偵コナン」いや「コナモン」は空を駆け巡るビジネスマンたちに広がるでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tohjurou.blog55.fc2.com/tb.php/3453-485bb14f